FC2ブログ

記事一覧

有頂天家族2  ――――― 阿呆の道よりほかに、我を生かす道なし。

visual_0pc.jpg
有頂天家族2
原作 森見登美彦
監督  吉原正行
シリーズ構成 檜垣亮(第2期)
キャラクター原案  久米田康治
キャラクターデザイン・総作画監督 川面恒介
プロップデザイン  藤井康雄
美術監督 竹田悠介、岡本春美
色彩設計 井上佳津枝
3D監督 小川耕平
撮影監督 並木智
編集  高橋歩
音響監督 明田川仁
音楽  藤澤慶昌
音楽プロデューサー 斎藤滋
プロデューサー 辻充仁、今川寛隆、江波戸憲司
ラインプロデューサー 相馬紹二
アニメーション制作 P.A.WORKS
「有頂天家族2」製作委員会
公式サイト:http://uchoten2-anime.com/











【注目キャラクター】



「ここはお兄ちゃんが頑張るところなんだからね。

 しっかり目を開けて、毛をシャンとしておきなさい。
 
 そうして波風立ててね、うんと立ててね。」



f021ae7a.jpg

狸谷の祖母
下鴨家の母の実母で、矢三郎たちの祖母。狸の姿ではなく純白の毛玉になっている。盲目だが、少女のように無邪気な話し方をする。


 









【レビュー】










    「―――― 昔、老狸はこう言った。

     狸の喧嘩に天狗が出る。 これは駄目じゃ。

     天狗の喧嘩に狸が出る。 これも駄目じゃ。

     私はその言葉が……気に入らなかった――――― 。」






tope.png















      


京都・下鴨神社、糺ノ森に暮らす下鴨家。狸界の頭領であった今は亡き父・総一郎の血を継ぐ四兄弟たちは母を囲んでそれなりに楽しく暮らしていた。

そんな折、赤玉先生の息子であり、壮絶なる親子喧嘩の末、敗北し姿を消した“二代目"が英国紳士となって百年ぶりに帰朝を果たす。

天狗界、そして狸界を揺るがす大ニュースは瞬く間に洛中洛外へと広がった。

京の町を舞台に人と狸と天狗の思惑が渦巻く毛玉絵巻第二集、ついに開幕!
(作品紹介より)

















森見登美彦原作小説のテレビアニメ作品の第2シリーズである。


主人公の下鴨弥三郎は狸であるが、前期と比べて ”天狗の物語” としての性格が強まってきているように感じた。


まず、今期のキー・キャラクターである ”二代目” の存在である。





detail_nidaime.png






赤玉先生の後継者として育てられながら、100年前の”親子喧嘩”に敗れ、日本から姿を消した彼が帰ってきたところから物語は動き始める。


しかし、赤玉先生は既に ”弁天” を自分の新たな後継者としていた。


二代目に赤玉先生の跡を継ぐという想いはないが、そこは”天地の間に我に並び立つ者なし”の天狗様同士。


クライマックスの壮絶な決闘シーンまで、二代目と弁天の対立関係は、物語の中心として続いていくこととなる。





62437287.png















また、前期では”落ちぶれた大天狗”としての姿が印象的だった赤玉先生であったが、今期では、二代目や弁天に対し、威厳のある言葉を掛け、往年の ”如意ケ嶽薬師坊” としての威厳を取り戻しつつある。





o0720040512813817459.png





前期では、京都狸界の頭領【偽右衛門】の地位を巡る争いと、そこに絡んでくる人間達を思惑を中心に描かれていた。


そこでは、天狗はあくまで強大な力を持つ気まぐれな”トリック・スター”であり、物語を主体的に動かす登場人物ではなかったように思う。


しかし、今期では、明確に「天狗同士の争いに翻弄される狸達」にどんどん移行させることで、物語のスケールが大きくなり、第2シリーズでありながら、新鮮なワクワクした気持ちで最後まで視聴できたのだ。


そして、狸であれながら天狗達との関わりが深く、”阿呆”なことが大好きな主人公・弥三郎の存在が逆に輝いて浮かぶ上がってくるのだ。















原作『有頂天家族 二代目の帰朝』のあとがきでは、第3部『天狗大戦』 の発表が予告されている。


今期でも存分に天狗達の戦いが描かれていたが、これはまだ序章に過ぎないのかもしれない。


まだ、原作第3部の発売時期等は未定であるので、実際にアニメ化されるというのは、5年、10年単位で待たないといけないかもしれない。


しかし、今作にはそれだけの価値があると思うし、待っただけあるものが完成する確信を持つことができる。


”京都を舞台にした人間・狸・天狗の物語”


なんという小気味いい、いかにも日本らしい作品ではないか。


絶対に後世に残すべき希代の名作であると勝手に思っている。











































【関連記事】

・有頂天家族   「面白きことは良きことなり!!」 [2013/10/24]




















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター

買い物リスト


2019/7/12


2020/4/30

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
サブカル
148位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
41位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード