とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  映画 >  メットガラ  ――― ドレスをまとった美術館

メットガラ  ――― ドレスをまとった美術館

topt.jpg

メットガラ  ――― ドレスをまとった美術館
原題: The First Monday in May
監督:アンドリュー・ロッシ
キャスト: アナ・ウィンター、アンドリュー・ボルトン、ジョン・ガリアーノ、カール・ラガーフェルド、ジャン=ポール・ゴルチエ他
制作:ファビオラ・ベラカサ・ベックマン、シルバナ・ウォード・ダーレット、ドーン・オストロフ、スコット・ブライト
制作年:2016年
制作国:アメリカ
配給:アルバトロス・フィルム
 














【レビュー】










   「 ―――――― ようこそ 華麗なる ”美の祭典” へ。」





555















      


“プラダを着た悪魔”ことアナ・ウィンターが仕掛ける
《ファッション界のアカデミー賞》に初潜入!
2015年5月2日、NYメトロポリタン美術館(MET)。アート・ファンとファッショニスタが注目する伝説のイベント《メットガラ》が華やかに幕を開けた。大階段にはレッドカーペットが敷き詰められ、ポップスターのリアーナやレディ・ガガ、アカデミー賞の常連、ジョージ・クルーニーやアン・ハサウェイ、フランスを代表するデザイナーのジャン=ポール・ゴルチエなど、世界中から招待されたセレブがフラッシュの光を浴びてそぞろ歩く舞台に早変わり。豪華セレブリティと一流メゾンの鮮やかなオートクチュールが競い合う狂乱の一夜を主催したのは“プラダを着た悪魔”こと、アナ・ウィンター。一人あたり25,000ドル(約285万円)と高額な席料にもかかわらず600席が瞬時に満席になるのは、彼女の人脈と情熱の賜物だ。(この収益金はメトロポリタン美術館服飾部門の1年間の活動資金に充てられる)

世界最高峰の美術館の粋を集めた豪華絢爛なコレクションに
ため息がこぼれる至福の91分間!
本展覧会「鏡の中の中国(China:Through The looking Glass)」の準備に奔走するのは、MET服飾部門を指揮する革新的キュレーターのアンドリュー・ボルトン。ジャン=ポール・ゴルチエ、カール・ラガーフェルド、ジョン・ガリアーノ、トム・フォード、グオ・ペイといった米仏中の錚々たる著名デザイナーも協力。イヴ・サンローラン財団はパリのアトリエに保管されたコレクションから名作を貸し出し、ボルトンの野心的な企画を後押しする。40人以上のデザイナーによる150点以上の服飾を展示した本展覧会は、4ヶ月の展示期間を延長し同部門史上最多の80万人以上の来場者を記録する大成功を収めた。なお、2017年の展覧会は「川久保玲/コムデギャルソン展」に決定している。世界最高峰の美術館で開催される展覧会の制作過程と、世紀の一夜のために奮闘する8か月に密着した情熱のドキュメンタリー映画が、いよいよ日本上陸!

公式サイト:http://metgala-movie.com/

(作品紹介より)

















知られざる 【メットガラ】 の裏側を追ったドキュメンタリー映画である。


”メット” とは、アメリカ・ニューヨークにある 【メトロポリタン美術館】 の通称であり、”ガラ” とは 【お祭り】 という意味だ。


直訳すれば、”メトロポリタン美術館のお祭り”


毎年、5月の第1月曜日に開催され、その年の展覧会の幕開けを祝う一夜限りのパーティーだ。


出席者は約600人、驚愕するのはその席料が25,000ドル(285万円)だということ。


このパーティーの収益が、メトロポリタン美術館の服飾部門1年間の運営費に充てられるということにも納得する。


本作では、2015年のメットガラ開催までの日々を美しいファッションとともに収められた貴重な映像となっている。





35116871_89135.jpg
42.jpg
1431329548_1.jpg
28.jpeg











本作に登場する主な人物を2人紹介したい。


1人目は、アナ・ウィンター





Anna-Wintour_120221.jpg





ファッション誌の 『ヴォーグ』 のアメリカ版編集長に38歳の若さで就任し、以来30年以上業界のトップを走り続けている、ファッション界の ”女帝” である。


彼女がメットガラの主催者であり、出席者となるセレブ達を集め、全てを取り仕切る中心人物だ。


メットガラが今の社会的地位を築けたのも、長年の彼女の貢献があったからだ。


なぜそこまでメットガラに力を尽くすのかと聞かれ、彼女はこう答えた。




”カルチャー(文化)” のためよ。」




この言葉に彼女の矜持と、ファッション界を自分が背負っているという気概を感じることができた。










もう1人は、メトロポリタン美術館のキュレーター(学芸員)、アンドリュー・ボルトン だ。





mJHRC9.jpg





彼はイギリス出身であるが、学生時代から 「メットのキュレーターになりたい」 という夢を持ち、見事に叶えたファッションへの情熱溢れる人物だ。


メットの服飾部門は世界一の所蔵品数を誇っているが、美術界におけるファッションの地位は軽視されている傾向があるため、作業場や展示室が地下に設置されている、いわば”日陰者”に甘んじている。


しかし、彼が2011年に企画した展覧会 『アレキサンダー・マックイーン/野生の美』 の成功により、”美術としてのファッション” は世界的に評価が高まりつつある。


彼が本作品中で手掛ける展覧会のテーマは、【鏡の中の中国(China:Through The looking Glass)】


中国文化が世界のファッションに与えた衝撃の歴史を様々な展示室ごとにコンセプトを分け、通常の展覧会の3倍の規模で開催する。





C9G5O0PVwAAN0-m.jpg
2017-04-12-1491967090-3554449-th_Metgala_sub10.jpg
20170414-getty_527483990.jpg





ファッション界の重鎮達から歴史的な作品を集め、中国政府とも交渉し人民服を入手したり、彼の努力なくして今回の展覧会の実現はなかったことであろう。










私達が普段テレビで見ているゴージャスで優雅なファッション業界。


しかし、その光景を実現するために、多くの人々が汗を流している。


まるで、湖を優雅に泳ぐ白鳥が水面下で必死に水を搔いている様子を見ているようだ。


彼らのプロフェッショナルとしての仕事ぶりを見ていると、自らの仕事に対する姿勢を反省するとともに、もっと誇りと情熱をもって仕事をしてみたい!と心から思える。


”働き方改革” と叫ばれている昨今の日本社会にとって、本作は、「自分にとって仕事とは何なのか」 を問いかける重要な作品なのだ。










ちなみに、”テニス大好きおじさん” こと、ロジャー・フェデラー が2017年のメットガラに参加していた。





C-.jpg





アナ・ウィンターがフェデラーの大ファンであり、公私ともに親密な関係だということによるものだ。


当日は、背中にコブラが刺繍された個性的なタキシード姿で登場。





C-g large





相変わらず、タキシード姿が似合うテニス選手だなー。





































よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2017/05/28 19:02 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
29位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード