とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  ライトノベル >  真・天地無用!魎皇鬼外伝 天地無用!GXP 1

真・天地無用!魎皇鬼外伝 天地無用!GXP 1

NOVEL31A.jpg
真・天地無用!魎皇鬼外伝 天地無用!GXP 1(富士見ファンタジア文庫)
著者:梶島 正樹、白根秀樹
イラスト:梶島 正樹
販売元:富士見書房
発売日:2003-4-20


★項目評価★
ストーリー
★★★★★☆☆☆☆☆ 5点
 
キャラクター
★★★★★★☆☆☆☆ 6点

総合
★★★★★☆☆☆☆☆ 5.5点


★注目キャラクター★

「いいえ、試されているのは私。
 ・・・・でもね、面白くなる予感はあるの」


神木瀬戸樹雷
 樹雷の裏の最高権力者。
 彼女の私的情報部は樹雷皇直轄の情報部を凌ぐ、神木家の艦隊司令であり、
 現樹雷皇の武術の師でもあるというとんでもない人物。「樹雷の鬼姫」と呼ばれ
 恐れられており、神我人ですら瀬戸だけは避けていた。皇位継承権を自ら放
 棄した際は、先代樹雷皇に非常に残念がられた。
 阿重霞砂沙美の祖母。


★レビュー★

「キミ、GPに入らない?」


TVアニメ「天地無用!GXP」のノベライズ版、第1巻。

今巻はあとがきから読み始め(最近多い)、そこで梶島さんが、


「アニメの補完という意味で書くのだから、
 ざっと追うだけでは意味がない」



というお言葉をおっしゃられていたので、ずいぶん期待してしまった。

TVシリーズは全て観ているが、それとは違った”GXP”が読めるのではないかと・・・・・。



でも、ちょっと期待はずれであった。

TVシリーズをそのまま字に起こしたといった感じ。

まぁ、実際1巻目という物語の”導入”部分なので、そこからあまり裏設定などは入れる余地はなかったのだろう。

これにメゲず、2巻以降も期待してみたいと読んでみようと思う。



僕はライトノベル(だけに留まらず、マンガ、アニメでも言えることだが)には、大きく分けて2種類の傾向があると考えている。

 ①序盤(1巻)が最高に面白く、それ以降に尻すぼみになっていく
 ②序盤(1巻)はあまり面白くないが、それ以降しり上がりになっていく

この作品は、後者であることを願っている。

梶島作品でハズレというのは、ほとんどないから心配ないと思うが・・・・。

スポンサーサイト
[ 2010/02/15 22:30 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
28位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード