とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  アニメ >  ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜  

ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜  

bg_main_a.jpg
ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜 
監督:神山健治
脚本:神山健治
原作:神山健治
製作:岩佐直樹,櫻井圭記
製作総指揮:門屋大輔,高橋望,森下勝司
出演者:高畑充希,満島真之介,古田新太,釘宮理恵,高木渉,前野朋哉,清水理沙,高橋英樹,江口洋介
音楽:下村陽子
撮影:田中宏侍
制作会社:シグナル・エムディ
製作会社:「ひるね姫」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/hirunehime/











【注目キャラクター】



 「なんでこんなに一日中眠てぇじゃろぉ。」


hirunehime_1108-760x429.jpg

森川 ココネ
岡山で父親と2人暮らしの女子高生。昼寝をしては不思議な夢を見ている。勉強は苦手だけど,父親思いの活発な女の子。


 









【レビュー】










  「心羽(こころね)ひとつで、 人は空も飛べるはず ―――――」







gallery07.jpg














      


「攻殻機動隊S.A.C.」「東のエデン」の神山健治監督によるオリジナルの長編劇場アニメーション。

東京でオリンピックが開催される2020年、岡山県を舞台に、居眠りばかりしている女子高生・森川ココネが、いつも見る不思議な夢を通して家族の秘密に迫っていく姿を描く。

東京オリンピックの開幕が目前に迫った夏。岡山県倉敷市・児島で、車の改造ばかりしている父親と2人で暮らす女子高生のココネ。最近は常に眠気に襲われ、家や学校でも居眠りばかり。さらに、寝ると決まって同じ夢をばかり見ていた。
そんなある日、父親が突然、警察に逮捕され、東京へ連行されてしまう。

ココネは父がなぜ逮捕されたのか、その謎を解くため、幼なじみの大学生モリオを連れて東京へ向かう。そして、その過程でいつも見る自分の夢の中に、まだ知らない両親の秘密があることを知る。

劇場アニメの声優は初めてとなる高畑充希がココネ役を務め、ココネ名義で主題歌も担当。そのほか江口洋介、満島真之介、高橋英樹らが声優出演。
(作品紹介より)

















■神山健治が描き出す、初の”ファミリー・ムービー”





今回監督を務めた 神山健治監督


これまで 『攻殻機動隊』『東にエデン』 など、比較的シリアスで社会問題を織り込んだ ”大人向け” の作品を作る監督だなという印象を持っていました。


本作が初めての子供から大人まで楽しめる ”ファミリームービー” ということで、個人的にも注目をしていました。


先日、ニコ生で放送された【WOWOWぷらすと】のスペシャルで神山監督のインタビューが流れていましたが、当時公開間近であった本作についても言及されていました。


本作の出発点は、「自分の娘に見せたい作品」 を作ること、だったそうです。


これまで駆け抜けてきた監督人生を振り返り、これまでとはまったく違った作品に取り組んでみる。


”神山健治” というアニメ監督にとって、本作はチャレンジであり、監督としての幅を広げるエポックメイキングな作品となったと感じました。















■”女優”高畑充希の好演





主人公・ ココネ の声を演じた 高畑充希さん


昨年放送されたNHK連続テレビ小説 『とと姉ちゃん』 で主演に抜擢され、一躍ブレイクを果たしました。





d0adf84b864a22778dfe383106cfed20.jpg





最初、本作で高畑さんが主役を演じると知ったときは、「スポンサーがねじ込まれたのかな」 と若干批判的に思っていました。


しかし、劇場で本作を観た瞬間に 「ごめんなさい!」 と心の中で叫んでいました。


岡山弁を話すという難しい役柄を見事に自然に演じられ、高畑さんの気配が微塵も感じられず、キャラクターを引き立たせていました。


やっぱり声優も女優も ”演じる” ということでは同じ職業です。


昨年の 『この世界の片隅に』 の、のんさん といい、やっぱり女優さんってスゴイと敬服いたしました。


あと、主題歌を歌われた 『デイ・ドリーム・ビリーバー』 も綺麗な歌声で、すっかり気に入っちゃいまいた!














■”夢”と”現実”が混ざり合う不思議な演出





物語は、ココネが見る ”夢のできごと(ファンタジ-)”と、”現実の事件(リアル)” が交互に入れ替わり描写されていきます。


両者は序盤は少しリンクしている程度で、独立したそれぞれの話として進行していき、後半から徐々にクロスオーバーしていきます。


終盤は ”夢の世界” 上で、現実の事件がクライマックスを迎え、混ざり合ってもうグッチャングッチャンになってました。


舞台を ”夢の世界で現実を描く” ということで、クライマックスの盛り上がりを図ったんですね。










そもそも、本作のテーマにもなっているココネが幼少期からいつも見る ”夢”


この夢をなぜココネが見るようになったのか、それが本作の核心です。


実はそこに、普段会話もほぼなく、愛想も悪い父親からの ”愛情” が詰まっていたのです。


冒頭で神山監督の 「自分の娘に見せたい作品」 という発言に言及した答え、本作は、まさに ”父と娘の物語” と言えます。


ぜひ優しさに包まれたラストを劇場に見に行ってください。


そして、エンディングも見所があるので、席を立たずに最期まで見てください。















【追記】2017/4/15


神山健治監督の作品は、そのときの ”社会問題” をうまくテーマに取り入れるという印象を持っています。


それを証明するかのように、本作の公開と時期を同じくして、【東芝の巨額損失問題】 が連日世間を騒がせています。





20iew.jpg





過去の成功経験からなかなか抜け出せず、国際市場で苦戦を強いられるようになってから焦って事を起こして、結局失敗する。


かつて ”日本のお家芸” とも言われた日本の製造業は、成功したがゆえにうまく新陳代謝ができず、未だ前時代的な考えに捕らわれています。


まさに本作に登場する 【志島自動車】 の姿、そのものであります。


本作は一見、子供向けのアニメ作品のように思えますが、その裏には現在の日本への警鐘を鳴らしている作品とも言えます。


時代設定が2020年という近々未来を舞台としている点も、本作に描かれた世界が現実の明日にも迫っているというメッセージなのです。


さすが神山監督! 


やはり本作も”神山健治成分”がどうしようもなく、溢れかえった作品でした。




















































よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2017/03/21 00:26 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード