とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  オタク的日常 >  今日のサンデーモーニング『風をよむ』を見て

今日のサンデーモーニング『風をよむ』を見て

201309100611350bc.jpg







今日放送のサンデーモーニングのコーナー『風をよむ』で、”スポーツ回に蔓延するドーピング問題”について取り上げられていました。


最近でいうと、テニス選手マリア・シャラポアの”禁止薬物使用”や、ロシア陸上界の”組織的トーピング”などが時事的に挙げられます。





6_2016031309510685a.jpg






TR2015111101017.jpg











資本主義が発展していくのと比例して、エンターテイメントとしてのスポーツにも多額の金が流れ込むようになってきました。


個人の”勝ち負け”が周囲に影響が広がっていき、オリンピックやワールドカップとなれば世界中を巻き込んだ一大イベントとなってしまいます。


そのため、企業スポンサーや国の威信を背負った一流選手達は、想像を絶するプレッシャーを常に受け続けています。


もっと強く、もっと早く、もっと遠くへ。


いくら努力しようと結果を残そうと、人々の要求が途絶えることがありません。











番組中では、既にスポーツに適した遺伝子を組み込んだ人間を造り出す【遺伝子組み換え人間】が、実現間近になっていると報じられていました。


これまさに『機動戦士ガンダムSEED』に登場する【コーディネイター】ですよね。






【コーディネイター】


「コーディネイター」とは「遺伝子を調整された」ということに由来する。それに対して遺伝子調整されていない通常の人類は「ナチュラル」と呼ばれるようになった。

『機動戦士ガンダムSEED』シリーズにおける「コーディネイター」とは、

「遺伝子調整によってあらかじめ強靱な肉体と優秀な頭脳を持った新人類」

と定義される。

ただ、本来の「コーディネイター」とは「新たに生まれるであろう新人類と人類の架け橋となる調整者となるように」と、最初のコーディネイターのジョージ・グレンによって命名されたものであった。

ところが、その後のコーディネイター作出が「高い金を出し」て「他者より強く!他者より先へ!他者より上へ!」といった社会的勝利の先約を動機とする優生学的なものであったため、必然的にコーディネイター自身が選ばれた新人類であるとする選民思想に取って代わられていき、やがてそれがプラント在住者の中心的イデオロギーとなる。

その一方、ナチュラル側も自分たちに比べると能力面における優秀な人材である事実を妬むがゆえに差別意識が生じ、両者の間で確執が生じてゆく。








この世界では、ジョージ・グレンという男性がスポーツ・学問あらゆる部門で非凡な才能を発揮し、”万能の天才”と呼ばれ、世界から注目を浴びました。





1333276479181.jpg





そんなジョージがあるとき、「自分は遺伝子操作によって生まれた”デザイナー・ベイビー”だ」と告白をきっかけにして、世界は偏在していきます。


わが子を優秀にしようとジョージに続き”デザイナー・ベイビー”を造ろうとする側と、断じてそれを受け入れない側が対立していき、人類全体への戦争へと発展していくのです。











現実のこの世界で”デザイナー・ベイビー”が誕生するのはいつになるのでしょうか?


もしかしたら、私達が知らないだけで、既に誕生しているのかもしれませんね。















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2016/03/13 12:06 ] オタク的日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
153位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
35位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード