FC2ブログ

記事一覧

弓と剣 【零れ話Ⅲ】 『推理 ジルジエ小隊長の話』

子供の-おもちゃ吸盤弓と剣と盾-屋外ゲーム必需送料無料

弓と剣 【零れ話Ⅲ】 『推理 ジルジエ小隊長の話』
著者:淳A
URL:http://ncode.syosetu.com/n3017bo/349/(『小説家になろう』サイト内)











【レビュー】

 





「ヴィジャヤン大隊長は、
 時々上着やシャツを裏返しに着ている事がある。

 しょっちゅうとは言えない。

 いついつだったらある、と言えるような規則性がある訳でもないが、
 一年を振り返れば十回以上見かけている。

 つまり平均すれば、一ヶ月に一回はそんな日があるのだ。」











本作ではサイドストーリーとして、主人公サダ・ヴィジャヤン(通称『若』)以外のキャラクターの主観で語られる話が、時折挿入されます。


今話もその1つであるのですが、1話丸々使って、若のこれまでの謎の行動について、それぞれのキャラクターが独自の推理を出し合いあーだこーだ議論するということのみで構成されています。


一見、変化がなく退屈な話のようにも思えますが、ぞれぞれ見当違いの推理から徐々に答えに近づいている様が個人的にはとても魅力的に感じました。


で結局その場で結論は出るんですが、本当にそれが正解なのか、誰にもわからないということも面白いところですね。








物語のメインストーリーには関係がないサイドストーリーは、他の作品にもありますが、なぜか惹かれるものがあると感じます。


例えば、神山健治監督のテレビアニメ作品『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』第9話『ネットの闇に棲む男 CHAT! CHAT! CHAT!』が挙げられます。


この話は電脳チャットルームを舞台に、そこに集った者達が、劇中で起こった『笑い男事件』の真相についての考察を議論し合うというストーリーです。





20101105230647.jpg





2002年の作品ということで、【2ちぇんねる】をモデルにしていると思われますが、外野のコメントがリアルタイムで表示されるなど、現在の【ニコニコ動画】を予言しているとも言える演出です。


派手なアクションや濃密なストーリーラインが持ち味の作品ですが、私はなぜかこの話が全話を通して一番好きなのです。


難解な言葉や小難しい議論が飛び交う様が、知的好奇心をかき立てるといいますか・・・・。










話を進めるだけでしたら、メインストーリーだけにすれば良いのですが、そうしてしまうと物語としてはチープさが感じられてしまいます。


そこで、サイドストーリーを盛り込むことにより、物語に”奥行き”というものが生まれるのです。


2次元作品は、文字通り平面の上で展開していくものなので、視点が固定化してしまうと世界が極端に狭い印象を与えてしまいますが、様々な視点を交差させることで”立体感”を構築をすることができます。










『作品を創る』ということは、『世界を創る』という神にも等しい行為だと思います。


それは偽物であるかもしれませんが、作り手は見る側に対し、いかにその”世界”を本物のように錯覚させるかに創意工夫を凝らします。


錯覚した”世界”は、読者にとって最早”本物の世界”となります。


そのような読者が増えれば増えるほど、作品の”世界”はどこまでも広がり、時に大きなムーブメントを起こすこともできる可能性を秘めているのです。


















【関連記事】


・弓と剣 [2013/05/02]
 
 
                   





                  







よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター

買い物リスト


2020/8/4


2020/9/4

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
サブカル
148位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
35位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード