とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  幼女戦記

幼女戦記 8 In omnia paratus ――― 老人<愛国者>の覚悟、幼女<バケモノ>の保身

8118KOLzb1L.jpg
幼女戦記 8 In omnia paratus
著者:カルロ・ゼン
イラスト:篠月しのぶ
発売元:KADOKAWA
発売日:2017/6/30











【注目キャラクター】



「おおよそ『作戦』『戦役』『会戦』『決戦』という単語は、そこで激戦が行われているかのような幻想をもたらす最高の言葉である。

 たしかに、そこで、戦闘行為は行われるのだろう。

 だが、実際のところ東部戦線においては緩慢な出血こそが両軍を真に蝕んだのである。

 主要な作戦行動が行われていない膨大な戦域における小競り合いこそが、

 従軍将兵をして 『あの東部』 と物語らせる代物であった。」



アンドリュー
幕間などに登場する後世の記者。通信社「ワールド・トゥデイズ・ニュース(World Today's News)」所属。
若き日にはかつての世界大戦に従軍記者として関わったこともあるベテラン。一般に流布される世界大戦の話に疑念を抱き、敗戦した帝国の真実を求めて調査を続ける。特に、機密解除された当時の国家情報で、世界大戦の主だった戦闘に必ず登場する11文字の伏せ字「XXXXXXXXXXX」を「11番目の女神」と呼び、部隊番号V600番の謎と共に生涯を掛けてその正体を追う。












【レビュー】










   「人材、食糧、砲弾、すべてが不足すれども 

   勝利依存症の帝国は戦争を止められない。
  
   苦しかろうとも、続けるしかない。

   足りない火力は、血と覚悟で埋めるのみ。


   さあ、起こりうるすべてに備えよう。








DDEvpgvVwAA3YqC.jpg
















      


連邦資源地帯への大規模攻勢作戦『アンドロメダ』。
無謀を説いていたゼートゥーア中将は参謀本部から東部への『栄転』に至る。

先細った連絡線、破たん寸前の兵站網、極めて長大な側面の曝露。
要するに、誰もがオムツの用意を忘れているのだ。
かくして、ゼートゥーア中将はレルゲン戦闘団へ特命を下す。

指揮官たるターニャに命じられるのは退却の許されない籠城戦。
勝たねばならない。
(作品紹介より)

















■歴史の目撃者達





今巻の始まりは、劇中の 【大戦】 終結後の未来。


ある記者と連合王国軍の将軍の対話の場面から描かれている。


2人は、”あの” 東部戦線で知り合い、共に大戦を生き延びた戦友とも言える間柄である。


そこで語られていたのは、東部戦線をはじめとする大戦の裏の真実。


正史では決して語られることのない、あの時代に生きた者しか知りえない真実。










今巻では、未来の時系列であったり、歴史的な観点から物語時系列を振り返る描写が見られた。


これは、第1巻で見られた手法だ。


これまではターニャの主観的に話が進行してきたわけだが、ここにきて ”歴史” としての顔が出始めた。


個人的な邪推ではあるが、このことは、本作の終わり=帝国の敗戦 が近づいているということを意味しているのだと理解した。


もはやターニャ1人の力では歴史を変えることはできず、後は、その道筋に沿って物語は展開されていくのみである。


我々読者は、変えられない未来というものを神の目線で認識しながら、懸命で保身に奔るターニャの行動をどこか滑稽さを感じながら見守るしかない。


きっとこのシナリオは、大戦が勃発したときから、全てが決まっていたことなのだ。















■”勝利依存症”の【帝国】





そもそも、なぜ帝国は、引き返すことができないほどに戦争にのめり込んでしまったのか。


戦争を終わらせる機会は、少なくはあったが、まったくなかったわけではない。


特に前巻で 【鉄槌作戦】 をターニャの活躍で成功したにより連邦軍に致命的な損害を与えたときは、講和に持ち込むための絶好のタイミングであったはずだ。


しかし、それは実現しなかった。


帝国の最高レベルの意思決定の場である 【最高統帥会議】 で戦争の継続、そして更なる大勝利を目指すことが決定されたためだ。











このことについて、ターニャは信じられないと驚愕したが、ゼートゥーア中将は、『勝利への慢性的中毒症状』 『極めて善良な人々が、死者に支配されている』 と表現した。


つまり帝国は、”これまで払った多大なる犠牲” に見合う勝利がなければ意味がないという、合理的思考からは逸脱した愚考に陥ってしまったということだ。


この結果は、経済学用語でいう 【埋没費用】 の考えから、まったく誤ったものだということがわかる。





【埋没費用(まいぼつひよう、英: sunk cost 〈サンクコスト〉)】

事業や行為に投下した資金・労力のうち、事業や行為の撤退・縮小・中止をしても戻って来ない資金や労力のこと。


事例1:つまらない映画を観賞し続けるべきか

2時間の映画のチケットを1800円で購入したとする。映画館に入場し映画を観始めた。10分後に映画がつまらないと感じられた場合にその映画を観続けるべきか、それとも途中で映画館を退出して残りの時間を有効に使うべきかが問題となる。

①映画を観続けた場合:チケット料金1800円と上映時間の2時間を失う。
②映画を観るのを途中でやめた場合:チケット代1800円と退出までの上映時間の10分間は失うが、残った時間の1時間50分をより有効に使うことができる。

この場合、チケット代1800円とつまらないと感じるまでの10分が埋没費用である。この埋没費用は、この段階において上記のどちらの選択肢を選んだとしても回収できない費用である。よってこの場合は既に回収不能な1800円は判断基準から除外し、「今後この映画が面白くなる可能性」と「鑑賞を中断した場合に得られる1時間50分」を比較するのが経済的に合理的である。

しかしながら、多くの人は1800円を判断基準に含めてしまいがちである。(wikipediaより)







投下済みの費用に引きずられて、未来に向けての合理的な判断ができないということは世の中結構あるものだ。


国内では、民主党政権交代時に議論になった【八ツ場ダム問題】が該当するだろう。


また国際的には、イギリスとフランスが共同に開発した超音速旅客機コンコルドの事例により、【コンコルド効果】とも呼ばれている。















■”終わりの始まり”





「・・・・・これは、このままでは、今の道では、だめだな」

”ライヒに黄金の時代を。”

 ・・・・黄昏だとしても、陽はまた昇ると示さねばならん。

 期待しているぞ、中佐」






are008.jpeg






この作中のゼートゥーア中将のセリフを読んだとき、背筋が凍りついた気がした。


中将は、遂に悟ってしまったのだ。


帝国の”勝者”としての道が完全に閉ざされてしまったことに。


で、あれば、【帝国の勝利】 の定義を変更しなければならない。


その変更された勝利への片棒をターニャに担がせた瞬間が上記の場面である。










後世の歴史上で ”恐るべきゼートゥーア” として語られる彼の出発点は、ここにあったのだと思う。


”ライヒに黄金の時代を。”


果たして ”その時” が、いつ訪れることを想定しているのか。


勘の良い者なら、察するに容易いことだろう。


さあ、終わりへの賽は投げられた。


後は、その過程を楽むだけだ。











































【関連記事】

・幼女戦記 7 Ut sementem feceris, ita metes  ――――― 泥沼化する戦争に幼女<バケモノ>は何を思う。 [2016/12/30]
・幼女戦記 6 Nil admirari  冬季戦 ―――― 雪、泥、幼女<バケモノ>。 [2016/10/02]
・幼女戦記 5 Abyssus abyssum invocat――地獄の果てに待つのは幼女【バケモノ】。 [2016/02/21]
・幼女戦記 4 Dabit deus his quoque finem.――――― 世界を敵にまわしても、幼女<バケモノ>は戦う。 [2015/12/31]
・幼女戦記 3 The Finest Hour 戦場の霧を見通すのは、幼女【バケモノ】ただ一人。 [2014/12/15]
・幼女戦記 2 Plus Ultra  ――最前線にて幼女<バケモノ>は嗤う。 [2014/06/03]
・幼女戦記 1 Deus lo vult ――戦争の最前線にいるのは幼い少女。 [2013/11/28]






















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2017/07/19 12:00 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

今期視聴確定作品【2017年冬アニメ編】 ―――――― アニメ界はどこへ向かうのか。

17wv3_1.jpg
(うずらインフォ:http://uzurainfo.han-be.com/17w.html










■アニメ業業界、真価を問われる年





昨年は、『君の名は。』 『この世界の片隅に』 といった歴史に残る大ヒット映画が立て続けに公開されました。


その一方、秋クール以降のテレビアニメでは、制作が間に合わず放送延期という事態が目立つようになり、業界としての制作能力が限界に達したとの意見も見受けられます。


良悪どちらのニュースもあった昨年のアニメ業界。


今年、【ジャパニメーション】の今後の方向性、”未来”がもしかしたら見えてくるのではないかと感じています。


それがどのようなものになろうと、私は1人のアニメファンとして、見守り、できる範囲で支えていきたいですね。




















■視聴確定作品












youjo-senki.jpg


幼女戦記


個人的な今期覇権アニメ候補作品。

主人公が幼女だからと油断している噛みつかれるぞ!!

【異世界戦記】 という設定ながら、戦争の推移が 【第二次世界大戦】 をモデルとしており、きっとミリオタの方々にもご満足いただけるはず。

原作小説の挿絵からはキャラデザがかなり変更されているのが少々気になりはしますが、それでも隠しきれない原作が持つ ”狂気性”

平和が続くこの時代だからこそ、ぜひ皆さんに観ていただきたい作品です。


































acca.jpg


ACCA13区監察課


”13” の自治区から構成される 【ドーワー王国】 を舞台に、各地区を監視する役割を担う民間組織 【ACCA】 の活躍が描かれた作品です。

全体的に漂う ”ジャズ・テイスト” に彩られており、観ているだけでオシャレな気分になってきます。

各地区を査察するストーリー中に、その地区独特の料理を食べる取る描写が盛り込まれており、一種の ”メシテロ” 作品ともなっています。




























demichan.jpg


亜人ちゃんは語りたい


”亜人”(通称:デミ) という想像上の人種が普通の人間と同居する不思議な世界で、普通の人間である主人公の教師と亜人である生徒達との交流を描くハートフル作品です。

ただの”日常系”かと思いきや、【差別】【いじめ】 などの社会問題もそこはかとなく織り込まれており、考えさせられるところもあります。

「亜人は遺伝ではなく、突然変異的に生まれる」 という設定が新しく面白いですね。




























littlewitchacademia.jpg


リトルウィッチアカデミア


【TRIGGER】 が満を持してお送りするファンタジー作品。

文化庁若手アニメーター育成プロジェクト 『アニメミライ2013』 で初めて短編が制作され、2015年には中編として劇場版が公開されました。

そして、いよいよテレビアニメシリーズ放送開始です!

安定の作画クオリティとダイナミックなアクションでアニメファンを虜にすることは必死です!!!




























rakugo.jpg


昭和元禄落語心中-助六再び篇-


【落語】 を題材とし、昨年の4月まで放送されていた同名作品の続編です。

前期は主に作中の過去話を中心としていましたが、今期はその過去とどのように向き合い、乗り越えていくかが、”落語の未来” という形でテーマとなっています。

実力派声優陣の演技の素晴らしさに酔いしれる ”耳で観る” アニメ作品だと思います。


































nyanko-days.jpg


にゃんこデイズ


今期の3分アニメ枠作品。

猫が擬人化され、ただただカワイイだけ(褒め言葉)なアニメです。

観る側も、ただただほのぼのすればいいのさ!











































【関連記事】

・今期視聴確定作品【2016年秋アニメ編】 ―――――― ”豊作の秋”の予感!? [2016/10/23]
・今期視聴確定作品【2016年夏アニメ編】 ――― 日本の夏、アニメの夏。 [2016/08/06]

・今期視聴確定作品【2016年春アニメ編】 ――― 春、それは始まりの季節。 [2016/05/05]
・今期視聴確定作品【2016年冬アニメ編】――― 粒ぞろいの”猛者”が集結! [2016/02/08]
・今期視聴確定作品【2015年秋アニメ編】――― アニメの”秋の味覚”を味わおう! [2015/11/03]
・今期視聴確定作品【2015年夏アニメ編】―――冷房が効いた部屋でアニメを見る幸せ。 [2015/08/02]
・今期視聴確定作品【2015年春アニメ編】 ―――桜舞う新しい出会いの季節。 [2015/04/30]
・今期視聴確定作品【2015年冬アニメ編】 ―――年の始めからアニメ三昧! [2015/02/04]
・今期視聴確定作品【2014年秋アニメ編】  ―― 秋の夜長にアニメはどう? [2014/10/29]

・今期視聴確定作品【2014年夏アニメ編】  ―― 今年も熱い夏になりそうだ。 [2014/07/29]
















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2017/01/29 19:29 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

私的【2016年大総括】  ―――― 大豊作の1年でした。

30f7d756-9f24-47bf-82b1-e200c743ec36.jpg







――――【2016年】とは、何だったのか?









2013年から始めたこの試みも、4年目を迎えました。


去年ブログで記事で取り上げた作品を、【劇場アニメーション部門】、【テレビアニメーション部門】、【マンガ部門】、【ライトノベル部門】の5部門と+【番外編】に分け、紹介していきたいと思います。















■劇場アニメーション部門








【大賞】



main_702_690_388.jpg
この世界の片隅で




きっと戦時中を生きていた人々も同じだったのでしょう。


きっと笑いもあったし、幸せもあったし、誰も生まれてきた時代を間違えたとか、そんなことは思わなかったはずです。


ただただ日々を懸命に生きて、生きて、生きて。


その積み重ねが”人生”であり、”時代”になっていくのです。


「戦争だから不幸」とか「戦争がないから幸せ」とか、たぶんそんなに関係ないんだと思います。(レビュー記事より)












【次点】



kiminonaha_large.jpg
君の名は。



空前のメガヒット作として歴史に残るであろう本作。


この記事を書いている12月5日時点で興行収入199億円を突破し、200億円に到達することは確実だろうと言われています。


本作は、アニメーション監督・新海誠にとっての”転換点”であり、日本アニメの”転換点”として、後生語られることになるでしょう。


私自身も劇場に足を運び、また、本作に対するいろいろな人の感想・論評・考察を伺っていく中で、本作がなぜこれほどの成功を収めることができたのか、その理由を自分なりに考えました。


これから述べる5つのことは、本作の魅力の一端を示したものであり、本作が「観たほうがいい作品」ではなく、「観るべき作品」だと自信を持って言える自分なりの根拠でもあります。(レビュー記事より)






















■テレビアニメーション部門








【大賞】



np763_img01.jpg
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ



戦争に巻き込まれ、受け身型が多かったこれまでのガンダムの主人公とは違い、三日月達は自分達が生きるために戦いを能動的に始め、這い上がっていく機会を狙っているのです。


三日月達を見ていると、今の若者世代が思い浮かんできます。


長引く不況による非正規雇用の拡大と、1度でも失敗するとそこで終りだという
”勝ち組・負け組”の意識が社会的に蔓延しているのが現代だと思います。


「”負け組”になってしまたら、そこから抜け出すことができないんじゃないか」という不安をみんな抱えて日々を生きています。


本当に生きにくい世の中です。


しかし、真っ正面から世の中の理不尽さや不条理に戦うような勇気もなく、ただ日々を漫然と過ごしている、それが今の若者の正直な気持ちではないでしょうか。(レビュー記事より)












【次点】



12351_webreco_20160417000908b66.jpg
ハイキュー!! セカンドシーズン



テレビシリーズ第2期となる本作では、原作のインターハイ予選敗退後~春高予選の準決勝対青葉城西戦までが描かれています。


まず特筆しべきことは、第1期がチームの結成から挫折までを描いた物語の ”起” ”転” だとするならば、本作はチームを一度解体し、再構築による全体のレベルアップを達成するまでの ”転” に該当するストーリーだということです。


物語としては最も面白い”熟れ頃”ですね。(レビュー記事より)






















■マンガ部門








【大賞】



51C.jpg
昭和元禄落語心中 10(完)



―――― 落語を愛し、落語とともに生きた
                ”八雲” と ”助六” の物語。


帯のこのコメントほど、本作に相応しい言葉はないと思います。


私はアニメから本作に出会ったため、それほど長い時間を共に過ごしてきた訳ではありません。


それでも、この最終巻を手に取り、読了した今、万感の想いを抱いております。(レビュー記事より)












【次点】



51iJB.jpg
ベイビーステップ 39



私は読者として、その努力も苦しみも全てを見てきました。


だから、エーちゃんがプロへの道を選んでくれて本当に嬉しかった。


「高校生からテニス初めてプロってありえないよね」なんて外野の声もありますが、私はそんなやつらに言ってやりたい。


青春全部かけて、正しい努力を積み重ねて、
自分に真摯に向き合って何かに取り組んだことがあるのか?


私はもちろんそんなことできた試しはありません。


エーちゃんは、そんなダメ人間な私に夢を見せてくれました。勇気を与えてくれました。


それが、マンガの力であり、役割だと思うのです。(レビュー記事より)






















■ライトノベル部門








【大賞】



6100_.jpg
幼女戦記 5 Abyssus abyssum invocat



ターニャ達が独自に捕虜の尋問を行ったところ、驚くべき事実が判明したのです。


彼らはこう言います。「自分達は自らの”民族”を守るために戦ってる。」と。


つまり、帝国は【共産主義】という”イデオロギー”との戦いと思い込んでいたが、真実は、民族存亡の危機に立ち上がった”ナショナリスト”との戦いになっていたのです。


彼らは”死兵”。


文字通り決死の覚悟で帝国に挑んできています。(レビュー記事より)












【次点】



51Eqie55m_.jpg
異世界落語 1



異世界召喚モノは数あれど、【落語家】が召喚されたという設定の作品は、おそらく本作が初めてだと思います。


舞台はベーシックな異世界【ターミナル】。


人間、エルフ、ドワーフなどが暮らし魔法も存在する、”ザ・ファンタジー”とも言える世界設定です。


そこに召喚された【落語家】、名を楽々亭一福。


手違いで現代日本から召喚されてしまった彼ですが、異世界で生きていくため、酒場で落語を披露することになるのです。(レビュー記事より)






















■番外編







img_visual_jp-1.jpg
シン・ゴジラ



今作の主人公・矢口が国会議員であり、行政側の活躍が詳細に描かれているところに、庵野監督の異常なこだわりが感じられました。


ドラマは”現場”ではなく、”会議室”で起こっている。


そこで繰り出される難解な言葉の応酬。しかもめっちゃ早口。


しかし、その状況に私のオタク心は今年一番くすぐられました。


本日放送された【ニコニコ岡田斗司夫ゼミ】の中でも語られていたことですが、あれはセリフではなく、”ラップ”なんですよ。


あのやりとりで重要なのは、言葉の”リズム”であり、”なんかスゲー”という全体的な雰囲気なんだと思います。(レビュー記事より)

























【関連記事】

・私的【2015年大総括】  ―――― 二次元は私の”血肉”です。 [2016/01/14]
・私的【2014年大総括】  ――――激動の1年を解剖せよ! [2015/01/01]

・私的【2013年大総括】  ――これが俺達の”軌跡”だ! [2014/01/01]















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓


[ 2017/01/02 01:25 ] オタク的日常 | TB(0) | CM(0)

幼女戦記 7 Ut sementem feceris, ita metes  ――――― 泥沼化する戦争に幼女<バケモノ>は何を思う。

91Wah9RSGxL.jpg
幼女戦記 7 Ut sementem feceris, ita metes
著者:カルロ・ゼン
イラスト: 篠月しのぶ
発売元:講談社
発売日:2016/12/28











【注目キャラクター】



「我々は、東部で勝った。

 勝ったというのに、なんだ、これは。

 我々は、一体、何の種を蒔いてしまったのだ?」



img235.jpg

レルゲン
帝国軍少佐(登場時)、参謀本部人事局人事課長。
かつて士官学校を訪問した際、一号指導生であったターニャが演習中に命令に従わなかった下級生に対し抗命罪の現行犯として処刑せんとした瞬間を目撃、その存在を不安視するようになる。しかし生真面目な性格ゆえにその能力を認めざるを得ず、軍の人事に携わる中でターニャ・デグレチャフという異質な「狂人」の扱いに苦悩する。後に作戦局付き高級参謀に転任し、泥沼化する戦争の指揮に関わっていくことになる。












【レビュー】










・・・・・・どうかしている。


帝国軍も、連邦軍も、どうかしているのか?

こんなことを、延々と繰り返すつもりなのか?

国家理性を前に、人倫が沈黙するとでも?

いったい、どれほど死体を積み上げれば終わらせるつもりなのだ?」






img234.jpg














      


東部戦線の不毛な泥濘の上とて砲火は途絶えぬ。

第二〇三魔導大隊を中核とするサラマンダー戦闘団もまた、その狂騒に投げ込まれた歯車の一つ。

よかれ、悪しかれ、蒔いた種は刈り取らねばならない。
戦争当事者ならば、誰が祈らずにはおれようか。
せめて、豊かな勝利の恵みがあれかし、と。

故に誰もが努力し、工夫も惜しまない。
だから、誰もが、蒔いた種の刈り入れを願う。
どこに蒔いたのかも自覚せず、ただ『勝利』を、と。
(作品紹介より)

















■【レルゲン戦闘団】結成~東部戦線勝利宣言





ターニャ率いる【サラマンダー戦闘団】は、連邦との激戦が続く東部戦線で奮戦していました。


長引く戦争の影響で戦場の兵達の練度不足は否めなく、逆に【サラマンダー戦闘団】”戦術的価値”はうなぎ登りとなっています。


そこに話が持ち上がってきた【レルゲン戦闘団】への参入命令。


img233.jpg


参謀本部のレルゲン大佐を団長とする実態のない”幽霊部隊”結成の秘密は、終戦に向けた実績作り。


連邦との終戦締結を仲介するインドラ王国の観戦武官の接待のため、多数の幽霊指揮官、幽霊幕僚、幽霊参謀が表向き東部戦線に出向くという形式を取りたいためです。










実際はその任務全てを【サラマンダー戦闘団】が遂行し、それと平行して、連邦への大規模な反抗作戦”鉄槌作戦”へ従事。


ターニャの活躍もあり、帝国軍はこの戦いに大勝利。


誰もが、ターニャさえもが、「これで戦争が終わる」 と喜びと安堵を噛みしめました。


ちなみにその時の情景を描いたと思われるのが、今巻の表紙・背表紙のイラストです。















■”蒔いた種”を刈り取るのは誰だ?





しかし、このような期待は往々にして裏切られるもの。


戦争終結のために【最高統帥会議】を招集したゼートゥーア中将・ルーデルドルフ中将(参謀本部)ですが、その結末は筋書きとはまったく異なる方向に進んでいきます。


会議メンバーである文官連が難色を示したのは、連邦との”講和条件”です。


参謀本部が策定した講和条件は、帝国の国力をほとんどをつぎ込んだ戦争の結末として、彼らにとってあまりにも”お粗末”なものに見えてしまったのです。


これでは、国民が納得もせず、国家財政は破綻してしまう。


もっと有利な条件で戦争を終わらせなければ、
帝国に未来はない。



文民連の意見も一理あることです。


結局、ゼートゥーア達はその要望を聞き入れるしかなく、またしても終わらせる戦争を終わらせる機を逸してしまいました。


この辺は読んでいて、イライラしっぱなしでした。


「なぜ理解できない!?この無能どもが!!貴様達のような人間が国を滅ぼすのだ!!!!」










この決定は帝国にとって、おそらく最期の”ターニング・ポイント”となったことでしょう。


もはや帝国に世界を相手に戦い続ける力はなく、後は”敗北へのレール”に間違いなく乗ってしまったのです。


ターニャが次巻でこの事実を知ったときの絶望・諦め・決意、その描写を思い描くとゾクゾクしますね。









「帝国は、”種”を蒔いた。

 いやはや、刈り入れ時が楽しみだ。


 ―――――― 蒔いた種は刈り取らねば。












































【関連記事】

・幼女戦記 6 Nil admirari  冬季戦 ―――― 雪、泥、幼女<バケモノ>。 [2016/10/02]
・幼女戦記 5 Abyssus abyssum invocat――地獄の果てに待つのは幼女【バケモノ】。 [2016/02/21]
・幼女戦記 4 Dabit deus his quoque finem.――――― 世界を敵にまわしても、幼女<バケモノ>は戦う。 [2015/12/31]
・幼女戦記 3 The Finest Hour 戦場の霧を見通すのは、幼女【バケモノ】ただ一人。 [2014/12/15]
・幼女戦記 2 Plus Ultra  ――最前線にて幼女<バケモノ>は嗤う。 [2014/06/03]
・幼女戦記 1 Deus lo vult ――戦争の最前線にいるのは幼い少女。 [2013/11/28]





















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2016/12/30 00:51 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

現在制作中のアニメ作品がどれも楽しみ過ぎる件

t_main_bg0810.jpg
天地無用!魎皇鬼 第四期
放送時期:2016-11-30
形態:OVA
公式サイト:http://tenchimuyo4th.com/

















main-visual.png
幼女戦記
放送時期:未定
形態:テレビアニメ
公式サイト:http://youjo-senki.jp/


















visual_01.jpg
有頂天家族2
放送時期:未定
形態:テレビアニメ(?)
公式サイト:http://uchoten2-anime.com/











今期秋アニメも面白い作品が多いし、今年~来年とこれはかなりの当たり年の予感!?










よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2016/10/10 22:28 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
39位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード


FC2 Management