とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  映画 >  スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒

スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒

6321ae6e46cb71b32758f.jpg
スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒
監督:J・J・エイブラムス
脚本:ローレンス・カスダン、J・J・エイブラムス
製作:キャスリーン・ケネディ、J・J・エイブラムス、ブライアン・バーク
製作総指揮:トミー・ハーパー、ジェイソン・マクガトリン
撮影監督:ダン・ミンデル
プロダクションデザイナー:リック・カーター、ダーレン・ギルフォード
編集:メリアン・ブランドン、メアリー・ジョー・マーキー
音楽:ジョン・ウィリアムズ
衣装デザイナー:マイケル・カプラン
特殊効果スーパーバイザー:クリス・コーボールド
視覚効果スーパーバイザー:ロジャー・ガイエット
音響デザイナー:ベン・バート
再録音ミキサー:ゲイリー・ライドストロム
総音響編集:マシュー・ウッド
公式サイト:http://starwars.disney.co.jp/home.html











【注目キャラクター】



「私は待っているの・・・・・家族を。」



20151219013636.jpg


レイ
砂漠の惑星ジャクーで、家族を待ち続ける孤独なヒロイン。ある出会いで運命が変わる。












【レビュー】










       「遠い昔、はるかかなたの銀河系で――――。」







スクリーンショット-2
















      


映画を超えた史上空前のエンターテイメント『スター・ウォーズ』、その新たなる3部作の第一弾。

ジョージ・ルーカスとスティーブン・スピルバーグ―ハリウッドが生んだ偉大なる巨星たちの才能を継ぐ、J.J.エイブラムスの「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」がベールを脱ぐ。はるか彼方の銀河系で繰り広げられる、家族の愛と喪失の壮大な物語。その歴史は、新たなるヒロイン、新たなる仲間たちによって、≪新たなる3部作≫として、真新しい1ページを開く。
家族を知らず砂漠の惑星で孤独に生きるヒロイン、レイの運命が、新型ドロイドのBB-8、戦うことに疑問を抱く兵士フィン、そして、フォースの暗黒面の担い手、カイロ・レンらと交わる時、銀河の命運を賭けた戦いの渦中へと導かれる。

果たして、真のフォースに目覚める者は、誰か…?その行く末を今、世界は固唾を飲んで待っている。
──その時あなたは、新たなる伝説の目撃者となる。
(作品紹介より)













『スター・ウォーズ』とは、アナキン・スカイウォーカーを始めとしたその一族の盛衰と、はるか遠くの銀河系の歴史を絡めて語られるスペース・オペラです。


【サーガ】(一家一門の物語を壮大に描く長編)と呼ばれるジャンルに区分できます。


必然的に、彼らを中心とした【ジェダイ】というものを描く物語になりがちになっていきます。


しかし、今作ではこの点がこれまでのシリーズとはまったく違って感じました。


これまでどおりであれば、レイカイロ・レンが大部分の映画になると思うのですが、今作は、それ以外のキャラクターの活躍のほうが目立っています。










最も顕著な例としては、準主役級に扱われているフィンの存在です。





d.jpg






彼は、元帝国の残党である【ファースト・オーダー】ストーム・トルーパー(一般兵)として登場しますが、物語序盤で心変わりし、レイを助ける重要な役割を果たします。


これまで一方的なやられ役であるトルーパーからこんなキャラが登場しようとは・・・・。


往年のファンにはさぞやショッキングな出来事であったことが想像できます。


今作で一旦レイと別れてしまうフィンですが、今後物語にどう関わってくるかが気になるところです。










その他にも、トルーパー達のリーダーであるキャプテン・ファズマというキャラクターも気になります。





61R99QiWO.jpg






一見分かりにくいのですが、女性キャラクターという設定です。


キャストもわざわざ190センチ以上の長身の女優を抜擢してくるというこだわりっぷり。


これは今後のシリーズ最期までつきあっていく、主要キャラの1人にこれから成長していくことでしょう。










もちろんライトセーバー戦は盛り上がりますし、今作のラストでルークが登場していることから、シリーズが【ジェダイ】とスカイウォーカー一族を中心とした物語になるということは間違いないでしょう。


しかしそれに加え、これまでのシリーズになかったサブキャラの活躍が、旧シリーズよりも格段に多くなるだろうということも感じました。


それは、さまざまな国々・人種が入り乱れる現実世界の状況を反映させているようです。


これから私達が観ることになる”21世紀のスター・ウォーズ”は、どんな結末を迎え、世界にどんな衝撃を与えるのか。


シリーズが完結する6年後まで、楽しい時間が続いていきそうです。





















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2016/01/02 23:59 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード