とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  オタク的日常 >  高部あい逮捕にアニメファン衝撃「キルミーベイベー二期は夢に消えた」

高部あい逮捕にアニメファン衝撃「キルミーベイベー二期は夢に消えた」

f331d5a3.jpg











女優の高部あい(27)が麻薬及び向精神薬取締法違反容疑で今月15日に逮捕されていた本紙のスクープは、アニメファンにも衝撃を与えている。


 2004年の「全日本国民的美少女コンテスト」でグラビア賞を受賞し、女優として活動していた高部は、09年放送のフジテレビ系アニメ「青い花」で主演を務めるなど声優としても4作品に出演。


 中でも12年にTBS系で放送されたアニメ「キルミーベイベー」で主要キャラの一人・呉織あぎり役を演じていたことで知られている。


 同アニメといえば放送当初は人気がなく、ブルーレイ第1巻の初動売り上げも686枚というさんたんたる数字だった。しかし、放送後にファンのネット上でのPR活動や公式ツイッターの地道な活動が実を結び13年10月、新作アニメが収録されたベストアルバムCD、同年12月にはブルーレイボックスが発売され、いずれもヒット。“奇跡の復活アニメ”としてファンに知られた作品だった。


 同アニメのプロデューサーを務めたポニーキャニオンの中村伸一氏は以前、メディアの取材に対して続編の可能性も示唆していたのだが…。


 ファンからも続編を望む声があっただけに、高部の逮捕を受け、ネット上は「キルミーベイベー復活どころじゃない」「キルミー二期は夢に消えた」と“キルミスト”と呼ばれるファンからの嘆きの声であふれた。
東スポwebより)













不謹慎な話なんですけど、このファン達の声を聞いて安心してしまいました。


あっ、やぱり仲間なんだって。








私達【オタク】という人種は、本当に狂ってるし、歪だなーと思いますね。


だって、現実の人間よりも、創作物の続きのほうが大事って言ってるんですもんね。







ときどきマンガ家やラノベ作家の急死のニュースが流れます。


みんな「若すぎる」とか「悲しい」とかコメントを寄せますけど、実際は「連載中の作品どうすんだ」という作品を最期まで読むことができない絶望感が心の大部分を占めているはずですよね。









逆を言うと、素敵な作品を残したクリエイター達は、ファン達の間で長く語り継がれていきます。


それは、人々の中で永久に生き続けることができる、とても幸せなことなのかもしれません。








オタクは作品を通してしか声優や作り手を見ることができません。


実在する人間である彼らは私達は、愛する作品を作り出す”部品”だと、心のどこかで思っているのではないでしょうか。


今回の事件に触れ、そんな取り留めのないことを考えました。















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2015/10/27 23:21 ] オタク的日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
39位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード