とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  アニメ >  ハイキュー!! セカンドシーズン 第1話『レッツゴートーキョー!!』

ハイキュー!! セカンドシーズン 第1話『レッツゴートーキョー!!』

b8f49e8b.jpg





   「コンクリート出身 日向翔陽です。

  あなたをブッ倒して全国へ行きます。」

















インターハイ予選、青葉城西に敗北した烏野高校排球部は、春高予選に向け再び動き出していた。

そんな中、音駒高校を始め強豪校が集まる東京合宿への参加が決定。

より練習に力の入る部員一同。しかし合宿へ参加するためには、ある試練が…。
(ストーリー紹介より)


















■OPクオリティ、今年一かもしれない!?





私は、「アニメOPは、その作品の一番面白い部分が詰まっているべき」という偏った持論をもっています。


その私から見て、このOPは凄まじかった。


久々に”鳥肌”が立ちました。










曲を歌うのは、1期の前半と同じSPYAIR


彼らの爽やかで疾走感のある楽曲は、まさに本作にピッタリだと思います。


最初の一音から、作品への期待を高めるワクワク感溢れる曲です。









もちろんアニメーションも完璧です。


特にサビの試合シーンをぜひ観ていただきたい!


プレイヤー目線でボールが焦点が当たり、それを選手達が追いかける臨場感がハンパありません!!


更に、ボールが打たれることによって回転がかかっており、その微妙な変化も見事に表現しきっています。


さすが我らのProdauction I.G










注目したい箇所はまだあります。


OPの終わり近く、烏野の選手が並んで一礼するシーンを観たとき、背中にカミナリが走ったような衝撃を受けました。





無題






礼の角度がみんな違うんですよ。


バカでいつも一生懸命な日向影山の礼は深く。


クールでどこか怠惰な印象がある月島の礼が一番浅く。


思わず「月島、もっと真面目にやれ」って言ってやりたくほど、キャラごとの性格がこの一場面に現れています。


今更ながら、監督・演出陣の表現への情熱に驚かされました。
















■思い切った原作改変





原作を読んでいるとよく分かるのですが、この第1話は原作のストーリーを組み替えて構成されています。


原作では東北一のス-パーエース・ウシワカとの邂逅は、もう少し後の話です。





1_20151010094610458.png










ここでのポイントは、第1話の”つかみ”が作品全体に大きな影響を及ぼすということです。


大きな”ピーク”を作ることにより、視聴者を一気に作品の世界に引き込み、3ヶ月または半年、毎週観続けてくれる”約束”を取り付けてしまえるのです。


「このアニメを観ていれば、またあの快感が味わえる!」


視聴者は一度でも自分の心に響いた作品を見捨てることはしませんし、できなくなります。


そして、作り手側は、ついてきてくれた視聴者達を裏切らないよう、更に面白い話を作ってくれることでしょう。


今後も『ハイキュー!!』から目が離せません。
















公式サイト:http://www.j-haikyu.com/anime/
















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2015/10/10 09:55 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
39位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード