とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  マンガ >  ちはやふる 28   仲間と戦う最期の夏――――。

ちはやふる 28   仲間と戦う最期の夏――――。

61TDzlcPSX323_B.jpg
ちはやふる 28(BE LOVE KC)
著者:末次 由紀
発売元:講談社
発売日:2015/8/12











【注目キャラクター】



「うまくいかないのがわかっていても

 褒められたいと思う欲が止められない。」




img083.jpg


田丸 翠
瑞沢高校かるた部の新一年生部員。
兄と共に競技かるた経験者であり、A級。












【レビュー】










     「綾瀬さんと真島くんが出てなくても

     みんなが勝ちきることで  

     来年も再来年も続いていく瑞沢かるた部が

     やっとできてきたと思うんですよ」







img091.jpg














      


太一の退部後、自らもかるたから離れていた千早に新から届いた1通のメール。そこには、千早と太一、二人と同じ場所で出会うためにチームを作るという新の決意が込められていた。

思いに突き動かされ、千早が向かった先は史上最多の24校が集う全国大会東京都予選。しかし、思いがけないルール変更や、奔放な新入部員の振る舞いに、瑞沢高校かるた部はかき乱されてしまう。

かるたを手放した時間が、千早にもたらす罠とは――?

仲間と戦う最後の夏――。

全国大会東京都予選で、千早が誓う夢がある!!
(作品紹介より)

















■千早復活、高校最期の大会始まる――――





太一が退部した影響により、かるた部を休部している千早


かるたから逃げるように苦手なはずの勉強に打ち込み、その姿に誰もが驚いていました。


そんな日々が続き、全国大会予選の直前になった頃、千早はある結論にたどり着きます。





img093.jpg


「勉強すればするほど

 言葉は 文字は こんなにはいらないなぁって・・・・・


 31音でいい 6音でいい 5音でいい 

 4音でいい 3音でいい 2音でいい


 ――――― 1音で。











そして、始まる全国大会東京予選――――。


千早たち3年生にとっては、仲間たちと戦える最期の夏です。





img082.jpg





千早が復帰した瑞沢高校が無事に予選を突破できるのか、まず注目です。





img084.jpg















■”先輩”として





千早と太一2人で作ったかるた部も、創部メンバーたちが3年生となり、先輩としての変化が見られました。


当初は頼りない部分があった机くんや肉まんくんですが、後輩を叱咤したり部のために何ができるのかを考えたり。


そんな姿を見ていると、作中での時間の流れを感じ、なんだか感傷的になってしまいます。





img092.jpg





img085.jpg





瑞沢はどうしても、華がある千早や太一の存在が目立ってしまいます。


しかし、それ以外のメンバーであるカナちゃん、机くん、肉まんくんのここまでの成長・活躍があったからこそ、創部2年目での全国優勝を成し遂げられたのです。


今巻の東京予選では、そのことをまざまざと示す描写が多かったように思います。














■千早が誓う夢がある





予選の決勝リーグ初戦、現チームの完成度で劣っている瑞沢は、対戦相手・朋鳴高校にいきなり敗れてしまうという波乱。


落ち込む部員たちを前に、千早はある”夢”を語り出します。









「一緒に部を作ってくれた真島太一はかるた部を辞めたけど、

 私はいつか戻ってくると思ってる。

 何年後か 何十年後か・・・・。


 ――――― それまでに私は クイーンになる。」






img087.jpg










「―――――― そして、それまでに瑞沢を 北央学園みたいな

                     かるた強豪校にする。






img088.jpg















以前、千早が進路希望票に「高校の先生になるにはどうしたらいいですか。かるた部の顧問になりたいので。」と書いていたことを思い出しました。


千早は本当に欲が深くで、いつでもまっすぐです。


彼女の夢は、自分と自分が作ったチームが共に全国で1番になることです。


それはずっと変わらないし、これからも変わることがないでしょう。


以前と違うことは、それが決して夢物語ではなくなったことです。


自分の実力と夢を共に追ってくれる仲間、そして、次の世代に受け継がれていく体制。


その全てが揃いつつあります。


今巻は、未来への期待を感じられる、久々にスカッとする終わり方でした。










img089.jpg





さあ 反撃開始だっ――――!!!!

































【関連記事】

・ちはやふる 27 & あさひなぐ 15  ――― 部活の”下克上”を描く。 [2015/08/14]
・ちはやふる 26   あなた一人を、思ってきた―――。 [2014/10/25]
・ちはやふる 23  ―― 勝敗は、指先のみぞ知る。 [2013/12/20]

・ちはやふる 22  恋したんだ、きみの夢に―――。 [2013/09/21]
・ちはやふる 21 [2013/06/13]
・ちはやふる 20 [2013/03/24]
・ちはやふる 19 [2013/03/01]
















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2015/09/07 00:00 ] マンガ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
28位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード