とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  アニメ >  ブラック・ジャック 劇場版  ―――― 人間を超える代償とは。

ブラック・ジャック 劇場版  ―――― 人間を超える代償とは。

51-Ly9fjARL.jpg

ブラック・ジャック 劇場版
原作・オリジナルキャラクター - 手塚治虫
制作 - 奥山和由、松谷孝征
企画 - 清水義裕、古徳稔、石田康男
監督 - 出崎統
脚本 - 森絵都、出崎統
脚本協力 - 手塚プロダクション文芸部
キャラクターデザイン・作画監督 - 杉野昭夫
美術監督 - 河野次郎
演出 - 吉村文宏
撮影監督 - 高橋宏固、野口肇
編集 - 森田清次
音楽 - 川村栄二
音響監督 - 左近允洋
主題歌 - 山根麻衣『Invisible Love』
音楽ディレクター - 鈴木清司
ミュージックプロデューサー - 熊田和生(コロムビアエデュテインメント)
医学監修 - 永井明
プロデューサー - 宇田川純男、久保田稔、秋葉千晴
アニメーション制作 - 手塚プロダクション
製作 - 手塚プロダクション、松竹
制作協力 - 秋田書店、コロムビアエデュテインメント











【注目キャラクター】



「0880-258-7101・・・・

 ご連絡お待ちしております、私の名は、ジョー・キャロル。

 ――――― 夢を一緒に掴みません?」




32_201508300204186ab.png


ジョー・キャロル・ブレーン
セント・ジョエル研究センターの主任ドクター。
世界的大製薬会社・ブレーン製薬会長の養女。












【レビュー】





「人間の能力には必ず限界があると誰しも思っていたはずです。


 だが、この戦士達の出現はこの考えを根底から揺さぶった。
 

 ひょっとして彼らは、
 21世紀に向けての人類の夢を象徴しているのではないだろうか。


 だとしたら、私は彼らを”超人類”と呼ぶしかないっ!!」






bj.png















                  


世界中で超人類ブームが起こっていた。

従来の人間では考えられない集中力でパワーを発揮する彼らは、オリンピックや芸術の分野で次々に驚異的な活躍を見せる。

ところが、実は彼らはある共通の病気に冒されていた。超人類と呼ばれる人達の入院管理をしているブレーン製薬のジョー・キャロル・ブレーンから、彼らの体に巣喰う病原菌の原因究明と手術を依頼されたブラック・ジャックは、その病原菌が脳下垂体の中に入り込んで、大量のエンドルフィンを分泌させていることを発見する。
(作品紹介より)

















■出崎統が描く【ブラック・ジャック】





本作は不朽の名作『ブラック・ジャック』の初劇場版作品として制作され、1996年に公開されました。


原作にはないオリジナルストーリーとなっており、出崎統監督も脚本として参加しています。


まさに【出崎演出】溢れる作品であり、【ブラック・ジャック】という看板を抱えながらも出崎監督の”色”が全面に押し出されている意欲的な作品だと思いました。


宮崎駿監督の『ルパン三世 カリオストロの城』や押井守監督の『ビューティフル・ドリーマー』と同じ系列に分類できるかもしれません。















■21世紀を生きる人類への問い





20世紀の人類は、21世紀を”輝ける未来”だと信じてきました。


しかし、世紀末になるにしたがい、それが”絶望の未来”になり得るという可能性を感じ始めました。


劇中登場する【超人類】は飽くなき欲望を持つ人類そのものの象徴であり、彼らのその後の顛末は、現実の人類に対して警鐘を鳴らすストーリーとなっています。


また、本作は来たるべき21世紀に対しての”恐れ”が広がりつつあった20世紀末の当時の世相がリアルに反映されています。


それはまるで今現在を生きている私達への過去からの問いかけであり、解決しなければならない”宿題”を突きつけられた思いです。


手塚治虫先生が描いた原作も当時の社会問題を取り上げ続けていましたが、本作においてもその信念は出崎監督に確かに受け継げられています。


単なる娯楽作品とは一線を画す、未来永劫人類の財産として残しておきたい作品の1つだと思います。















































よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2015/08/30 03:01 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
136位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
30位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード