とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  マンガ >  ベイビーステップ 35  ―――― このゲームが最期になるかもしれない

ベイビーステップ 35  ―――― このゲームが最期になるかもしれない

0 000
ベイビーステップ 35(講談社コミックス)
著者:勝木 光
発売元:講談社
発売日:2015/5/15











【注目キャラクター】



「ありがとう 丸尾君・・・・

 今のタクマがあるのは・・・・ きっと 君のおかげだ。」




Image-38.jpg


三浦 優作
何人ものプロを育てた経験を持つコーチ。池曰く「ブルドッグ似」。
栄一郎の動体視力の良さにいち早く気づき、栄一郎に「全てのボールに追いつき、それをコントロールできれば理論的には負けない」という「勝利の理論」を教える。
逞のプロ転向後は彼に付き添っている。












【レビュー】





  「遅すぎた挑戦だったから・・・・・

  いくら練習しても時間が足りなくて

  それでも できる限りのスケジュールで・・・・・

  ここまでかんばってきたよな・・・・・




  もし ここが俺の挑戦の最期になるなら

  ここまで これだけやってきて

  最期の最期であきらめるなんて・・・・・






0 072










        「もったいなさ過ぎるよな!!」





0 073














     


小学生のときから、成績はずっとオールA! 几帳面でマジメな“エーちゃん”は、高校進学を機に軽~い気持ちでテニススクールに通い始める。
そこで、ちょっぴりいい加減(!?)でも、テニスに懸ける情熱だけはマジメな美少女“ナツ”と出会い、テニスの魅力に取りつかれて人生激変!!



全日本選手権本戦2回戦、タクマの強烈なサーブ&ボレーを攻略できず、1セット目を落としたエーちゃん。しかし、2セット目に入ってからも速度を増していくタクマのサーブは、ついに時速240キロを超え、日本人最速記録を叩き出す!!

想像を超えたタクマの強さに、エーちゃん絶体絶命!
(作品紹介より)

















■”プロテニスプレーヤー”江川 逞、君臨ッ・・・・!! 





全日本選手権2回戦、エーちゃんはかつて同じクラブに所属していた現在プロのタクマと対戦します。


タクマの武器は、日本トップクラスのサーブ


試合では、そのサーブが序盤から大爆発。


まったく手が付けられないほどの強さをエーちゃんに見せつけます。






0 030





0 040





0 041











この日のタクマのスゴさはここから。


自己最高のスピードのサーブを繰り出し、その神懸かったプレーはエーちゃんに容赦なく絶望感を与えます。










0 053










0 054










0 055










0 057










既に1セット目を取られているエーちゃんにとっては、まさに崖っぷち。


ここを凌げなければ、そのまま試合終了です。





0 067






ここまでの展開を見れば、エーちゃんが勝つ見込みはまったくないと、誰しも思うことでしょう。


本当にこれで終わってしまうのか!?




















■今こそ、”再検討”のとき





絶望的な状況でも、エーちゃんはあきらめることをしません。


だって最初から無謀なことは分かっていたから。


高校からテニスを始めてプロを目指すなんて。


これまでの挑戦の日々、丸尾は限られた時間の中で、精一杯努力し続けました。


いくら負けても、次に勝つにはどうしたらいいか。


常に思考を止めることはありませんでした。





これまで積み上げてきたこと。


その全てをこの試合にぶつけることを決意した丸尾。


タクマほどの身長も、パワーも、サーブもないけれど。


それを補えるだけの“戦術の豊富さ”という武器をエーちゃんは持っています。





0 076





0 077





0 081





0 082










テニスが本当に面白いのは、”総合力のスポーツ”だということです。


何かひとつが秀でているだけでは有利にはなりますが、決定打にはならない。


”心” ”技” ”体”


全てでぶつかり合い、総合力の高い者が勝者となります。


エーちゃんはそのことを私達に証明してくれました。



















■追い求めた理想





ピンチが続く中、エーちゃんは今まで以上の成長を試合中にみせます。


そのプレーは、テニスを始めて頃に掲げた理想に限りなく近づいていきます。






0 117





0 118






0 119











そして、エーちゃんをずっと見守り続け、現在は恋人でもあるなっちゃんからのアドバイスも力を与えてくれます。










0 173










0 174










0 175










0 176










0 179











遂にゲーム数でタクマに並んだエーちゃん。


このセットを取って、ファイナルセットにつなげることができるのか!?


それともタクマがプロの意地を見せ、試合を終わらせてしまうのか!!??


次巻、クライマックスです。









































よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2015/07/20 01:25 ] マンガ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
137位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
33位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード