とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  Web小説 >  北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし

北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし

01.png
北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし
著者:江本マシメサ
URL:http://ncode.syosetu.com/n7855ck/(『小説家になろう』サイト内)












【レビュー】

 





    「一つだけ願いが」

   「はい?」

   「一年間、仮の夫婦でいて欲しい」

   「それは……?」

   「一年、共に生活をして、色々と気にならないのであれば、
    正式な妻として迎えて欲しいと考えている」

   「何故、そのようなことを?」

   「私も気持ちの整理がしたい。そちらにも必要だろう。
    それに、共同生活をしている中で見えてくることもある。

    嫌な所も、良い所も。

    それを知り尽くしてから、
    本当の夫婦となった方がいいとは思わないか?」


 
 
                      ――――第二話 『尋問と状況の説明』より抜粋









                  


陽気な名ばかり貴族と、元軍人の年上妻の仮契約で結ばれた夫婦の雪国暮らし。

身を切るような寒さの中で狩りをしたり、仕留めた獲物の解体作業をしたり、暖炉の火で料理をしたり。

毎日の生活は穏やかに過ぎていく。

そんな二人の日常を綴ったほのぼの恋愛物語。
(作品紹介より)













【俺TUEEEE】でも【悪役令嬢転生】でも【VRMMORPG】でもないけれど、
               




絶対に面白いWeb小説がここにはある!!!





ということで今回紹介する『北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし』


ちなみに↑上のイラストは、この度【なろうコン大賞】の金賞を受賞された際に寄せられたお祝いイラストを使用させていただきました。


イラストには主要キャラ2人が描かれているわけですが、最初に断っておくと、主人公の男が右側で、その妻である女性が左側なので。


決して逆ではないので!











北国の辺境の貴族・リツハルドは、難航している嫁探しのため、異国の舞踏会に参加していました。


そこに現れたのが、”紅蓮の鷲”の異名を持つ女軍人・ジークリンデ


ジークもちょうど軍を辞め、嫁ぎ先を探していました。


2人の思惑は一致し、まずは1年間の期限付きで仮の夫婦となる約束を交わします。










そして、リツハルドの所領である北の地での厳しい生活が始まります。


食料を得るために狩猟を行い、生活費を稼ぐために木彫りの置物作り、太陽がまったく昇らない極寒の冬。


でも、2人でいれば乗り越えられる。


ほのぼのと笑顔を絶やさないリツハルドと、屈強な肉体と冷静な判断力を持つジークリンデの対照的でありながらも、妙に馬が合う奇妙な関係が続いていきます。










日常生活、特に食生活に関する場面が丁寧に描かれており、本当にこんな場所がスウェーデンあたりにあるのではないのか、という”立体感””温もり”が感じられます。


このような日常描写と、2人は本当に結ばれるかというハラハラ感が絶妙なバランスを醸しだし、物語に深みをプラスしています。


書籍化も決定しているだけにその面白さは折り紙付き。


ぜひ未読の方はご一読を!















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2015/07/03 00:00 ] Web小説 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
28位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード