とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  アニメ >  【SHIROBAKO】の名シーンを語る① ―――― 22話『それは下着ですか?』より

【SHIROBAKO】の名シーンを語る① ―――― 22話『それは下着ですか?』より

url_20150613231132fe9.jpg












1_20150613231135d33.png















2_2015061323113678b.png



             「僕にも見せてくれる?」










3_20150613231133bc9.png















4_20150613231208b1f.png



             「何か・・・変ですか・・・。」










5_201506132312101d5.png



        「いや・・・、これは僕には描けないなぁ。」










6_20150613231210e70.png



      「安原さんにしか描けない絵だ。いいね。」










7_201506132312122bd.png


















この場面は、絵馬「アニメーターとして一生食っていく」という決意が明確になった、
”人生のターニング・ポイント”と言える重要なシーンです。


【作監補】という新たなステージに向けて意欲が高まっているときに、ベテランアニメーターである杉江に頼まれ、今描いていた原画を見せる絵麻。


原画を無言で見る杉江に絵麻は、こう言います。




「何か・・・変ですか・・・。」





この台詞を聞くと、心を鷲掴みにされるような切なさと健気さを感じます。


レジェンド級の大先輩である杉江に絵を見せるということは、アニメーターとしての自分を全て晒すことと同義です。


何か否定的ことを少しでも言われたら、もう立ち直れないぐらいのダメージです。


手札を全て見透かされている状態なのですから。


しかし、アニメーターとしての自信を持ち始めている絵麻は、その不安を乗り越えて杉江に自分の絵の評価を尋ねたのです。


なんて、いじらしい!!!










そこで更に素晴らしいのが、絵麻を演じている声優・佳村はるかさんの演技です。





a298c184c36122d88b37cd98716d62cc.jpg





もう不安9割:希望1割の絶妙な絞り出すような声色で、絵麻の心情を本当にうまく表現しています。


上で述べたように、絵麻にとってこの瞬間こそ今後のアニメーター人生を占う、緊迫の一瞬でした。


その一言をどう演じるかは、佳村さんも試行錯誤されたのだろうと推して然るべしと言ったところです。


私はこの台詞が全話通して一番重い台詞でもあり、秀逸な台詞でもあったと感じます。





















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2015/06/14 00:00 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード