とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  アニメ >  【旭プロダクション宮城白石スタジオ】が震災復興アニメーションを制作

【旭プロダクション宮城白石スタジオ】が震災復興アニメーションを制作

001-440x275.jpg








■イントロダクション
震災から4年が経過しました。
東日本大震災はすでに過去のできごとと思われてしまっているかもしれません。
しかし、被災地はまだまだ復興途上です。
この作品は、復興途上である現実を描き、また、これまでの復興支援に対する謝意の表明と記憶の風化を留めるためにつくられた短編アニメーションです。

■ストーリー
東京の医大に通い、東京で医師を目指す我妻淳と、港町に生まれ漁師になるのがあたりまえだと考えていた佐藤薫平。ある日突然、彼らの故郷を東日本大震災が襲う。
震災をきっかけに、淳は地元で医師となり地域に関わりたいと強く思う。薫平は海を嫌い、故郷を離れ、山間部で農業に出会う。
震災後の4年間をとおして、淳は被災地を走り回りたくましく成長し、薫平は農業に救われ、農業で自分にできる地元への貢献を見つける。
夢中で仕事に打ち込み、人と関わるふたりの姿は、被災地の希望のように輝く。

■キャスト
我妻淳:安室夏
佐藤薫平:島﨑信長
佐藤芳雄:山寺宏一

■スタッフ
監督/脚本/絵コンテ/演出:西澤晋
キャラクターデザイン・作画監督:橋本航平
美術監督:李書九(SAKO)
色彩設計:木村涼
撮影:老平英
音楽/音響監督:青木伸彦
アニメーション制作:旭プロダクション宮城白石スタジオ
企画/製作:宮城県震災復興・企画部 情報産業振興室













宮城県が出資し、白石市にあるアニメスタジオ【旭プロダクション宮城白石スタジオ】が短編アニメーションを制作し、この度公開となりました。





2_20150405201345cf3.jpg





タイトルは『今、ふたりの道』


震災を体験した少年少女二人のそれからの人生を描いた作品です。






hutari.jpg





Kai_you_14311_2.png






先月の3月11日より1ヶ月間、無料での公開がニコニコ動画にてされているので、まだ未視聴の方はぜひ見ていただければと思います。











ニコニコチャンネル内専用ページ















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2015/04/08 00:00 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
28位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード