とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  アニメ >  SHIROBAKO 23話 『続・ちゃぶ台返し』  ―――原作者を襲う”負”とは?

SHIROBAKO 23話 『続・ちゃぶ台返し』  ―――原作者を襲う”負”とは?

CAd5nXfVAAAd.jpg







SHIROBAKO 23話 『続・ちゃぶ台返し』。今回も素晴らしい話でした。


その中で気になったことがあったので、記事にしてみます。


劇中で『第三飛行少女隊』の原作者・野亀先生のセリフでこんなものがありました。





werrrrr.png



「アリア達と敵との戦いは、
  私と私を襲う”負”のメタファーなのです。」






この「原作者を襲う”負”」とは何なのでしょうか?


一般的に漫画家は自分が面白いと思う作品を描き、世の中に発信したいと思っています。


それを妨げるものということであれば、その周囲にいる人々全てが“負”になり得るのではないでしょうか。


出版社、編集者、読者


アニメ化などのメディアミックスを行っているのであれば、監督、アニメ制作会社、スポンサー、視聴者


これら上げた方々は、本来原作者の味方であるべき立場です。


しかし、実際の現場では、様々な思惑や経済的な事情により、原作者の意向が反映されないまま動いてしまう人々がいるだろうことは想像できます。










これらの関係者の中でも、劇中で特に際立って描写されていたのが、担当編集者・茶沢というキャラクターです。





9ed5053e.jpg





物語上では、原作者とアニメ制作会社のコミュニケーションがうまく取れていなかったのは、全て茶沢が話を止めていたからという顛末。


つまり、一連の騒動の原因は茶沢一人。話としては悪者をやっつけてめでたしめでたし。


あくまでフィクション的なご都合主義的な話だなぁと思っておりましたが、調べてみるとこれと酷似した実際の事例を発見しました。










topHd02.jpg



「しろくまカフェ」騒動


2012年4月5日から2013年3月28日までテレビアニメが放送された。

だが5月12日、ヒガがTwitterにてアニメ化に意見出来ない状況に対する不満の意と原作の無期限休載を発表した。

後にヒガは原作者と制作側との間で正式な契約のないまま企画がスタートしていたこと、知的財産管理の専門家作成による文書を送達してやっと開かれた話し合いの場において編集部側が全面的に非を認め謝罪を受けたこと、アニメ制作会社との間に入っていた編集がヒガの確認なしに進めていたことを明らかにした。(Wikipediaより)













また、マンガ家のピョコタンが某編集部の編集について、生放送中にボロクソ文句を言うという異例の行動を起こしました。











最初は、「何このキチガイ!?」と半信半疑で観ていたのですが、話を聴いていく内に「確かに言ってることに一理あるな」と妙に納得していました。そして、「今業界はこういう雰囲気なのか」と外から見るとはまったく違う生の声を聴くことができ、大変勉強になりました。










どんなヒット作でも新人だったり、能力が低い担当編集がつく場合もあると思います。


そして、1分1秒を争う壮絶な現場において、担当編集の裁量は実態として、一般人が思っているよりも広く与えられてしまっている状況が考えられます。


もちろん編集長や、他の先輩編集がチェックを入れられれば良いのですが。


これらの騒動に関しては周囲の人々がチェック機能が果たされていません。


もしかしたら、その余裕さえないという現場からの悲痛な叫びなのかもしれません。


まずはクリエイターの要望をできるだけ叶えてあげられる業界であってほしいと思います。


私も非クリエイターであるのでわかるのですが、”作品を創造できる”という人材は代え難い貴重な存在であり、この業界にとっての”核”でもあります。


そんなクリエイター達が最大限自由になれる業界にこそ、今後の発展や未来が訪れるのだと思います。


















【関連記事】

・SHIROBAKO 22話『ノアは下着です。』  ―――― それは、“人間交差点”。 [2015/03/19]
・SHIROBAKO 19話 人生を考えさせられる話いだだきました。 [2015/02/21]
・SHIROBAKO 18話が”約束された勝利の回”だった件 [2015/02/19]
・SHIROBAKO 17話 劇中アニメ『第三飛行少女隊』PVが本気過ぎる! [2015/02/07]
・SHIROBAKO 7話 「ネコでリテイク」 老兵(ロートル)のセリフにシビれる! [2014/11/23]















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2015/03/26 00:00 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
28位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード