FC2ブログ

記事一覧

BLOOD ALONE 6

gereeeeeeeee1.jpg
BLOOD ALONE 6(イブニングKC)
著者:高野 真之
販売元:アスキー・メディアワークス
発売日:2010-1-26



★項目評価★
ストーリー
★★★★★★★★☆☆ 8点
 
キャラクター
★★★★★★☆☆☆☆ 6点

総合
★★★★★★★☆☆☆ 7点



★注目キャラクター★

「そんなにされたら
 独り占めしたくなっちゃう」


サイノメ
 科学警察研究所の主任研究員。
 死体に触れることで死者の記憶を見ることができる。
 クロエとは学生時代からの知り合い(先輩)。
 年齢は29歳と○7か月(○は伏字)。



★レビュー★

「クロエ 貞操の危機?」


このシリーズは、”ミサキクロエ”という2人を中心として出来事が起こっていくという展開がお決まりなのだが、今回は、各キャラクターが個別に主人公となっている話が多かった気がする。

ミサキ” ”クロエ” ”サイノメ” ”ヒグレ” 

切り離されたそれぞれのキャラクターが、独自の”物語”を紡ぎだし、それを1冊にまとめたという印象だ。

つまり、BLOOD ALONEの短編集と言えるだろう。(いつもも1話完結の話が多いから、あまり見た目にはわからないが)



僕がその中で好きだった話は、ヒグレの血族である女性の話。

その人は、「吸血鬼は人を襲い、血を求める」という吸血鬼の”常識”を拒否し、永遠の眠りについてしまった。

ヒグレ


「先に行ってしまったのか・・・・」



というセリフはどこか哀愁が漂い、吸血鬼の儚さというものを強く感じた。

ヒグレは長い年月を生きてきた”古い世代”であるので、いろいろな出来事があったのだろう・・・・。

これからもヒグレメインの話を出してくれないのかなー??。



それ以外でも、サイノメの話も一押しだ。

もう読んでる最中ずっっっぅぅううっと


ニヤニヤが止まらない。



 BLOOD ALONE 7→



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター

買い物リスト


2019/7/12


2020/4/30

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
サブカル
145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
38位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード