とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  マンガ >  パラダイスレジデンス  ――――この寮でたくさんの”大好き”を見つけていく。

パラダイスレジデンス  ――――この寮でたくさんの”大好き”を見つけていく。

index_20150304124413beb.jpg2index
パラダイスレジデンス 0(アフタヌーンKC)
パラダイスレジデンス 1(アフタヌーンKC)
著者:藤島 康介
発売元:講談社
発売日:2015/2/23











【注目キャラクター】



「崖があったら登る。

 それが 小鳥遊初音 だよ!!」




img639.jpg


小鳥遊 初音
この物語の中心人物。
橘花(きっか)学園の生徒。食べることと寝ることにしか興味が無いと思わせる。納豆が苦手で、大好物はプリン。
愛車はCKデザインのミニバイク仔猿( Z31-A )。












【レビュー】





      「好きなもの、 カレー バイク 友達 桜の花 プリン。

      嫌いなもの、 納豆 宿題 あのプリン。」




     「じゃあ、ここは?」




     「ここ? ここは―――― 

     多分これから 好きになる。








img640.jpg














                  


橘花学園第一女子寮(通称・てっぺんさま)の寮生・小鳥遊初音は、朝起きられなかったり納豆が苦手だったり、三大欲求に征服欲を持ってたり、出会いを求めてはんぺんをくわえて登校したりする女の子。

プリンやカレーにも目がないようです。

今日も他の寮生を巻き込み、好きなものに囲まれ、彼女の騒がしい日常が始まります。
(作品紹介より)

















■藤島康介が描く”女子寮グラフィティ”





『ああっ女神さまっ』 の藤島先生の新作が発売されました。


今作の舞台は、女子校にあるオンボロ女子寮。


個性豊かな女子高生達の日常を覗き見できるドキワクな展開です。










ストーリー自体は目新しいものはなく、キャラクター達の毎日をコメデイタッチで描いているのみです。


しかし、各キャラクターが自然な形でしっかりと確立されているので、それだけで読めてしまいます。


『スタムダンク』の作者・井上先生が、


「キャラクターが魅力的なら、
   何気ない日常を描いてもちゃんと面白くなる」



という趣旨のことをおっしゃっていました。


本作はまさにこれを証明している作品だと思います。















■もうひとつの『パラダイスレジデンス』





コミックス化に先駆けて、講談社ラノベ文庫にて小説版が刊行されています。(続刊2巻)


マンガでは初音達が入学して3ヶ月後、7月から物語が始まっています。


小説版ではそれ以前、初音達が入学し、第一寮に入寮時からスタートしているため、初音と寿々花の出会いや親密になっている過程を知ることができます。


また基本的に各話完結のマンガよりも、1巻が長編としてまとまっています。そのため、キャラクターの掘り下げや、説明が丁寧にされています。


マンガ版・小説版同時に読み進めることでそれぞれが違った見え方もしますし、新たな発見もできると思います。


作品をより知ることができるツールとして、ぜひ小説版を読むこともオススメです。









































よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2015/03/06 00:00 ] マンガ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
28位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード