とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  アニメ >  劇場版 PSYCHO-PASS  ―――-正義<システム>の世界は進化する。

劇場版 PSYCHO-PASS  ―――-正義<システム>の世界は進化する。

poster2_20150115194558cec.jpg
劇場版 PSYCHO-PASS
総監督 - 本広克行
監督 - 塩谷直義
脚本 - 虚淵玄、深見真
キャラクター原案 - 天野明
キャラクターデザイン - 恩田尚之、浅野恭司、青木康浩
総作画監督 - 恩田尚之
色彩設計 - 上野詠美子
美術監督 - 草森秀一
3D監督 - 三村厚史
撮影監督 - 荒井栄児
編集 - 村上義典
音楽 - 菅野祐悟
音響監督 - 岩浪美和
アニメーション制作 - Production I.G
制作 - サイコパス製作委員会
配給 - 東宝映像事業部
公式HP:http://psycho-pass.com/











【注目キャラクター】



「どうする、監視官。

 俺を止めるか、見逃すか、どっちかだ!」



url_2015011603104139a.jpg

狡噛 慎也
本作1期の主人公の男性。1期における公安局刑事課一係の執行官。
冷徹かつ厳格でぶっきら棒だが、正義感と良識も持ち合わせている野性的な男。鍛錬された強靭な肉体と捜査への執念深さから、周囲に畏怖されている。また頭脳の面でも優れており、その勘の鋭さからいち早く事件の真相に気付く事が多い。












【レビュー】





  【シビュラ】 という檻の中で、飼い慣らされるか・・・・

  或いは、檻の外で ”弱肉強食” の法則に身を委ねるか・・・・」

   



trend_20141226154635-thumb-645xauto-58183.jpg










            


2116 年――日本政府は紛争国へ「シビュラシステム」と無人ロボット・ドローンの輸出を開始。世界にそのシステムの手を広げようとしていた。

内戦状態だった SEAUn(東南アジア連合/シーアン)は「シビュラシステム」を実験的に導入。管理下に置かれた水上都 市シャンバラフロートはつかの間の平穏と安全な生活を手に入れた。

だが、その SEAUn から日本へテロリストが送られる。「シビュラシステム」をかい潜り、中枢へ攻撃を仕掛けようとするテロリストたち。そこにはある男の影が落ちていた。刑事課一係の常守朱はシャンバラフロートの捜査へ旅立つ。

新たなる地にもたらされた正義の真実が明らかになる――。
(作品紹介より)












■【Production I.G】のサイコパスへの回帰





昨年末、大好評の内に最終回を迎えたテレビシリーズ2期から時を置かず、劇場版が公開されました。


本作を語る上で、制作会社がテレビシリーズ1期と同じ 【Production I.G】 ということが私の中で外せないポイントです。


その特徴は、【刑事モノ】という主題を踏みつつも、全体的に “インテリ” な雰囲気が漂っているということです。










キャラクターの掛け合いなどに他の文芸作品からの引用や専門用語を多く取り入れており、一度観ただけでは内容が分かりにくいような演出がされています。


敷居を少し上げられていますが、自分から情報を仕入れて調べるていくほど作品の面白さがどんどん増していきます。


誰にでも一目でわかる大衆演芸的なものとは一線を画し、“内輪ネタ” な要素を取り入れることで、オタク達の琴線に引っ掛かりやすくしているのではないでしょうか。










【Production I.G】の作品はこのあたりのサジ加減が絶妙です。


あまりコアにし過ぎても多くのファンがついてこない。


ライトにし過ぎると熱狂的なファンがつかない。


まさに髪一重のその差を、己のセンスを信じて作品を創っている現場の皆さんに最敬礼です!















■傭兵との戦闘シーン





劇場版ということで何が良いかというと、豊富な資金が使えるということです。


要するにキャラクター達を思う存分動かすことが可能になります!


それが最も顕著に出ているのが、傭兵達との戦闘シーンです。




o0800045013186142250.jpg










傭兵達は豊富な経験により洗練された身のこなしや、体の一部を機械化したことによる普通の兵士とはかけ離れた動きをします。


まさに 【動かす】 ために打って付けな設定となっています。


特に空中に飛ぶなど ”縦” の動きを入れることにより、普段の生活では絶対にお目にかかれない新鮮なビジュアルを観ることができます。


ぜひこの興奮のシーンは劇場のどデカイスクリーンで観ていただきたいと思います。












































【関連記事】

・PSYCHO-PASS2  ――――正義<システム>に、抗え。 [2014/12/21]
・PSYCHO-PASS [2013/04/21]




















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2015/01/20 02:30 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
28位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード