とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  マンガ >  レイチェル・ダイアル 2  ――――レトロフューチャーSF、大団円!

レイチェル・ダイアル 2  ――――レトロフューチャーSF、大団円!

index_20150111183615d7d.jpg
レイチェル・ダイアル 2 (ヤングジャンプコミックス)
著者:皿池 篤志
発売元:集英社
発売日:2014/8/20











【注目キャラクター】



「ドーリス重工はまだ終わってなどいない!

 今度は貴様らが消える番だ。」



img608.jpg

ハロルド・ドーリス
50年前の【代理戦争】時、その危険性の高さから他の国々に滅ぼされた企業国家【ドーリス重工】の会長。
実は月に逃れ生き延びており、地球への復讐を誓う。












【レビュー】





    「何よ何ナニ何なのアンタ達!!

    出る言葉出る言葉ネガティブな事ばっか!!

    何なのよもおおおお!!!!


    理想論こそ叶えるべきみらいよ!!

   




img609.jpg










                  


時は空想近未来。

生家を出て、自分のファクトリーを開いたレイチェル。
お供のアンドロイドであるアレックスとマックスには新たな受難…!?

大反響の新星・皿池篤志が描くレトロフューチャーSF、大団円。
(作品紹介より)












■まるで1本の映画のような





今巻をもって完結となります。


2巻という巻数は短いように思えますが、私は作品の出来にかなり満足しました。










主流の週刊連載のマンガは長期連載されるほど良いという風潮があります。


何年も1週間で1話マンガを書き続けるスタイルは、読者に臨場感と興奮を与え、まるでスポーツの試合を生で観戦しているようです。


これからストーリーはどうなるの?自分の好きなキャラはどうなるの?


いつもハラハラしっぱなしです。


そこが魅力でもありますが、同時に飽きるときは突然興味がなくなりときもある極端な場合が多いです。










一方本作は、余計な”延命措置”をせず、大事なことだけ伝え、ストーリーはコンパクトにするという正反対の美学があります。


決して足早というわけでなく、1話ごとに凝縮したテーマが盛り込まれており、その濃厚さはマンガを何十冊も読んだときのような充実感をもらえます。


まるで、劇場でじっくり良い映画を観たような錯覚を感じます。


あまり世間には分かりづらいのですが、2~3巻で終わる作品を好んで描かれるマンガ家もいらっしゃるということなので、今後はそういった ”隠れた名作” 達との出会いを探していきたいです。















■”絆”の物語





本作はロボットを中心としたSF作品みえますが、その本質は 『人と人との絆』 がテーマになっています。


最終話で主人公・ レイチェル がラスボス・ ハロルド に月に連れ去られてしまいます。


レイチェルを助けるために、これまで出会ってきた人々やロボットが強力して宇宙船を修理する場面が最も印象に残っています。




img611.jpg




1巻で登場したキャラクター達の10年後の姿を見ることができたり、かなりのカタルシス展開でした。




img610.jpg




そして、最後にはレイチェルのまっすぐで純粋な言葉がハロルドの心も動かし、事件は解決となるのです。










このような『人間とロボット』の関係を描いた作品は、実写・アニメ問わず多く制作されてきました。


個人的に特に思い出深いのは、アニメ 『イブの時間』 とハリウッド映画 『アンドリューNDR114』 ですね。




eve_2_1_201501151310236f8.jpg




url_20150115131022f20.jpg




どちらもハデなアクションや演出はないのですが、見終わった後に清々しい爽快感を感じる素晴らしい作品達です。


一時は『科学は人類を滅ぼす』というような【デズトピア】な世界を描く作品が多くなった時期もありましたが、科学は人類を幸せにするべきものですし、きっと未来は明るいものであるべきだと思います。


もっと明るくて夢があるSF作品が多くなってくることを願っています。










img612.jpg



































【関連記事】

・レイチェル・ダイアル 1 [2013/03/03]















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2015/01/15 13:25 ] マンガ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
25位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード