とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  マンガ >  あさひなぐ 13    巡る春。そして私は”先輩”になる―――

あさひなぐ 13    巡る春。そして私は”先輩”になる―――

index_20141107015009a23.jpg
あさひなぐ 13 (ビッグコミックス)
著者: こざき 亜衣
発売元:小学館
発売日:2014/10/30











【注目キャラクター】



「一応 5歳からやってます。」
  

img583.jpg

愛知 薙
二つ坂高校薙刀部の新入部員。
親が強豪校のコーチで自身も幼い頃から薙刀を始めた。
二つ坂を選んだのは自宅から通える範囲だったため。












【レビュー】





 「これぐらいの坂道、
 いつの間にか全然平気になっちゃったな。

 ―――私は忘れかけているのかな、あの時の気持ちを。」

   




img59g7










                  


こざき亜衣氏による青春武道コミックの最新集が登場!!

かつて、何も出来ず、ただ着いていくことに必死だった旭達も、二年生に。
リズム薙刀やアヒル歩き…
一年前の自分達のような後輩を前に、今度は「先輩」の難しさを知っていきます。

あまりにも純粋で、あまりにも無力な女子高生達の、圧倒的な美しさ。
作者自ら「こんな青春を送りたかった!」と語る、
その輝きをご堪能ください!
(作品紹介より)












■新年度、念願の新入部員





今巻で新年度に突入し、旭は2年生に進級します。


そして、部の存亡をかけた 【新歓】 の時期がやってきます。




img581.jpg




部活紹介のスピーチで旭がヘタこいてしまいましたが、なんとか3人の新入部員が入ることになりました。










愛知 薙(あいち なぎ)
img582.jpg




母親が強豪・藤岡高校の監督であり、自身も5才から薙刀を始めたサラブレットです。


経験者ということで技量には問題がありませんが、腹に一物持っているような怖さがあります。










等々力 香代子(トドロキ カヨコ)
img584.jpg




旭のスピーチに感銘を受け入部した薙刀初心者です。


いかつい名前と容姿、威勢のいい口調が特徴的ですが、胃腸が弱いという虚弱な一面を持ったよくわからないキャラクターです。










ダイクバラ ユイ(漢字不明)
img585.jpg




体も声も小さく、いても気づかれないぐらい存在がありません。


薙刀初心者であり、運動も苦手そうなのでその一挙手一投足にはハラハラして心配が止まりません。










一癖も二癖もある面々です。


でも、それは旭達も代も同じようなものだったと思います。


この新入部員達が困難をくぐり抜けて成長していく様が楽しみです。















■旭の恋に進展





旭と真春の弟・ 夏之 との関係も新たな展開をみせます。


夏之も薙刀をやっていましたが、真春の才能と自分を比べてしまい、競技から長らく遠ざかっていました。


しかし薙刀への情熱は失っておらず、旭のこれまでの頑張りに触発され、再度薙刀を始めることを決めます。


”気になる同級生”から ”同じ薙刀仲間” へ関係が変わります。




img590.jpg




これがきっかけとなり、2人の関係が進展すること間違いなし!


恋に部活に忙しい日々が始まります!!




img593.jpg





img594.jpg















■先輩として





今巻の見所は、”先輩” となった旭が後輩とどう向き合っていくかです。


3人の新入部員の中で、ダイクバラが飛び抜けて劣ってしまっています。




img586.jpg




そんなダイクバラに対して、旭は密かに苛立っていました。




img592.jpg

「私はあのコに、ちょっと、イライラしていました。」




旭も一年のころはダメダメで皆の足を引っ張ってばかりだったのに、今では大きく成長しました。


今の旭からすると、ダイクバラの姿は何もできなかった昔の自分を見ているように思えるのかもしれません。


逆を言うと、忘れかけていた薙刀を始めたばかりの頃の初心を思い出させる良いきっかけになりそうです。









一方の ”後輩” ダイクバラは、毎日の練習に一人だけついて行けず、旭達が奢ったラーメンも、”お供え物” 程度(将子談)しか食べられないほど少食です。




img587.jpg




img588.jpg




img589.jpg




運動部とは無縁そうな彼女がなぜ薙刀部に入部したのか。


私が今、最も気になっている点です。










他の2人とは違い、ダイクバラの入部した理由が作中では明かされてはいません。


しかし、入部届けを一生懸命書いたり、一心に先輩達の練習に見入ったり、その熱は尋常ならざるものを感じさせます。




img591.jpg




img598.jpg




何か ”内に秘めたるもの” を感じさせるダイクバラ。


旭がそれに気づき、導き、共に成長できる”先輩”になることができるのか。


次巻もまったくもって、目が離せません!!




img595.jpg


































【関連記事】

あさひなぐ 11  示すべきは、”願望”ではなく”意思”――― [2014/04/05]
あさひなぐ 10 ――私達はまた、たったひとつを奪い合おうとしています。 [2013/12/13]
あさひなぐ 9 [2013/08/06]
あさひなぐ 8 [2013/04/27]
















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2014/11/08 02:00 ] マンガ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
28位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード