とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  マンガ >  ドリフターズ 4  ――― 薩奸死すべしッ・・・・!

ドリフターズ 4  ――― 薩奸死すべしッ・・・・!

index_20141030114731aad.jpg
ドリフターズ 4(ヤングキング・コミックス)
著者: 平野 耕太
発売元:少年画報社
発売日:2014/10/27











【注目キャラクター】



「貴様らに 士道はないのだな」
  

img565.jpg

土方 歳三
日本幕末の新撰組副長。廃棄物となり黒王軍に加わっている。
外見は新撰組在籍時の隊服ではなく、箱館戦争時における洋装の軍服姿。普段は寡黙で口を開くことすら滅多にない。城門をも破壊する二刀流の剣技と、複数の新撰組隊士の幻影を用い周囲を斬り刻む能力を持つ。
薩摩と島津家を「薩奸」と呼んで嫌悪しており、豊久との初対決では感情を爆発させた。












【レビュー】





「各地の軍は任地で軍閥化し、
    独立割拠・群雄割拠するだろう。

―――だが 心配無用。

この俺 群雄割拠滅ぼすの得意中の得意。

以前ちょっと天下布武かじった事があるんで。

   




img579.jpg









                  


戦中に異世界に迷い込んだ島津豊久は、織田信長や那須与一と共に、漂流者として、サムライの誇りをかけた国盗りを開始! !

人間、エルフ、ドワーフを味方にして快進撃の中、豊久の前に立ちはだかる敵は……! ?

歴史上の英雄たちのアクションファンタジー! !
(作品紹介より)












■”国盗り(クーデター)”決戦





サンジェルミ伯の手引きにより、オルテ帝国の首都・ ヴェルリナ に潜入した豊久達ドリフターズ。




img562.jpg




一気に中枢を攻め、オルテを無傷で手に入れることが目的です。










しかし、そこに廃棄物(エンズ)の影が・・・・。




img563.jpg




”怪僧”ラスプーチン が既に潜入を果たし、エンズの軍勢を引き入れていたのです。


このラスプーチン、サンジェルミ伯と顔馴染みな様子。




img564.jpg

  「―――”サン・ジェルマン伯”

  考える事は似たような事だったかな

  あいかわらずバカみたいな格好して」





ラスプーチンの言動から、サンジェルミ伯はやはり サンジェルマン伯爵 だということが確定しました。




220px-Count_of_St_Germain.jpg




ただ実在のサンジェルマン伯爵も謎の多い人物でその詳細はあまり伝わってはいません。


彼がどのような経緯でこの世界に飛ばされ、どのようにオルテを建国・支えてきたのか。


彼とドリフターズをこの世界に送り込んだ紫との関係は。


なぜ何十年も歳を取らないのか。


数々の疑問と共に、これからのサンジェルミ伯の動向も楽しみにしていたいと思います。










オルテを賭けてのドリフターズとエンズの戦い。


ドリフ側はサンジェルミ伯領の精鋭500人の援軍を得て、軍勢を3手に分けます。




img580.jpg




すなわち――――


①信長率いるサンジェルミ伯精鋭・鉄砲衆


②豊久率いるドワーフ・歩卒


③与一率いるエルフ・弓衆



この3部隊により、侵攻してくるエンズ軍を迎え撃ちます。










ここで鍵を握るのが、鉄砲衆の活躍です。


この世界では【鉄砲】が存在せず、戦いにおいては剣と弓が主要な武器でした。


今回の戦いが世界初の大規模な ”銃撃戦” となるのです。


まさに信長が 【長篠の戦い】 で武田軍に対して行ったことの再現です。




img567.jpg




img568.jpg




img569.jpg




未知の攻撃にエンズ軍は大混乱に陥ります。


そこを逃さず弓衆が矢を畳み掛け、豊久率いるドワーフ歩兵が一気に突撃します。




img570.jpg




img571.jpg




全ての歯車がガッチリ噛み合ったこの戦法はエンズ軍を圧倒し、戦いを優位に運んでいくことに成功します。















■薩摩 VS 新選組 ――時代を超え相対す





そんな中、豊久の前に立ちはだかったのが新選組・ ”鬼の副長”土方歳三 です。




img572.jpg




新選組と言えば幕末に幕府陣営で活躍した組織として広く知られています。


そして新選組と敵対し、壊滅に追い込んだのが新政府軍であり、その中核は薩摩・長州の連合軍でした。


豊久の子孫である薩摩武士が土方にとっては仲間達の敵なのです。










そのため土方の薩摩に対する強い恨みを持ち、感情が溢れ出る場面が印象的でした。




img573.jpg

 「島津薩州の者というだけで、
    お前を斬る100万の理由に勝る。」








img574.jpg

 「薩奸死すべしッ・・・・!」







img575.jpg

 「しぃいぃ まぁあぁ ずぅうぅ」











彼のエンズとしての能力は 『複数の新撰組隊士の幻影を用い周囲を斬り刻む』




img576.jpg




その幻影はまるで恨みを残して戦死した新選組隊士の亡霊のようにも見えてきます。










この両者の対立は、ただ単に敵味方という立場の違い以外にもあるように思えます。


それは、豊久達戦国時代の ”侍” と、土方が生きた幕末の ”武士” との概念の違いです。


戦国時代は ”領地””死に場所” を求めた純粋な時代でした。


しかし、250年の太平の江戸時代になり、その存在は変質を見せます。


侍が武士という 【身分】 となり、封建社会における利権を一手に独占します。


その身分による特権・利益に皆が執着・固執し、思想はどんどん歪んでいったのではないのかと思います。


そんな時代で土方は理想の武士像と現実の狭間に悩みながら生きなければなりませんでした。


土方から見れば、自分の好きなように振舞っている豊久が心底羨ましい、嫉妬の対象に思えたのかもしれません。










2人の戦いは、エンズ軍がほぼ壊滅したことにより土方が戦線を離脱することで中断します。




img577.jpg




今回の戦いで2人の間にはかなりの因縁が生まれました。


前巻のジャンヌも同じことが言えますが、豊久は我知らず人の心をかき乱し、忘れさせないある意味での ”モテ” 要素を生来持っているように思えます。















■明智光秀、廃棄物(エンズ)にて参戦





前巻で行き倒れているところを源義経に発見された謎の武将。




img561.jpg




『桔梗紋』 が着物にあり、もしかしたらと思っていましたがその全貌が今巻で披露されます。




img578.jpg




―――― 明智 ”惟任” 光秀


信長に謀反し、死に追いやった ”逆賊” の代名詞的人物です。


エンズ陣営についた光秀の具体的な立場は不明ですが、恐らく 【軍師】 的な働きをすることが予想できます。


光秀の策略にオルテを手に入れたドリフターズがいかに対抗していくのか、これから物語は大きく流れていきます。


































【関連記事】

・ドリフターズ 3 [2013/03/20]
・ドリフターズ 1 [2010/07/11]















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2014/10/31 00:38 ] マンガ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
39位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード