とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  アニメ >  異世界の聖機師物語 第11話 「結界工房」

異世界の聖機師物語 第11話 「結界工房」

eps11screen.jpg
各話紹介(スカチャンHP内)

原作・総監修:梶島 正樹
監督:吉川 浩司
シリーズ構成:白根 秀樹
キャラクター原案:エナミ カツミ
アニメーション制作:ビースタック・AICスピリッツ


★項目評価★
ストーリー
★★★★★★★☆☆☆ 7点
 
キャラクター
★★★★★★★☆☆☆ 7点

総合
★★★★★★★☆☆☆ 7点


★注目キャラクター★

「つまり聖機神は、
 ”戦いのために開発されたものではない”
 ということだ。」


ナウア・フラン
 フラン姉妹の父。ワウの恩師に当たる。
 聖機神について何か知っているようで、前々から、
 聖機神が動いたときに備えていた。


★レビュー★

「君と一緒に行きたいんだけどね・・・・。
 向こうに帰らなきゃいけないの。」



結界工房にやって来た剣士一向。

その目的は、キャイヤの父・ナウワに聖機神、メザイヤについての意見を聞くためであった・・・。



今話は「これからクライマックスに向かいますよ~」という準備段階、通過地点としての話のように思う。

「ホップ・ステップ・ジャンプ」でいうと、「ポップ」の地点だ。

なので、内容的には他の話に比べ、面白さに欠ける印象がある。

セレス君の自爆騒ぎなどはあったが、インパクトとしては弱かった。(剣士ならなんなく切り抜けられると思ってたし。)



しかし、だからといって今話はなくてもいいというわけではない。

やっぱり状況を落ち着いて整理するところは必要だし、毎回ハラハラドキドキの展開では、観ている側も疲れるか、飽きてします。

シリーズでは、そういう”強弱”というものが必要なのだろう。



いい意味で”中弛みの回”だと言えるだろう。



そうは言っても、やっぱり波乱はあるわけで。

ついに、ネイザイの正体が明らかになった。

前話から登場したばかりのキャラだったので、あまり驚きはなかったが・・・・・。

ネイザイが結界工房から奪ったものはなんだったのか?

これから、「ネイザイユライト組」はどう動いていくのか?

それらのことが、これからのキー・ポイントになっていくのではないかと思う。



スポンサーサイト
[ 2010/01/25 00:00 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
25位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード