とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  アニメ >  今期視聴確定作品【2014年夏アニメ編】  ―― 今年も熱い夏になりそうだ。

今期視聴確定作品【2014年夏アニメ編】  ―― 今年も熱い夏になりそうだ。

fa7d3bb8.jpg




■今期が始まって約1ヶ月




2014年夏期が始まって早1ヶ月が経とうとしております。


今期も約50本の新作アニメが制作され放送されていますが、さすがに全てを網羅することはできません。


とりあえず気になった作品の1話を観ていき、視聴継続するかを確定させていきます。


そろそろ ”視聴確定作品” が出揃ってきたのですが、今期は久々に私的に豊作になりそうです。


やっぱり夏期はイイですね!


ですが、中盤以降で切ってしまうということも往々にしてこれまであったので、油断はできません。


この夏を最高の季節にできるよう、1つ1つの作品を大切に ”本気” になって視聴していきたいと思います。











■視聴確定作品




dcb704a9478f35b4af78c8a9af32c72c1397854027_full.jpg

『ソードアート・オンラインII』

昨今業界を席巻している ”Web小説発” アニメ作品の大ヒットを受けて制作されたテレビシリーズ第2期です。


それまでのファンタジー系のVRMMORPGから舞台を移し、初めて銃火器を武器とする 【ガンゲイル・オンライン】 に主人公・ キリト が潜入します。


ゲーム内から放たれた銃弾で現実のプレイヤーを殺害する正体不明キャラ
【デスガン】 の真相究明に迫るシリアスストーリーです。


新婚の 沢城みゆき が演じる新キャラの シノン の活躍や、キリト が扱う新武器 【光剣(フォトン・ソード)】 でのアクションが見所となっています。






















p4g607.jpg

『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』

大ヒットゲーム 『ペルソナ4』 より、2度目のテレビアニメ化作品です。


本作は、PSP版として発売された同名のゲームが原作となっています。


メインストーリー自体は、前作のテレビシリーズで映像化されているので、追加イベントシーンを中心に今回は作られています。


そのような性質の作品であるので、物語の進み方が ”二週目プレイ” です。


主人公・ 鳴神 が全て知っているがごとく、サクサクストーリーを進めていきます。


これはまさに一度クリアしたゲームを再度プレイするような、気持ちよさをアニメで体感することができる画期的な手法です。


さすがゲーム原作アニメを作らせたら定評がある 岸誠二監督 !!


アニメの新しい可能性を示してくれたなかなか憎らしい作品です。





















ばらか

『ばらかもん』

書道家の青年が離島に移り住むという ”日常系” アニメです。


見所は、島民が全員方言に話すということを忠実に再現している点です。


1・2話では何言ってるかわかりづらかったのですが、だんだんとヒアリング能力が発達してきて、今ではすぐに台詞が理解できるようになりました。


一度わかり始めると、これはクセになりますよ。


スルメですね、スルメ。





















24741685.jpeg

『月刊少女野崎くん』

今期一番の ”ダークホース” ですな。


気軽に観てみようと思ったら大怪我しました。


まったくもって嬉しい負傷です。


190cmの無口なイケメン同級生・ 野崎 が実は少女漫画家だったという意外な設定。


ヒロインの少女・ 千代 が美術部員の能力を活かし、ベタ塗りのアシスタントに。


他にも同じ学校に、背景担当や、効果担当のアシスタントが実はいた。


その他のアシスタント達の絶妙なキャラと、学校と野崎の仕事部屋という2つの舞台を使ったテンポの良いストーリー展開は、観る者に 【飽き】 というものをまったく感じさせません。


この作品はちょっと穏やかではないですね。






















hanayamata.png

『ハナヤマタ』

今期の 【萌え豚枠】 だと思います。


かわいい女の子がたくさん登場します。


作画のクオリティが今期最高レベルなのも注目点です。


また、背景美術が飛び抜けています。


1話を観たときに、「これは新海誠監督作品か!?」 と思った程、超美麗な景色が画面に広がっていました。


世間一般に馴染みがない 【よさこい】 をテーマにしているので、教養としての面を持つ、多面的な鉄壁の作品です。


前期の 『ご注文はうさぎですか?』 終了で発生した多くの難民の受け皿になりえる作品でもあると思っております。





















91dc0dbc922b611d4ff67bb603b9d50a.jpg

『さばげぶっ! 』

【サバイバルゲーム】 を題材としていますが、そこはギャグの 【ツール】 と化しています。


今期一番力を抜いて安心して観られる作品です。


基本劇中キャラは全てボケ担当です。


ツッコミはナレーションの 玄田哲章さん におまかせです。


玄田さん はハリウッド俳優 アーノルド・シュワルツェネッガー の声で知られている名優です。


あのシブイ声でのコミカルな台詞まわしがメッチャ笑える!!!





















urlくぁるど

『ALDNOAH.ZERO』

今期の ”覇権アニメ” です!(確定)


監督・ あおきえい 、脚本・ 虚淵玄 、音楽・ 梶浦由記 という 『Fate/Zero』 のチームが送り出してきたSFロボットアニメです。


毎回ラストにクライマックスを持ってきて、次週を待つ間のワクワク感が堪りません。


攻殻機動隊や、ガンダムSEED、コードギアス を追っていた頃を思い出させてくれました。


シリアス一直線のストーリーですが、所々笑えるツボが点在しているので、逆にそれが際立ってなんとも言えない魅力となっています。


この感じは、上で述べた 『コードギアス』 と同じ印象を受けますね。


ロボットアニメからは最近遠ざかっていたのですが、昨年の 『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』 以来、自分の中で盛り上がってきた感触があります。


























■積んでる作品




tokyoG_00.jpg

『東京喰種トーキョーグール』

原作もヒットしており、面白いことは間違いない作品。


アンパイなんで、寝かせておいて一気に観る予定です。

















934615l.jpg

『人生相談テレビアニメーション「人生」』

1話で切ってしまったんですが、ネットの感想を見ると以外と評価高そう。


もう少し様子を見て良さげだったら、また観てみるかも。

















tumblr_n92al31FKd1tvmqcgo1_500.jpg

『残響のテロル』

まったく手をつけていません。


予備知識まったくなしなんですが、雰囲気から 『PSYCHO-PASS』 みたいなもんかなと勝手に予想しています。


もし予想が的中しているのならば、観なければいけない作品だと思います。






















■前期からの継続作品




001_title.jpg

『ジョジョの奇妙な冒険
 スターダストクルセイダース』


ジョジョの中で最も人気が高い 『第3部』 のアニメ化作品です。


主人公一行がエジプトを目指してユーラシア大陸を横断するのですが、各国の紹介が以外と勉強になる。


やっぱり 承太郎 はカッコイイし、【スタンド】 の表現もよく練られています。


原作はほとんど読んだことがないのですが、入口として抵抗なく入っていける万人受けの作品だと思います。





















mahouka_09_cs1w1_902x1280.jpg

『魔法科高校の劣等生』

『ソードアート・オンライン』と同様、Web小説発のアニメ作品です。


特徴は、主人公が最初からハイ・スペック能力を持つ、【俺TUEEEE】 系の物語です。


あまりにご都合主義な展開に放送開始当初は、【アンチ】コメントが多数見られました。


しかし回を重ねるごとにそんなマイナスの評価は激減していきます。


【麻薬】のように観続けることで、徐々にその快楽に目覚めていき、染まり尽くされていったのです。


今や、動画のコメントは


「流石ですお兄様!」


で埋め尽くされています。


なんと恐ろしいことか・・・・。


でも、観ることをやめられない!





















urlはきゅう

『ハイキュー!!』

私の地元・宮城県が舞台になっています。


昔は強豪、今は落ち目の 『烏野高校バレー部』 に入学した主人公が、仲間と共に全国大会を目指します。


原作は 『週刊少年ジャンプ』 で連載中で、ドストレートな ”青春スポコン” です。


あまりに直球過ぎで、逆に新鮮に映ります。
























news_xlarge_babystep_anime.jpg

『Baby Steps』

NHKで現放送されている 【テニス】 を題材にした作品です。


主人公の 丸尾栄一郎 は学校一の秀才でした。


そんな彼が運動不足解消のために始めたテニスにどんどんハマリ込んでいき、遂にはプロを目指すまでになるという成長を描きます。


丸尾 が対戦相手を分析し、試合中に次々とノートを書いていく様が圧倒されます。


いつしかそのノートは 【丸尾ノート】 と呼ばれ、丸尾 自身も ”ノートの丸尾” として知られるようになります。


【テニス】というものを勉強に秀でている丸尾の目を通して見ることで、科学的に徹底的に解説し、とことんリアルに描くことに主眼が置かれています。


またこの放送期間中に同局で 『ウィンブルドン選手権』 の中継が行われてたことをみると、NHKもなかなかしたたかさがあるなと感心を覚えます。


























■番外編




main_img.jpg

『<物語>シリーズ セカンドシーズン 花物語』


5月から放送延期になっていた 『花物語』 が、来月16日よりいよいよ一挙放送されます。


時系列的には 達が卒業し、直江津高校に唯一残った 神原駿河 が怪異絡みの事件に遭遇し、解決に奮闘します。


原作を読んでいないので、お馴染みのメンバーが登場するのかしないのか、神原 の【猿の手】はどうなるのか、まったくわかりません。


まっさらな頭でじっくり楽しみたい作品ですね。

























よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2014/07/29 20:33 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
28位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード