とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  アニメ >  〈物語〉シリーズ セカンドシーズン ――青春を、すべて見るまで終われない。

〈物語〉シリーズ セカンドシーズン ――青春を、すべて見るまで終われない。

keyvisueal.jpg
〈物語〉シリーズ セカンドシーズン
原作:西尾維新
総監督:新房昭之
監督:板村智幸
シリーズ構成:東冨耶子、新房昭之
キャラクターデザイン:渡辺明夫
音楽:神前暁
アニメーション制作:シャフト
製作:アニプレックス、講談社、シャフト
放送期間:2013年7月 - 12月
話数:全26話
公式サイト:http://www.monogatari-series.com/2ndseason/








【注目キャラクター】



「片想いをずっと続けられたら……

  それは両想いよりも幸せだと思わない?」



1387034256980.jpg

千石 撫子
蛇に巻かれ、噛みつかれた女子中学生。
月火の小学生時代の友達。暦が卒業した中学に在籍。一人称は「撫子」、暦を「暦お兄ちゃん」と呼ぶ。
身長:153cm。誕生日:6月3日(双子座)。血液型はB型。
内気かつ臆病な性格で、一見すると謙虚で健気に見えるが、それは他人に対して完全な無関心であるが故の行動であり、誰も疑わないが信用もしない









【レビュー】





 「俺は金が好きだ。

  なぜかというと、金は全ての代わりになるからだ。


  物も買える。命も買える。人も買える。

  心も買える。幸せも買える。夢も買える。

 
  とても大切なもので、
  そしてその上で”掛け替えのないものではない”から好きだ。


  逆にいうとなぁ。

  俺は”掛け替えのないもの”が嫌いだ。


  これがなきゃ生きていけないとか、
  あれだけが生きる理由だとか、
  それこそは自分が生きる理由だとか、


  ――そういう”希少価値”に腹が立ってしかたがない。」
   




kaise.png




      

            


21世紀初頭の日本の田舎町を舞台とした、阿良々木暦(あららぎこよみ)と彼に出会った少女たちの、「怪異」に関わる不思議な物語。
(作品紹介より)









■アニメ【物語シリーズ】最新作




言わずもがな、稀代の天才ラノベ作家・ 西尾維新 の大ヒット作の最新テレビアニメシリーズです。


原作は大きく3分割にシリーズ分けて執筆されていますが、今作ではその 【セカンドシーズン】 部分の

『猫物語(白)』

『囮物語』

『鬼物語』

『傾物語』

『恋物語』


がアニメ化されています。




monogatari1.jpg
monogatari2.jpg




いまどき2クールという贅沢な期間を割かれているのも、 【物語シリーズ】 がいかに人気・実績を持ち合わせた作品であるかを物語っています。










■ようやく観ることできた『恋物語』




21話~最終話まで放送されていた 『恋物語』 ですが、実はやっと観ることできるようになったのは最近なのです。


別に視聴環境の問題ではなく、自分の心の問題としてでした。


その理由は登場キャラの一人、 貝木泥舟 の存在でした。




6e6df5f7a93211285045e89787edd2dc.png




貝木 は過去のシリーズで既出なのですが、ヒロイン・ 戦場ヶ原 と過去にかなり複雑な因縁を持っています。




2013128-a1-007.jpg




なので、 貝木 が登場するとどうしても ”寝取られ感” を感じてしまうのです。


心が狭いとか、子供だとか言われることはやむを得ないのですが、どうしても 貝木 を容認できない自分が心の中にいたのです。







こんな思考を変えるキッカケになったのは、去年から今年にかけて放送されていたアニメ 『キルラキル』 のおかげでした。


その中で 貝木 の声優を担当していた 三木眞一郎さん が、 『美木杉愛九郎』 という味方キャラを演じていらっしゃいました。




2013y11m04d_111047548.jpg




『キルラキル』を観続けた結果、 三木さん のかっこいい声に惚れ、それによって 貝木 嫌いを克服するに至りました。


アニメのトラウマはアニメで克服する 、これがオタクの理論です。











■ダーク・ヒーロー『貝木泥舟』




あれだけ嫌っていたのにいざ『恋物語』を観てしまったら、もう 貝木 の魅力にドハマりしてしまいました。


なんだかんだでやっぱり 忍野さん と旧知の仲ですし、 「人は騙すが、嘘はつかない」 というスタンスにも惹かれるものがあります。


価値観はかなり捻じ曲がってますが・・・・。







正義の味方である 阿良々木暦 に対する、 ”ダーク・ヒーロー” ”アンチ・ヒーロー” という正反対の立ち位置なのが、よくわかりました。


正反対といっても 【悪】で はなく、 【灰色の正義】 というところが一番しっくりくるかな。


スーパーマン に対する バットマン であり、上条当麻 に対する アクセラレータ と言い換えることもできますね。




bc1e360293f0c7f14f075ff139d1a085.jpg










■『花物語』今夏、放送!




【セカンドシリーズ】の最後のピースである 神原駿河 が主人公となる 『花物語』 ですが、今年の8月にアニメ全5話一挙放送することがアナウンスされています。




20140112_264377.jpg




今年もアツイ夏になりそうだ!
































【関連記事】

・ 猫物語(黒)(全4話) 知らぬまに、【落ちて】いるのが初恋だ [2013/07/19]
・偽物語(全11話) [2013/07/16]











よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2014/05/14 01:57 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
136位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
30位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード