FC2ブログ

記事一覧

日本人の死生観から見る【ループもの】作品ヒットの秘密

d45d84d8.jpg




【走馬灯】って見たことありますか?







私は幸いなことにまだ見るような機会にあったことはありません。










【走馬灯】 とは、多くの人がご存知の通り、臨死体験をしたときにそれまでの人生の場面が自分の周りをゆっくり回って見える現象のことです。


ちなみに【走馬灯】を辞書で引くと、 【回り灯籠】 と出てくるそうです。




走馬灯2





よくお葬式やお盆の時期に祭壇や仏壇の前に飾ってありますよね。


内と外の二重構造になってて、内だけ廻ってライトに照らされて回転した絵が映し出される、見ていてスゴク綺麗です。


確かに【走馬灯】という言葉から受けるイメージは、【回り灯籠】にかなり近い気がします。










そのことで最近発覚したことがあります。




「【走馬灯】という概念は、日本人しか通じない」




キッカケとなったのは、音楽家の 畑亜貴さん が配信しているネットラジオ
『弱り目に祟られろ!レディオ』 の第23祟目内の話題でした。









番組内では、【走馬灯】に類似する欧米の考え方(心理学用語)で、
【パノラマ視現象】 というものを紹介していました。


つまり欧米人は臨死体験した際、それまでの人生をパノラマ写真のようにながーい帯のような形で見るということです。




oanonara.jpg











この欧米と日本の相違は、アジア圏の仏教文化が影響していると言われています。


仏教では 【輪廻転生】 という、死んだとしても再び別な生命として生き返るを繰り返す 【輪】 の中にいると信じられています。




20080316052733.jpg




なので日本人には、 【無限の繰り返し】 という概念が心の奥底にインプットされており、自然と受け止められています。










さて、ここである考えが閃きました。




「日本で【ループもの】作品がヒットするのは、仏教の影響」




日本人は 【ループもの】 が大好きです。


特にアニメやマンガの中ではその要素が組み込まれた作品を多くみることができます。


古くは 手塚治虫 の名作 『火の鳥』


その後も 『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』 『魔法少女まどか☆マギカ』 『ひぐらしのなく頃に』 『STEINS;GATE』 『時をかける少女』 『涼宮ハルヒの憂鬱(エンドレス・エイト)』 と時代を超え綿々生み出され続け、いずれも一定の人気を得てきました。


最近では『進撃の巨人』の伏線として、【ループもの】ではないか、という仮説も有力視されています。




c9e990e2.jpg




それらの元ネタは仏教文化でした、なんてすごく興味深い話だと思います。


サブカルチャーと言われるものの中にも、日本人が先祖から受け継いできた文化と風習が息づいています。







そんな壮大な歴史ロマンに思いを馳せ、
             今日もアニメを観ています!











よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター

買い物リスト


2020/8/4


2020/9/4

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
サブカル
148位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
35位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード