とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  マンガ >  ONE PIECE 73  ――”D”はまた…必ず嵐を呼ぶ

ONE PIECE 73  ――”D”はまた…必ず嵐を呼ぶ

One-Piece-Manga-Volume-73.jpg
ONE PIECE 73(ジャンプコミックス)
著者:尾田 栄一郎
出版社:集英社
発売日:2014/3/4








【注目キャラクター】


「同じリングで男が拳を交わしたら

 もう”戦友”だべ!!

 おれァ腐ってもダチは見捨てねェ!!」



726

バルトロメオ
海賊団「バルトクラブ」船長。懸賞金1億5000万ベリー。
鼻ピアスや尖った歯といった異様な顔立ちが特徴の男。「最悪の世代」の1つ下の世代。数々の残虐な事件を起こしていることから、「イカれたルーキー」「今最も消えてほしい海賊No.1」などと称されている。残忍無比な性格で知られ、常に人を食ったような行動をとることから「人食いのバルトロメオ」の異名を持つ。世間からの評判は最悪だが、一度拳を合わせた者は戦友として助ける義理堅い一面もある。
超人系悪魔の実「バリバリの実」の能力者。一切の攻撃を通さないバリアを張ることができる「バリア人間」。









【レビュー】





    「この”悲劇の数”こそが

    今回の我々の『作戦』の

    大きな”鍵”を握っている!!!」
              
  



724








            

ローの思惑から外れ、事態は予期せぬ方向に動き出す。そんな中、明らかになるドレスローザの悲劇。それぞれの局面は全面戦争へと向かい、対決の時が近づいて…。 (作品紹介より)









■”受け継がれる意思”



今巻の終盤、ある2人が登場します。




729


 

一人は コアラ


過去に ”天竜人” の奴隷でしたが、フィッシャー・タイガー によって解放され、魚人海賊団に故郷の村まで一緒に航海した経験を持ちます。


フィッシャー は彼女を村に送ったときの隙をつかれ、海軍の罠にハマってしまうのですが…


今は革命軍の一員のようですが、その肩書きに涙が出ました。




「魚人空手師範代」




人間と魚人という異なる種族の間には、これまで暗い歴史が流れていました。


ルフィ 達がその壁に風穴を開けたのですが、それ以外にも希望は至るところで育ってる。


フィッシャー の意思は確実に生きているということを実感できました。







そして、もう一人は…




727

「――そんな事 昔から知ってる」




732




728




730

「――あいつの意思は おれ達で継いでいくんだ!!!」







…もうお分かりですよね!?


ルフィ のもう一人の兄弟、アイツです。


現在の姿は次巻に持ち越しのようですが、これはお楽しみにとっときましょう。










■第2の【アラバスタ編】



現在連載している 【ドレスローザ編】 ですが、それらを構成する ”キーワード”【アラバスタ編】 と似ている点に気がつきます。




「王家」




「国盗り」




「王下七武海」




「ぶっ飛ばす」





725







さぁ!ここから盛り上がりのピークまでストーリーは一直線です。


お膳立ては全て終わり、ルフィ 達の逆襲が始まります!


そして、【ドレスローザ編】が終わることにはまた一つ、熱い思い出が増えていることでしょう。





















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2014/03/11 13:23 ] マンガ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
127位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
32位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード