とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  マンガ >  信長のシェフ 8  ――織田の料理人を始末しろ!

信長のシェフ 8  ――織田の料理人を始末しろ!

516w4DV48cL_SL500_AA300_.jpg
信長のシェフ 8(芳文社コミックス)
原作:西村ミツル
漫画:梶川卓郎
出版社:芳文社
発売日:2013/10/16







【注目キャラクター】


「どのように近づこうとしても・・・・

 真似ても・・・・

 わしはただの父上の粗悪品となるのだ・・・・!」



kayra.jpg

武田 勝頼
信濃への領国拡大を行った信玄の庶子として生まれ、諏訪氏を継ぎ高遠城主となる。武田氏の正嫡である武田義信が廃嫡されると継嗣となり、元亀4年(1573年)には信玄の死により家督を相続する。(正史より)









【レビュー】





「あの男は

   神も仏も信じぬと言うのに

 誰よりも

   神と仏の寵愛を受けるのだ・・・・・!!」
               
  




meiin.jpg






            

比叡山の焼き討ちを知り、将軍・足利義昭は武田信玄に挙兵を促す。
一方、顕如は菓子職人・ようこに対し、信長に毒を盛るよう命じる。
その策略を知らず、信長は顕如との和睦の席に臨み…。
織田包囲網がケンと夏の運命を翻弄して行く!
(作品紹介より)









■ケン、”元カノ”に糾弾される!?



ケンと同じ平成から来たと思われる菓子職人・ようこ信長に毒を盛りました。



そのため、同じ料理人としてケンようこを非難します。



そしたら、ようこ逆ギレ





motokano.jpg





超弩級の”爆弾発言”を投下し、その場を走り去ってしまうのです。



しかもそこには”今カノ”(?)の夏さんも居合わせていて・・・・。



修羅場です。



でも、ようこってちょっと自意識過剰っぽいとこがありそうなんで、もしかしたらケンが記憶喪失なのをいいことを話を盛ってるって可能性も無きにしも非ずなような・・・・。










■ケン、『信玄のシェフ』に鞍替え!?



今巻より、いよいよ戦国最強の【武田騎馬軍】を率いる武田信玄信長討伐に乗り出しました。





sinngenn2.jpg





深慮深い信玄は、信長の快進撃が専属料理人であるケンの功績によるものだとズバリ推測。



家臣の秋山信友ケン暗殺命令を下します。







しかし、この時点で信玄の体は病魔にかなり侵されていました。



信玄を救うため、秋山は命令に背き、ケンに薬師として甲斐(信玄の本拠地)に来るよう頼むのです。





sinngenn.jpg





夏さんを人質に取られているケンはこの話を了承。



信玄の病を改善すべく、腕を振るうことになるのです。










■ケン、寝取られに合う!?



ケンの料理によって信玄の体調が徐々に良くなっていく中、信玄の嫡男・勝頼夏さんに急接近してきます。





netorare.jpg





勝頼は偉大なる父親と自分を比較され、コンプレックスを抱えていました。



でれだけ努力しようとも、所詮自分は父親の代わりにはなれないというジレンマを日々感じていたのでしょう。







そんなとき、女性でありながら鍛冶師として”自分だけの鋼”を追及する夏さんの姿に自分を重ねてしまいます。





netorare2.jpg





勝頼も戦国時代でいうと”いいとこの坊ちゃん”なんで、好きだと思ったら一直線。



ヘタに手に負えません。





neorae3.jpg





遂には、夏さんを自分専属の侍女にしてしまいます。



ケンの周りがドロッドロな関係になりつつありますね。










■歴史改変キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!



体調が回復しつつあるとはいえ、根本的に信玄の病を治すことはできません。



己の命が残り短いことを感じている信玄は、その中で【武田家】安泰のため、策を講じます。





rekisikai.jpg


「勝頼に家督を譲る。 皆に次代武田家当主と認めさせよ。」





reikiskai2.jpg


  「わしが亡き後、弱体化した織田家を仕留め

                 室町幕府を再興せよ






まさに老獪



自分が亡き後のことまで計算した”戦国最強”の名に相応しい計略です。







その話を聞いたケンは、ハタと気づきます。





rekisikai3.jpg


「もしかして、歴史が変わっているのか・・・・!?

     この俺がここにいることによって・・・・。」






今まで歴史どおりに流れてきた物語。



初めての歴史改変危機が訪れ、歴史マンガの醍醐味というか、俄然面白くなってきました!










■『信長協奏曲』との読み比べのススメ



私は、信長を題材とする別マンガ『信長協奏曲』も読んでいます。





h2_comic.jpg





『信長のシェフ』が現代の料理人が戦国時代にタイムスリップするという物語ですが、『信長協奏曲』は現代のゆるい男子高校生が戦国時代にタイムスリップし、信長と入れ替わってしまうという更にキテレツな設定です。



作風もまったく違う両作品ですが、面白いことに連載中の歴史の進みがかなり重なっています。



なので、両作品を読み比べると戦国時代の背景や、織田家の内部事情などかなり詳しくなります。







また『信長のシェフ』は、まさに【第六天魔王】そのものという”剛”信長を多く描き、『信長協奏曲』では、”楽市楽座””瀬戸物の奨励”など経済政策を推し進め、領民に愛される”柔”の信長を描いています。



こんなにも違う姿なのにも関わらず、どちらもやっぱり【織田信長】だと納得してしまう。



実在の信長がいかに多面的な底が深い人物だったかを感じることができると思います。
























【関連記事】

・信長のシェフ 3 [2012/06/16]
・信長協奏曲 9 浅井夫婦に永遠の別れが迫る―― [2013/08/14]
・信長協奏曲 8 [2013/02/17]











よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2013/10/19 18:00 ] マンガ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
146位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
34位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード