とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  アニメ >  だれかのまなざし  つり革をまるで”命綱”みたいに強く握って―――

だれかのまなざし  つり革をまるで”命綱”みたいに強く握って―――

img2[1]
だれかのまなざし
監督:新海誠
演出:新海誠
絵コンテ:新海誠
脚本:新海誠
作画監督・キャラクターデザイン:鈴木海帆
動画URL(youtube):http://www.youtube.com/watch?v=mpwoGkKQDik&feature=c4-overview&list=UUlhomgwfnSesI6omMX0Q42A








【レビュー】





「あなたたちが忘れてしまったことは、

 たくさんある。」
               
  




original.jpg






            

舞台は少し未来のプラウド――

就職を機に一人暮らしを始めた社会人2年生の岡村アヤ、通称「あーちゃん」。
お母さんは医師の仕事で海外に赴任し、今はお父さんと猫のミーさんだけでプラウドに住­んでいる。

お父さんはひとり暮らしを始めたあーちゃんをいつも気かけているが、二人の間には微妙­な距離が。
そしてあーちゃんが幼い頃にやってきた猫のミーさんは、今ではすっかり歳老いて...­。

ある日の夜、仕事で疲れた体をベッドに横たえ、目を閉じるあーちゃん。
三人で過ごした楽しい日々、お母さんが海外に行く寂しさ、そして慰めてくれたミーさん­の姿。――次々と過去の思い出が頭の中をかけめぐる。

そんな中、一本の電話が......。


あーちゃんと家族が織りなすストーリーを美しいアニメーションで表現したショートムー­ビー。

「時を超えても、家族の絆をより深く美しく包み込む」という、
未来に向けてのプラウドのメッセージを込めて、少し不思議で少し哀しくて、でもあたた­かい。そんな新たなるプラウドワールドをお届けします。

作品の監督は"心の距離"を丹念に描き続け、多くの方々の絶大なる支持を得て来た新海­誠氏。また、オリジナルテーマソングは"ずっと聴いてたい声"と称される京都のシンガ­ー「和紗(かずさ)」さんによるもの。声の出演は『うる星やつら』のラム役で有名な平­野文さんにご登場頂くなど、豪華キャストによるショートムービーです。
(作品紹介より)









■『言の葉の庭』と同時上映された新海誠監督作品、解禁!



元々、本作品は公開予定のものではなく、今年2月に開催された野村不動産グループによるイベント「プラウドボックス感謝祭」のために製作されたショートムービーでした。



それがファンからの強い要望により、新海誠監督最新作『言の葉の庭』と同時上映として公開されたのが、今年5月末のことです。





kotonoha_bg.jpg





もちろん、僕の劇場で拝見させていただきました!



そして今回、YouTubeのPROUDCHANNELにて全編が無料で公開することとなりました!



よっぉ!!野村さん、太っ腹!!!










■「未来」「家族の絆」をテーマに描かれた実験的作品



監督いわく、「大きなテーマを、どのように短い時間で娯楽アニメーションの枠組みの中で語るかに腐心しました」とのこと。



作品の舞台は現代よりもちょっと先の未来。



主人公のあーちゃんは、お父さんがいる実家を出て一人暮らしをしている2年目の社会人。



でも、なかなか毎日がうまくいかず、苦しい日々を送っています。





dnsya.png





kagi.png





heya.png





昔は、あんなに家族が一つだったのに、あーちゃんが成長するにつれ、お父さんとの関係は疎遠になっていきました。



お父さんは娘の成長を喜んでいるが、やっぱり寂しそう。



そんな二人の関係を修復するために手を差し伸べたのは、もう一人の家族でした・・・・・。










■新海誠作品にハズレなし!珠玉の”6分40秒”をみんなで見よう!!



”家族の絆の再生”をこんな短時間に詰め込んで、煮込んで、凝縮したらこうなりました!ってなもんですよ!



特に思春期を経験した女性や、逆に娘を持つ父親には、痛いほど伝わるものがあると思います。



特に後半の、お互いに相手を思いやっているので、気持ちを伝えられずすれ違う描写は切な過ぎます。







「お父さんが、
 あーちゃんを守らなきゃって誓ったあの日、

 あーちゃんはこう決心したの。

 『わたしがお父さんを守らなきゃ』って。」




kouhan1.png








「友達と親の悪口で盛り上がっちゃった日の夜、

 罪悪感で、初めてお父さんに夕飯を作ってあげた。」




kouhan2.png







「あなたの一人暮らしの最初の夜、

 お互いに寂しさに、少しだけ泣いたこと。」




kouhan3.png

kouhan4.png







「仕事で近くの駅にいると娘を誘ったとき、

 本当はお父さんは、豪華なお弁当を2つ買って、

 アパートのそばから電話していたこと。」




kouhann5.png







お互いを思いやる姿の素晴らしさを僕たちに思い出させてくれる時間は短いが、掘れば掘るほど深い作品だと感じました。










だれかのまなざし














【関連記事】
・聖地巡礼【言の葉の庭】 [2013/07/27]
・言の葉の庭 [2013/07/01]











よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2013/09/20 01:42 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
133位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
35位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード