とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  アニメ >  攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain

攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain

「攻殻ARISE」シリーズビジュアル_cs1e1_x1000

攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain
原作:士郎正宗
総監督、キャラクターデザイン:黄瀬和哉
シリーズ構成、脚本:冲方丁
音楽:コーネリアス
メカニックデザイン:柳瀬敬之
美術:Banboo
アニメーション制作:Production I.G
公式サイト:http://kokaku-a.com/





★注目キャラクター★


「私には”肉体の記憶”そのものがない」
 

tereeepg.jpg

草薙 素子 
元陸軍501機関所属の完全義体のサイボーグ。生まれたときから生身の肉体を持ったことがない。その操作技術は他のサイボーグを凌駕し、ハッカースキルも超ウィザード級とされ、14歳にして軍部のデータを書き換えたと言われている。恩人であるマムロ中佐が生前書き残しておいた推薦状により501機関より独立。軍を対象としたフリーのコンサルトとしての活動をはじめる。現在、自身の指揮下で動く有能な隊員を捜しており、荒巻からの公安9課への異動の誘いは断っている。







★レビュー★



「本気で独立するなら、己の部隊を持つがいい。

 保身と自衛のためではない、
            ”攻性”の部隊たるよう願う。」
  





0b6acfe7-s.jpg




      

2027年、第四次非核大戦終戦から一年、戦禍の爪痕癒えぬニューポートシティで自走地雷を使った爆殺事件と、兵器売買における収賄容疑の掛った軍人が銃殺される事件があった。

雨烟る中、その軍人の電脳を求め墓地を暴く公安の荒巻大輔。
そしてその背中に冷たい銃口を向けたのは、殺された上官の容疑を晴らそうと動く陸軍義体化部隊『501機関』に所属する超ウィザード級ハッカーにして全身義体のサイボーグ、草薙素子だった。

だがこの事件を追いかけているのは草薙だけではなかった。
彼女を爆殺事件の犯人と疑い付け狙う『眠らない眼』を持つ男、バトー。
銃殺事件と娼婦殺人事件の共通項を捜査する新浜県警の刑事トグサ。
そして『501機関』のクルツ中佐とサイボーグエージェントたちが草薙の動向を注視していた。

彼らが追い求めるものは、目の前の「事実」と失われた「真実」とが交錯する電脳社会の混沌に身を潜める。自身の未来と掲げた理想のために草薙の本能が今、起動(アライズ)する。
(作品紹介より)








まず冒頭の新浜市の全景が出るカット。



この景色に懐かしささえ覚えてしまいました。





reregerere.png



「新浜よ 私は帰ってきた!!!」







時系列としては、A.D.2027。
まだ、少佐が軍に所属し、公安9課がまだ結成されていない時代。



これがこの話の冒頭の状態です。



今回の『ARISE』は劇場版4話構成となっており、いかにして少佐が犯罪に対し常に攻性の精鋭実力部隊【攻殻機動隊】を作り上げていったのかを描く作品になっているようです。



なので、メンバーの皆さんが若い!



荒巻さんなんか、自走式爆弾アンドロイドの攻撃を自分の銃で防御するというハッスルを見ることができます。
動ける新巻、カッコイイです。







一番心配していたのが、キャストが一新されたことでした。



特に前作までの少佐役の田中敦子さんに対する僕の想いが強かっただけに、今回、坂本真綾さんに代わったことで自分の中の少佐像が崩れてしまうのではないかという、懸念がかなりありました。





009.jpg





でも、それはまったくの杞憂でした。



真綾さんは元々劇場版1作目の『GHOST IN THE SHELL』から参加していた、攻殻全体で見ると古参の出演者です。



だからでしょうか。
確かに声の質や言動には若さが溢れているのですが、田中敦子さん少佐が出していた雰囲気や言い回しをはっきりと感じることができました。



これは、真綾さん少佐という人物をいかに大事にして、イメージを壊さないように自分の中に作り上げた研鑽の賜物です。
感動しました!!



やっぱり少佐は少佐でした!!!







この話のタイトルである『Ghost Pain』



劇中では、義体化をした部分において脳が昔の肉体の記憶を忘れられないことで痛みが出る【幻の痛み】と表現しています。



劇中で少佐はこの痛みを時折感じるのですが、設定上本来はありえないことです。



今回の設定では、少佐は母親の子宮にいたときに事故に巻き込まれ、生まれる前に義体化をしたことになっています。
つまり、少佐には肉体を持っていたという記憶がないはずなのです。



ではなぜ、痛みを感じるのか。



これが今回の事件の真相への最大の手がかりとなるのです。







hqdefault_20130623210048.jpg







この話ではテーマ上、少佐の内面の描写が多くアクションが若干少なかったように思えます。



2話以降、サイトー、イシカワ、ボーマと登場してくるので、少佐の指揮により各隊員のコンピネーションや、派手な戦闘シーンを期待したいと思います。
















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

スポンサーサイト
[ 2013/06/23 21:49 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
29位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード