FC2ブログ

記事一覧

【お薦め作品・一部抜粋編】辺境の老騎士

i73999.jpg



辺境の老騎士
著者:支援BIS
URL:http://ncode.syosetu.com/n5011bc/(『小説家になろう』サイト内)

   

        


大陸東部辺境のテルシア家に長年仕えた一人の騎士。老いて衰え、この世を去る日も遠くないと悟った彼は、主家に引退を願い出、財産を返上して旅に出た。珍しい風景と食べ物を味わう気ままな一人旅に。彼は知らない。それが世界中で語り継がれることになる冒険譚の幕開けとなることを。(作品紹介より)




 



(『第2章 新生の森 第4話 カーズ・ローエン』より抜粋)





”人民の騎士”バルド・ローエンは、”赤鴉<ロロ・スピア>”と呼ばれた流れ騎士、ヴェン・ウリルを自身の養子とすることとした。命の喜びが感じられないヴェンに生きてほしという願いを込めて・・・・。
更に、新しい名前【カーズ・ローエン】を与え、騎士の宣誓へと導いた――――







長い長い逡巡の時を、バルドはただ静かに待った。
 やがて宣誓者は、しぼり出すような声で、


「俺の忠誠は、奪われたる者たちに捧げる」


 と、答えた。
 そしてさらに、これまでのヴェン・ウリルとはまったく違う、抑えきれない激情をほとばしらせた声で続けた。


「ゆえなくして大切なものを奪われた者たちに、
 故郷を、家族を、自分自身をはぎ取られてしまった者たちに、
 望まぬ生き方を強(し)いられた者たちに、
 俺の心は向けられる。
 踏みにじられ、押さえつけられ、ゆがめられた者たちのために、俺は剣を取る。
 わが忠誠は、奪われたる者たちに捧ぐ」


 とおのが祈誓を宣(の)り上げた。
 バルドはうなずいて、よきかな、と肯(うべな)ったあと、最後の誓いを求めた。


  されば、そが誓約を果たすに、なんじはいかなる徳目をもってなすや。


 これに対しては、すぐに、


「無知をもってなす」


 という答えがあった。
 十三徳目といわれるものの中にも、バルドの知る限りの前例の中にも、無知という徳目はない。


「俺は、自分が明日どうなるか知らぬ。
 国が明日どうなるか知らぬ。
 今日正しかったことが明日も正しいかどうか知らぬ。
 物事の結末を正しく言い当てるすべを持たぬ。
 そのように無知である俺は、誰の意見も願いも笑わぬ。
 誰かを愚かだと思い、何かを間違いだと思うことをせぬ。
 俺は無知であることを唯一の徳として、おのが誓約を果たす」


  よきかな。
  風神ソーシエラよ。
  神々よ。
  大いなる命よ。
  今ここに新たなる騎士カーズ・ローエンが生まれた。
  その誓約を証(あか)し、祝福せよ。


 宣言してから、バルドは、右肩を五度、左肩を七度たたき、剣を鞘に収めた。
 カーズを立たせる前に、もう一度右手をカーズの頭に当てて、宣言した。


  騎士カーズ・ローエン。
  誓約の導き手として、なんじに命ずる。


「承ります」


 と祈誓したカーズ・ローエンに、バルドはただひと言をもって命じた。


  心のままに生きよ。


 そう言い終えてから、カーズを立たせ、両肩に手を置いて、


  これでなんじは騎士となった。


 と告げた。











何のために剣を振るうのか、その答えを自ら出し生まれ変わったカーズ・ローエン



彼の今後の人生に幸多からんことを祈って。







よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター

買い物リスト


2019/7/12


2020/4/30

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
サブカル
145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
38位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード