とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  Web小説 >  この危うい関係

この危うい関係

im53310.jpg
この危うい関係
著者:素子
URL:http://ncode.syosetu.com/n9980ba/(『小説家になろう』サイト内)




★注目キャラクター★


「敗走で浮き足立っているか。
  沼沢地の最奥に誘い込め。

 ――ここで、終わらせるぞ。」


クラーク・ベケット・ウォーレン 
ハースト王国のウェンブル伯爵。四十を越えてその体躯、技量、戦術に加えて老練な経験から勝利を呼び込む男として近隣では有名であり、ハースト騎士団の団長を務める。
顔の傷と、山賊かと見まがう人相の悪さから”戦場の悪鬼”と呼ばれる。実際に先祖は山賊であり、討伐に来た当時のハーストの国王に臣従することで、元々の根城だった土地を領地として認められた。






★レビュー★



「戦に勝った国の伯爵と
 負けた国の王妃の話。

 息子達は父の侯爵位と母の侯爵位を継ぎ、
 娘達は請われて縁づいた。

 今もこの地方に残る『嫁担ぎ競争』は
 観光の目玉の一つであり、
 山賊の子孫は配偶者を抱き上げて塔を上る
 『仕来り』にご先祖を恨む。


 ――ひときわ目を引く肖像画の、
        二人が織りなした、話。」
  




      

戦に勝った国のおっさんの伯爵と負けた国の王妃の話。(作品紹介より)








この物語が最新長編作である作者素子(そし)さん



僕が大ファンなWeb小説家の一人です。



活動報告を書かれないので人となりがなかなか見えにくいのですが、この文章からするとおそらく女性であると推測できます。
また、一人一人の感想に、感謝の気持ちを込めた丁寧なコメントをしていることから、作品同様素敵な方なのが伝わってきます。





そんな彼女の作風は、一言でいうと”おとぎ話”です。



物語の多くが中世のヨーロッパ風の国々が舞台であり、騎士、お姫様、魔法など比較的オーソドックスな要素で構成されています。
文章の印象からファンタジー小説というよりは、昔話や英雄譚といった感じを受けますね。



そして、『恋愛』をテーマにしています。



それも、成就が難しそうな組み合わせばかりが目に付きます。



この作品もそうですね。



主人公は、40歳を超えて未だ独身の”戦場の悪鬼”として恐れられるハースト国の伯爵クラーク



相手は、クラークにより夫である国王を殺された敗戦国カデルの王妃エリザベス



この二人がいかに惹かれあい、結ばれるのか最後までハラハラしながら読了しました。



いろいろな陰謀やハードルはあるけれど、やっぱり愛は偉大ですね。





ちなみに個人的な感想なんですが、2007年に電撃文庫からデビューされた作家・紅玉いづきさんの作風にかなり近いと感じます。



彼女の作品が好きな方なら、素子さんの作品も気に入ると断言できますね。





素子さんには、これからも素敵な作品達を生み出してくれることを節に願い、陰ながら応援していきたいと思います。







よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

スポンサーサイト
[ 2013/04/15 00:17 ] Web小説 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
28位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード