とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  マンガ >  修羅の門異伝 ふでかげ 4

修羅の門異伝 ふでかげ 4

51oPiiAA300.jpg
修羅の門異伝 ふでかげ 4(講談社コミックス月刊マガジン)
原作:川原 正敏
漫画:飛永 宏之
販売元:講談社
発売日:2013/1/17



★注目キャラクター★

「神様はもう笑わん

 じゃから・・・
 もう笑わそうとは思わん
 俺は勝手に自分で笑う」


a8f63fb7688622a81cea89a3c88c47ed.jpg

小早川 拳将 
本作の主人公。『修羅の門』に登場した神武館ブラジル支部長である徳光将の甥っ子。両親とともにブラジルで生活していたが、「国立」に行くというサッカーの師であるさつかの父との約束のために帰国し、広島に帰ってきた。





★レビュー★


   「思いっきり 歯見せろ・・・ふでかげ
       向こうが笑わん分だけ余計に笑え」

                


天皇杯を勝ち進み、国立を目指す!途方も無い目標を掲げ作られた、草サッカーチーム・三原FCふでかげ。陶秀明を監督に元三葉のDF、浮城学園の生徒たちが加わり、始動した。高橋、田中を獲得、さらに陶が現役復帰し11人揃ったふでかげは、県予選へ参戦する。僅かな試合数でチームを強くする‥そのために陶はリスキーな戦術を取る。サッカーの神様にケンカを売るような戦いで、勝ち進めるのか?(作品紹介より)





ついに草サッカーチーム『三原FCふでかげ』が天皇杯の地区予選決勝に駒を進め、当初からの宿敵である浮城学園サッカー部との試合が開始されました。



2つのチームは対極的な特徴をそれぞれ持っています。



三原FCふでかげは、サッカーを楽しみ笑いながらプレーするサッカー。浮城学園サッカー部は、スパルタ監督の絶対の指示の下、冷静に常に最善のプレーをするサッカー。



現実に試合をした場合勝つのは後者なような気がしますが、心情的には前者を理想的で目指すべきスタイルだと思いたいです。



だから、三原FCふでかげ・・・・

   そんなチームやっちまってくれよ!




修羅の門異伝 ふでかげ(4) (講談社コミックス月刊マガジン)修羅の門異伝 ふでかげ(4) (講談社コミックス月刊マガジン)
(2013/01/17)
飛永 宏之

商品詳細を見る





よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

スポンサーサイト
[ 2013/01/19 21:47 ] マンガ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
118位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
27位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード