とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  アニメ >  じょしらく

じょしらく

a7f8d8f23487219662bdb000acd183a0.jpg

じょしらく
原作:久米田康治、ヤス
監督:水島努
シリーズ構成:横手美智子
キャラクターデザイン:田中将賀
音楽:横山克
アニメーション制作:J.C.STAFF
製作:女子落語協会、MBS
放送局:MBS、TBS他
放送期間:2012年7月5日 - 同年9月27日
話数:全13話
公式サイト(StarChild内):http://www.starchild.co.jp/special/joshiraku/



★注目キャラクター★

「つまんねー事聞くなよ!」

20120713191411.jpg

蕪羅亭魔梨威 
女子落語家。羽織の着用を許されている。周囲からは「マリーさん」と呼ばれている。
主人公の立ち位置にいる[9]が、久米田曰く、主人公は手寅である。
髪型は赤髪のロングヘアーで後ろ髪の先をリボンで結び、アホ毛が前髪に倒れており、高座名の由来、髪の色、瞳の色、羽織の色と、イメージカラーは赤で一貫している。





★レビュー★


「このアニメは
 女の子のかわいさをお楽しみ頂くため、
 邪魔にならない程度の差し障りのない会話を
               お楽しみ頂く番組です。」

                


『さよなら絶望先生』の久米田康治と『とらドラ』のヤスがタッグを組んだガールズ落語漫画をアニメ化した本作。寄席の楽屋を舞台に、5人の女性落語家たちの日常を描く。(作品紹介より)





今更ながら『じょしらく』の感想。



いわゆる”久米田節”と呼ばれる世の中を皮肉った笑いが存分に散りばめられていました。



最近のアニメやバラメティは目先の笑いだけを狙った浅いものが世の中に多くなっていると思います。もう少し社会を風刺するような笑いがほしい今日この頃です。いろいろ規制やら著作権やらで雁字搦めになっている昨今の業界ですが、もう少し自由で、視聴者を唸らせるものが必要とされているのではないのでしょうか。



その中で本作は作品テーマが落語であるように、一言でいうと”粋”ですね。



時事ネタを盛り込み、皮肉り、笑えに変えて社会に伝える。世の中に溢れている”funny(おかしい、滑稽な)”な笑いではなく、
”interesting(興味深い)”な笑いがそこにはありました。



また、各回ごとに都内の地域や町を紹介するパートが盛り込まれており、近年アニメでの町おこしが注目されている時勢の流れも取り入れた作品となっています。



話数もこの形式のものとしては丁度いい1クール構成で、各話が丁寧作られているという製作者側の愛が伝わってくるようです。



2012年のアニメでは、自分の中で1、2を争う好きな作品です。



じょしらく 1(期間限定版) [Blu-ray]じょしらく 1(期間限定版) [Blu-ray]
(2012/09/26)
佐倉綾音、山本希望 他

商品詳細を見る





よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

スポンサーサイト
[ 2012/12/31 13:30 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
116位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
26位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード