とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  マンガ >  ああっ女神さまっ 45

ああっ女神さまっ 45

51yZYkHYNVL__SL500_AA300_.jpg
ああっ女神さまっ 45(アフタヌーンKC)
著者:藤島 康介
販売元:講談社
発売日:2012/11/22



★注目キャラクター★

「喧嘩はいつだって購入いたしますよ」

img0ffffddwfr01.jpg

アンザス 
女神集合体代表取締役。ベルダンディー・スクルドの実の母親。
”真実のキス”を実行したベルダンディーと螢一の異種族恋愛審問のため、魔界へ降臨した。





★レビュー★


   「何より大事なのは
      自分自身を信じることなのだがな」

                


ヒルドを助けるため、魔界へ旅立った3女神と螢一。無事 、ヒルドは大魔界長の地位を取り戻すが、魔界での戦いの最中、ベルダンディーと螢一が交わした“真実のキス”がふたりの運命を狂わせていく。(作品紹介より)





今巻で衝撃の事実が判明しました。



螢一ベルダンディーに出会ってから欲情したことがなく、それは契約の段階で螢一の心が操作されていたことが原因でした。理由は、人間と女神が結ばれないように。過去に何度も異種族間での恋愛には悲劇があったようです。



そのような悲劇を起こさないよう、異種族間での恋愛にはお互いの資質を見るための”裁きの門”に入り試験に合格しなけらばなりません。しかし、話を聞く限り試験に合格した者は今まで皆無のようです。かく言う、大魔界長ヒルド3女神の父親(神属)との恋愛も試験に合格することができなく、別れさせられた経緯があったみたいです。



その審問官として派遣されたのが、ベルダンディー・スクルドの母親アンザスでした。その力は強大で、ヒルドと互角の勝負ができるぐらいです。容姿的にはスクルドに似てますね。ベルダンディーとはあんまり似てないかな。



螢一も作中で思っていますが、アンザスの力の行使が魔属とそれほど変わりがなかったり、人間の心を知らない内に操作されていたりと、神属も結構俗物的ですよね。神属=正義、魔属=悪という単純な図式ではないのかもしれないですね。



さて、次巻で”裁きの門”で過去の世界に飛ばされた2人は、おそらく異種族間恋愛の悲劇を体験することになるのだと思います。そこで2人の今まで培ってきた絆が試されることになるのでしょう。いよいよ物語の確信部分に迫ってきましたね。



個人的にゲートの『なのー』というセリフに萌えます!



ああっ女神さまっ(45) (アフタヌーンKC)ああっ女神さまっ(45) (アフタヌーンKC)
(2012/11/22)
藤島 康介

商品詳細を見る





よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓


スポンサーサイト
[ 2012/11/23 10:56 ] マンガ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
127位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
32位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード