とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  ライトノベル >  オーバーロード1 不死者の王

オーバーロード1 不死者の王

51-ktiky9IL__SL500_AA300_.jpg
オーバーロード1 不死者の王
著者:丸山 くがね
イラスト:so-bin
販売元:エンターブレイン
発売日:2012/7/30
特設サイト:http://www.sinkan.jp/special/overload/index.html


★項目評価★
ストーリー
★★★★★★☆☆☆☆ 6.5点
 
キャラクター
★★★★★★★☆☆☆ 7点

総合
★★★★★★☆☆☆☆ 6.75点



★注目キャラクター★

「やっべ、アインズ様かっけ。 くふふふふ」 

51mSzLtOCJL__AA300_.jpg

アルヘド 
ナザリック地下大墳墓階層守護者統括。全部で7人いる階層守護者をまとめあげているNPC。最奥たる玉座の間に控えることを許されている。アインズを愛している。





★レビュー★


「アインズ・ウール・ゴウンを不偏の伝説とせよ」
                


その日、一大ブームを起こしたオンラインゲーム、“ユグドラシル”は静かにサービス終了を迎えるはずだった。―しかし、終了時間をすぎてもログアウトしないゲーム。意思を持ち始めたノンプレイヤーキャラクター。なにやらギルドごと、異世界に飛ばされてしまったらしい…。現実世界ではゲーム好きの孤独でさえない青年が、骸骨の見た目を持つ、最強の大魔法使い“モモンガ”となる。彼が率いるギルド『アインズ・ウール・ゴウン』の伝説が、いま始まる!圧倒的人気のWEB小説の書籍化。(作品紹介より)



 

最近ますます勢いづいてきたWeb小説の単行本化作品です。



主人公・アインズとそのちょっと勘違い下僕達が別世界で世界征服に乗り出す話みたいです。つまりは”ヒール”モノですね。僕の中でヒールと言えば、HELSSINGのアーカードだったり、コードギアスのルルーシュなんかが思いつきますが、かなり好きなキャラジャンルですね。本作品にもかなり期待しています。



でも、アインズは元々現実世界では”ぼっち”のしがないサラリーマンだったようで、時々小心者だったり、キョドったりする描写がなかなか笑えます。あと、部下の下僕達も大真面目にボケたり、コメディ要素もありそうで、そこも好感が持てます。



そして、何よりも心を奪われたのが表紙からわかるとおり、イラストが画力がハンパないことです。ジャケ買いですね。しかも、中の挿絵も全てカラーという力の入れよう。このイラストだけでも買う価値が僕はあると思います。



第2巻も、今冬にも出るみたいなんで今から楽しみです。



オーバーロード1 不死者の王オーバーロード1 不死者の王
(2012/07/30)
丸山くがね

商品詳細を見る





よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓


スポンサーサイト
[ 2012/09/08 18:19 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
28位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード