とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  アニメ >  魔法遣いに大切なこと ~夏のソラ~

魔法遣いに大切なこと ~夏のソラ~

asrierafdeag.jpg

魔法遣いに大切なこと ~夏のソラ~
原作:山田典枝
監督:小林治
キャラクター原案:よしづきくみち
キャラクターデザイン:芳垣祐介
アニメーション制作:ハルフィルムメーカー
制作:テレビ朝日
製作:下北沢魔法事務所(ジェネオンエンタテインメント、インターチャネル・ホロン、ハルフィルムメーカー、キッズステーション)
話数:12話
公式サイト


★項目評価★
ストーリー
★★★★★★★☆☆☆ 7点
 
キャラクター
★★★★★★★☆☆☆ 7点

総合
★★★★★★★☆☆☆ 7点


★注目キャラクター★

「”トライ・アンド・エラー”だべさ」

鈴木ソラ
 北海道美瑛町出身の16歳の少女。
 昔の北海道弁の要素をちりばめた共通語を話す。座右の銘は
 「トライ・アンド・エラー」。飼っているの犬の名は「ジョー」。


★レビュー★


「私・・・・、この魔法を使うためにがんばってきたんだ」


魔法が幻想でなく当たり前に存在し、一種の特殊技能として認知されている世界の現代日本。この世界では魔法能力者は国家により監理されており、規定の研修を受け「魔法士」の資格を有しなければならない事になっている。また魔法の使用に関しては魔法士を監理する「総務省魔法局」の承認を得た依頼者からの依頼に基づかなければならないなど、厳しく制限されている。

この様な世界において、魔法を使える少女たちが様々な人々と出会い、成長していく姿を描いていく。
(作品紹介より)





本作品は、原作者である山田典枝が城戸賞へ応募するために

執筆したものが基となっている。

アニメは第1期「魔法遣いに大切なこと」が同じく1クール(12話)で

放送されていたが、僕は断然2期、つまり本作品のほうが好きだ。



主人公・ソラは、北海道出身のちょっとおっとりした女の子だが、

その心には確かな魔法を使うことに対する信念が感じられる。



魔法遣いの仕事は、依頼人の依頼内容を忠実に遂行すること。


それだけ。

それ以上依頼人のプライベートには踏み込まない。



そんな決まりのような”暗黙の了解”が存在している。
(もしかしたらきちんとした規則があるのかも?)

でも、そんなこと、ソラには関係がない。

依頼人の心の中にどんどん入っていって、依頼人を

本当に意味で助けようとする。

その気持ちは周囲の人々に確かに伝わり、皆何かしらの

影響を受け、共に成長していく。



ソラの研修先が下北沢という設定なのだが、

その背景美術がいい雰囲気を出している。

1220259113photo.jpg

下北沢には実際に行ったことはないが、

ちょっと懐かしいレトロチックな雰囲気がよく表現されていると思う。



最終話、晴れて正式な魔法士となったソラが最初に受けた依頼、

それこそがソラ”魔法遣い”としての原点であり、目標であり、

そして、絆の証だった。




切なさと優しさが詰まった最終話を、ぜひ観てほしい。



魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ 1(初回限定版) [DVD]魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ 1(初回限定版) [DVD]
(2008/10/24)
花澤香菜、前野智昭 他

商品詳細を見る




よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

スポンサーサイト
[ 2011/06/19 18:26 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
25位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード