とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  アニメ >  .hack//Quantum 第1話「Walking Par†y」

.hack//Quantum 第1話「Walking Par†y」

51rokrooae101.jpg
.hack//Quantum 第1話「Walking Par†y」
原作.hack Conglomerate
監督:橘 正紀
脚本:浜崎達也
キャラクター原案:貞本義行、細川誠一郎、喜久屋めがね
キャラクターデザイン・総作画監督:長谷部敦志
クリーチャーデザイン:安藤賢司
メカニカルデザイン:高倉武史
セットデザイン:菱沼由典
アニメーション制作:キネマシトラス
公式HP


★項目評価★
ストーリー
★★★★★☆☆☆☆☆ 5点
 
キャラクター
★★★★★★☆☆☆☆ 6点

総合
★★★★★☆☆☆☆☆ 5.5点


★注目キャラクター★

「今夜10時!”マクアヌ”に集合!!」

サクヤ
 『The World R:X』を仲間3人とパーティを組んで冒険する
 少女キャラ。「考える前に飛べ!」を地で行く元気系。落ち
 ている物を発見すると拾ってしまうクセがあるが、これが
 「サクヤ」というキャラの性格設定なのか“中の人”を反映
 しているのかは不明。


★レビュー★

   「1年後も3人でThe Worldしてたいねぇ」


攻略不可能と言われるイベント「ザワン・シン討伐」。無謀にもそれに挑む3人のパーティがあった。斬刀士トービアス、撃剣士メアリ、そして双剣士のサクヤ。
彼女達は迷宮で道に迷い、モンスターに追われた挙げ句、ギルドメンバーを罠にはめてしまい、大惨劇を起こしてしまう。そんな3人のドタバタを見つめているネコの姿があった。仕様外のその姿は果たして PCなのかNPCなのか...?
(作品紹介より)




「.hack」シリーズもアニメ化もこれで9本目。

僕が最初に観たのは「SIGN」だったなぁ。

See-Sawが歌う主題歌が妙に印象的で記憶に残っている。



今回の作品には他のシリーズにはない大きな特徴がある。

それは、「リアルの世界」が大きな比重で描かれているという点だ。

これまでのシリーズでは、”The World”の世界の描写がほとんどであり、各キャラクターのリアルでの生活描写はほとんどなかった。

しかし、今作品では3人の主要キャラクターがリアルでも親しく(高校の同級生)、その様子が劇中でも差し込まれている。



これは現実社会の現状を反映させているのではないかと考える。

オンラインゲーム(この場合は多人数同時参加型オンラインRPG【MMORPG】を指す。以下「MMORPG」とする。)が登場してきた当初は、ゲーム内で見ず知らずのプレイヤー同士が知り合い、協力してプレイするなどの「出会いの場」という側面を持っていた。

そもそもあまりMMORPGをプレイしている人が周囲にいなかったということもあると思う。



しかし、近年ではMMORPGの普及(テイルズウィーバーなど)に伴い、自分の身の回りでもMMORPGをプレイする者(または始めたいと思っている者)が存在するようになった。

そこで自然に何人か仲が良い友人同士でゲームを始め、そのままパーティを組んでプレイしていくという流れができた。

やっぱり見ず知らずの他人より、気心が知れた友人のほうが気楽でいいよね。

今作品では、この現在のMMORPGの実状を設定に取り入れたのではないかと思う。



初めて日本にMMORPGが登場してから約15年。

今では本当に身近なものになったし、別にオタクではない一般の方も多く参加するようになった。

”The World”のような全世界的なMMORPGが登場してくるのも時間の問題なのかもしれない。



.hack//Quantum 1 [Blu-ray].hack//Quantum 1 [Blu-ray]
(2011/01/28)
花澤香菜、沢城みゆき 他

商品詳細を見る




.hack / / Quantum 第2話「Wired Prisφner」→



よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

スポンサーサイト
[ 2011/03/23 20:02 ] アニメ | TB(0) | CM(1)
3月11日の大地震による死亡者及び被災者の方々にお悔やみを申し上げます。
力を合わせて大変な時期を無事に乗り越えられるようにお祈り致します。

最強人気ゲームテイルズウィーバーゲーム専用のオートマウス、
自主開発したg-bot製品でゲームアップデートにも迅速対応しています。
簡単な設定だけで自動狩りが具現されます。
その他にも多くの機能があるので詳しいのはホームページで確認してみるように願います。
BANなりにくいハードウェア方式であるので安心してご使用になれます。
(www.automouse.jp)
[ 2011/03/24 15:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
137位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
33位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード