とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  動画 >  ジブリ レイアウト特番~宮崎駿独占インタビュー130分

ジブリ レイアウト特番~宮崎駿独占インタビュー130分

0reiaaitiamer.jpg


  「5歳というのは
    神様と人間の最後の境目なんだよ」




レイアウトとは、ラフに描かれた絵コンテから1カットの完成画面を想定し背景の構図とキャラクターの動きや配置を決定してより緻密に描かれた設計図を作成することをいう。

この利点は、作画作業の前に綿密にチェックが入ることで1カットの質が格段によくなり、全篇にわたって質が均等に保たれることにある。

また、キャラクター・背景の両スタッフがレイアウトという共通の完成形を目指すことにより、両者の摺合せの負担が軽減され、製作期間の大幅な短縮が可能となった。



現在のアニメでは欠かせない工程の1つになっているが、そのパイオニアが何を隠そう宮崎駿である。

このレイアウトという役職、1968年に公開された長編アニメ映画「太陽の王子 ホルスの大冒険」で初めて登場している。(当時は「場面設計」という名称)



次の動画は2009年9月5日にBS日テレで放送された特番の動画である。



■ジブリ レイアウト特番~宮崎駿独占インタビュー130分 1/4




■ジブリ レイアウト特番~宮崎駿独占インタビュー130分 2/4




■ジブリ レイアウト特番~宮崎駿独占インタビュー130分 3/4




■ジブリ レイアウト特番~宮崎駿独占インタビュー130分 4/4




また、現在全国各地で「スタジオジブリ・レイアウト展」が開催されている。


e01250592113573.jpg


現在は福島県立美術館で開催中だが、東日本大震災の影響で休止中だ。

もう少し事態が落ち着いたら、ぜひ訪れてみたいと考えている。


「スタジオジブリ・レイアウト展」公式ブログ

福島民友新聞の福島展公式HP



よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

スポンサーサイト
[ 2011/03/22 20:30 ] 動画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
25位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード