とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  アニメ >  スタジオジブリ物語

スタジオジブリ物語

88303651deeee.jpg



「この一本で
   世の中を変えようと思ってやんなきゃいけない。」




本日21:00~フジテレビにて「スタジオジブリ物語」が放送されている。


日本を、そして世界を勇気づけ、元気づけてきたアニメーション制作工房・スタジオジブリ。その誕生のきっかけ「風の谷のナウシカ」はいかにして作られたのか?何度見ても面白い「となりのトトロ」の秘密とは?空前のヒット作「もののけ姫」の“幻のラストシーン”とは?その「もののけ姫」をも超える大ヒット作「千と千尋の神隠し」の“カオナシ”秘話。ジブリアニメが教えてくれるものとは…?すべての人に送るドキュメンタリー。 (番組紹介より)




日本のアニメーションは手塚治虫によって始まり、宮崎駿によって今日の地位を築くに至った。

その宮崎駿と彼と仲間たちが設立した「スタジオジブリ」のこれまでの歩みが収められている。



印象的だったのは「コペルニクス的転回」という言葉。

発想法を根本的(180°)に変えることによって、物事の新しい局面が切り開かれることをいう。

これが宮崎作品には取り入れられている。



例えば、「風の谷のナウシカ」(1984年)でみてみる。

「腐海」は人体に有害な毒ガスを発生させる植物で溢れている。

しかし、劇中で明らかになる事実だが、それは人間によって汚された大地の毒を体内に取り込んだ結果であり、腐海の植物たちはその毒を浄化し、綺麗な砂に変えてくれていたのだ。

この表面的なものと本質が実はまったく異なるということは、観るものを驚嘆させ、更なる感動を引き起こす。



宮崎駿がどういう人物なのか。

なぜいくつものヒット作品を作ることができたのか。

この番組を観て、宮崎駿をただ盲目的に信奉するのではなく、その理由をきちんと考えてみようと思えた。



(番組HP)



よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2011/03/21 23:09 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
137位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
33位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード