とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  アニメ >  学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD

30013fff221.jpg
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD
原作:佐藤大輔、佐藤ショウジ(『月刊ドラゴンエイジ』富士見書房刊)
監督:荒木哲郎
キャラクターデザイン:田中将賀
音楽:和田貴史
プロデューサー:小倉充俊
アニメーション制作:マッドハウス


★項目評価★
ストーリー
★★★★★★★★☆☆ 8点
 
キャラクター
★★★★★★★★☆☆ 8点

総合
★★★★★★★★☆☆ 8点


★注目キャラクター★

「全てが終わってしまった日
 僕は親友を手に掛け、
 好きだった女の子を初めて抱きしめた」


小室 孝
 主人公。藤美学園2年生。ごく普通の少年だが、決断力と行動力に優れた
 「やらねばならないことは自分から率先して行う」気概の持ち主で、一行の
 リーダー的存在。また、オートバイやバギーカーを自在に乗りこなせる技能
 の持ち主でもある(ただし、無免許)。友人達や幼馴染のを守りながら、
 小学校の教師である母の元へ向かう。


★レビュー★

  「かくて世の終わり来りぬ
     銃声でなくすすり泣きのうちに」



太平洋に面した人口100万人級の地方都市[1]床主市(とこのすし)に存在する、全寮制私立高校藤美学園(ふじみがくえん)。いつものように教室の外で授業をサボっていた主人公の小室孝は、校門の前で不審者とモメている教師達を目撃する。まもなく、不審者に噛まれた教師は他の教師や生徒を襲うことで、仲間〈奴ら〉を増やし始めた。孝は友人の宮本麗と井豪永を連れて屋上へ逃げるが、〈奴ら〉と化した教師に噛まれた永も同様に〈奴ら〉と化してしまったため、孝はやむを得ず永を殺害。孝と麗は複雑な思いを抱えながらも学園からの脱出を目指し、行動を始める。(作品紹介より)





最近のテレビアニメで久々に最後まで見続けられた作品であった。

やっぱ最近のアニメはなんだかつまんないね。

見続けるだけのワクワクドキドキ感がないし。



こうなってしまったのはいくつか原因があると思う。



まず、1クール作品(12話)が多いという点が挙げられる。

スポンサーや商業的、クオリティを保つためだということは理解できるが、どうしても1クールで収めようとすると、物語の進行のみを重要視してしまう。

結果、物語の世界観や作品の深さ・面白みを伝えきれないということがあるのではないか。



また、「原作枯渇」という問題もある。

新世紀エヴァンゲリオンのヒット以降、深夜帯を中心に多くのアニメが制作されるようになった。

それに伴ってその原作となるマンガ、ライトノベル、PCゲームも売上が向上してきたのだが、現状、アニメの制作数に原作のストックが間に合わないとう状態にあると感じている。

現在、放送・制作されているアニメの原作、その多くは、2番手、3番手のトップよりはちょっと落ちたものが主流となっている。(大変失礼なことを言って申し訳ないが)



そして、最後に近年のアニメ制作の主流となっている「制作委員会方式」にも問題があると思う。

「政策委員会方式」とは、最早お馴染みであるが、アニメの製作費を複数の企業が合同で出資し、その利益を分配するという方式だ。

この方式の普及により先に述べた深夜帯のアニメが粗製濫造する大きな要因となった。

ここで問題なのが、スポンサーが多くなるということはステークホルダー(利害関係者)が多くなる。

つまり、作品の内容にアレコレ口を出す者が多くなるということだ。

このように多くのスポンサーの要望を聞き入れた結果、奇抜で面白い演出や表現はなかなか認められず、”無難”な作品となってしまう。



以上のことは、「ニコニコアニメ夜話」で語られた話や、自身の偏見的な意見を織り交ぜた内容となっている。

言いたいことただ言っただけだから、その真意については保証しかねます。

・・・・というか、絶対いろいろ間違えてます。



学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 1 [Blu-ray]学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 1 [Blu-ray]
(2010/09/22)
諏訪部順一、井上麻里奈 他

商品詳細を見る




よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

スポンサーサイト
[ 2011/01/09 18:54 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
136位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
30位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード