とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  アニメ >  ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド

2010084348.jpg
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド
監督:新房昭之
音楽:土橋安騎夫
脚本:吉野弘幸、横谷昌宏
プロデューサー:浅香敏明、大澤信博
アニメーション制作:シャフト
製作:ヴァンパイアバンド行政府(メディアファクトリー、AT-X、flying DOG、ジェンコ)
放送期間:2010年1月7日 - 4月1日
話数:全12話
公式サイト



★項目評価★
ストーリー
★★★★★★★☆☆☆ 7点
 
キャラクター
★★★★★★★★☆☆ 8点

総合
★★★★★★★☆☆☆ 7.5点


★注目キャラクター★

「さあ・・・妾と踊ろう・・・」

ミナ・ツェペッシュ
 ツェペッシュ家の現公主にして、真祖の血脈を受け継ぐヴァンパイアの女王。
 身長154cm。外見は幼い少女だが数百年の長い年月を生きており、アキラ
 恋する少女としての姿や臣民を思いやる保護者としての側面を持つ一方で、
 時と場合によっては為政者として非情な決断を下す苛烈な性格も持ち合わせ
 る。


★レビュー★

「――それはひとつの誓いの物語
  偉大な魔物の女王と
  彼女に全てを捧げたひとりの少年の
           永久の、絆の、御伽噺・・・」




普通の高校生活を送っていた鏑木アキラ。

しかし彼には幼い頃に交わした誓約があった。それは夜の眷属の王・ヴァンパイアの女王に仕えるというもの。あるときアキラの前に一人の少女が現れる。その少女こそが古の契約の王女、ヴァンパイアを統べる孤高の女王にして夜の闇に君臨する少女ミナ・ツェペッシュだった。日本に現れた彼女の目的はヴァンパイア専用居住区=ヴァンパイアバンドを設立すること・・・・。

空想と思われていたヴァンパイアの出現と、日本における特区の建国。戸惑う人々はヴァンパイアと共存するか否かを模索し、そして対立するヴァンパイア勢力は女王の座を降ろさんとミナの命を狙う。
(作品紹介より)





最近の1クールアニメの中ではかなり秀逸な作品だったのではないかと思う。

また、設定もまたおもしろい。

ヴァンパイア作品は数多くあるが、主人公がヴァンパイアの女王に仕えている人狼であり、記憶喪失になっていて徐々に記憶を思い出していくという点が斬新だ。

逆に日本にヴァンパイアの特区を建国するというのは、「BLACK BLOOD BROTHERS」からのオマージュであるように思えるが・・・・。



戦闘シーンもキャラがよく動いている。

特に8話のベイオウルブスの精鋭・ウルフボーイズが敵ヴァンパイアとの戦闘シーンは、人外の存在ならではのスピードと剣技の華麗さが必見だ。


■ウルフボーイズ

DV84.jpg



アニメオリジナルのキャラが原作に逆輸入で登場することになったり、近年の原作ありのアニメではあまり見られない”完成度の高さ”が目立つ作品だった。

これは2期製作も十分ありえるなぁ。



ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第1巻 [DVD]ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第1巻 [DVD]
(2010/03/25)
悠木碧中村悠一

商品詳細を見る




よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

スポンサーサイト
[ 2010/11/14 01:28 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
127位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
32位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード