とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  ゲーム >  ラストランカー

ラストランカー

511lLh2FQ.jpg
ラストランカー
ジャンル:ロールプレイングゲーム(RPG)
対応機種:プレイステーションポータブル(PSP)
開発元:イメージエポック/カプコン
発売元:カプコン
プロデューサー:松川美苗
ディレクター:新納一哉
シナリオ:野島一成
作曲:下村陽子
キャラクターデザイン:吉川達哉
発売日:2010年7月15日
公式HP


★項目評価★
ストーリー
★★★★★★★☆☆☆ 7点
 
キャラクター
★★★★★★★☆☆☆ 7点

総合
★★★★★★★☆☆☆ 7点


★注目キャラクター★

「――俺は戦侯機構に入る。そして強くなるんだ」

ジグ
 本編の主人公。カンタレラという集落出身。
 伝統を繰り返すだけの生活に未来を見られず、カンタレラを抜けて
 戦侯機構バザルタに所属することを決意する。外の世界に出たこと
 がないので、少々世間知らずな面がある。また、自身に寄せられる
 恋愛感情には非常に鈍い。


★レビュー★

「侯牽の剣佩く御旗の元に
 我、強気を求め、戦いに生き 大功をなさんことを
 我、堅陣の礎となり 精鋭の疾き干戈たらんことを
 古の法に従い 我、ここに誓う」



世界中の戦士の殆ど、およそ10万人の戦士が所属する組織『戦候機構バザルタ』が支配する世界。戦士達はランキングによって格付けされ、上位ランキングの者が『力』によって世界を統治していた。バザルタと関わりを持たず、流浪の生活を送る天仰民族カンタレラの青年ジグは、ただ繰り返される掟と伝統を守る生活に意味を見出せず、自分自身の価値を実感するため、故郷を捨て戦候機構バザルタへ入ることを決意する。(Wikipediaより)



発売前から興味があったし、hiroogerさんのブログでも紹介されていたのに感化され、購入してみた。

発売して1ヶ月後ぐらいに中古で買ったのだが、2,980円とかなりお買い得だった。(人気ないのかな??)



「ラストランカー」
の世界は「戦候機構バザルタ」が支配し、”力”が全て。

戦士達は”ランカー”と呼ばれ、各々戦いによってそれぞれ”ランク”が与えられている。

自分よりランクが上の者との戦いに勝利すれば、その者のランクが手に入る。

ランクが高ければ、高いほど持てる権力も大きくなる、まさに”弱肉強食”の世界。



主人公・ジグの当初の目的は、ランカーの上位7人、通称”七騎士”と呼ばれる最強の戦士に名を連ねること。


■七騎士
000l.jpg


現在第7位が空位なため、皆がその椅子を狙っている。

この現在の七騎士6人が本編においても、重要なキー・パーソンになっている。



ゲームをプレイしての感想だが、かなり手ごろ。

ゆっくりプレイしても20時間そこそこでクリアしてしまった。

RPG好き&やり込み好きな方にはちょっと会わないかなぁ。

僕は十分楽しめたけど。

自分のランクを上げていくって設定がおもしろいね。

最初95000位から始まって、「コレほんとにランク1位とかになるのかね?」とか思ってたら、中盤以降バンバンランク上がりまくり。

ほとんどストレスなく、最後までいったなぁ。



しかし、あのラストはどうなんだろ?

ラスト(ネタバレ注意)は、ジグが新たに旅立つシーンで終わるのだが、おもいっきりBL系

結局、お前らはそれか!!!

絶対一緒に行くなら女の子だろ!!!!

まぁ、こいつら最初からそうだったしな・・・・。



よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

スポンサーサイト
[ 2010/09/29 20:56 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
118位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
27位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード