とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  ライトノベル >  神曲奏界ポリフォニカ レオン・ザ・レザレクター

神曲奏界ポリフォニカ レオン・ザ・レザレクター

51qCVDGC1.jpg51RbySV2.jpg

51AEH3.jpg51syeVn4.jpg
神曲奏界ポリフォニカ レオン・ザ・レザレクター(GA文庫)
著者:大迫 純一
イラスト:忍 青龍
販売元:ソフトバンク クリエイティブ
巻数:全4巻


★項目評価★
ストーリー
★★★★★★★☆☆☆ 7.5点
 
キャラクター
★★★★★★★★☆☆ 8点

総合
★★★★★★★☆☆☆ 7.75点


★注目キャラクター★

「二つに一つだよ
 全員が助かるか、全員が死ぬか」


サジ・シェリカ
 楽士警官を目指し、マティアたちと同じアパートからトルバス神曲学院へ
 通っている少女。筆記の成績はかなり優秀だが、肝心の精霊を呼び出す
 実技が上手くいかずボウライを数匹呼べる程度。


★レビュー★

「俺の名はレオン。
 レオンガーラ・ジェス・ボルウォーダン。
 戻ってきた男<レザレクター>だ。」



このシリーズは、レオン”復活”の物語だ。

「ブラック・シリーズ」の脇役であったレオンを主役に抜擢したスピン・オフ作品である。

しかし、「ブラック・シリーズ」以上にハードボイルドな作品となり、その独特の魅力から完全に独立したシリーズとなった。

本シリーズで、レオンがなぜ短期間の契約→解消を繰り返しているのか、その理由が明らかになり、そのことが新たな「ゴールド・シリーズ」への布石となっている。



シェアード・ワールド作品「神曲奏界ポリフォニカ」は、クリムゾン・ブラック・ホワイトぶるうなどの各シリーズが存在し、本当に大きな広がりをみせている。

その魅力は、同じ世界を題材にしているにもかかわらず、シリーズによってまったく異なったそれぞれの”色”が厳然とあり、しかもそのどれもが面白いということに尽きると思う。

そして、それぞれのシリーズが独立しているにも関わらず、シリーズ同士につながりがあり、全てのシリーズを読むことで、それぞれ単体の面白さが倍増するようになっている。

ファン心理としては「全てを知りたい」という欲求があるので、結果、全てのシリーズ作品を買うようになる。

このメディア展開戦略はかなりの成功を収めたのではないかと思う。



「ポリフォニカ」という世界をそれぞれの作者がそれぞれの解釈で表現し、それによって1人の書き手だけでは創れない重厚で壮大な世界観が生まれたのだろう。



よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

スポンサーサイト
[ 2010/08/18 22:38 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード