とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  マンガ >  ドリフターズ 1

ドリフターズ 1

51PaYZdkA5.jpg
ドリフターズ 1(ヤングキングコミックス)
著者:平野耕太
販売元:少年画報社
発売日:2010-7-7


★項目評価★
ストーリー
★★★★★★★★☆☆ 8点
 
キャラクター
★★★★★★★★☆☆ 8点

総合
★★★★★★★★☆☆ 8点


★注目キャラクター★

「日本語しゃべれねぇんなら死ねよ」

島津豊久
 関ヶ原の戦いで重傷を負い、戦場を一人彷徨っている最中、気が付くと
 無数の扉が並ぶ長い廊下に立っていた。そして廊下の真ん中で机に座
 る謎の男により、扉の一つをくぐって中世ヨーロッパ風の見たこともない
 世界に送られる。


★レビュー★

「こいつはハンニバル ハンニバル・バルカ!!
 俺の国<ローマ>は100万の敵は恐れないが
 こいつ唯一人を恐れた!!」



「HELLSING」完結から早1年以上、平野耕太の新作の第1巻が発売された。

その名もドリフターズ!!!

今、いかりや○介加○茶志村○を思い浮かべただろう?


そんなの出てくるわけないだろうが!!!!




ドリフターズとは<漂流物>という意味であり、本作品では主人公の島津豊久をはじめ、歴史上の武人たちが異世界へと迷い込んでいくという物語である。

1巻で登場したドリフターズは、織田信長那須与一ハンニバル・バルカスキピオ・アフリカヌスブッチ・キャシディザ・サンダンス・キッド菅野直



そして、ドリフターズが異世界に呼び寄せられた目的は、廃棄物<エンズ>と呼ばれる主に古今東西の、非業の死を遂げたと言われる人物たちで構成されている輩と戦うためだ。

その者たちは、黒王という人物に従い、異世界を制圧しようとしている。

1巻で登場した廃棄物は、土方歳三ジャンヌ・ダルクアナスタシア・ニコラエヴナ・ロマノヴァグリゴリー・ラスプーチンらがいる。

また、どちらの勢力には属さない者として、源義経も登場している。



過去の偉人たちを平野先生がどうアレンジしてはっちゃけさせていくのか、続巻が待ち遠しい!!!



よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2010/07/11 19:46 ] マンガ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
29位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード