とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  アニメ >  紅 OVA 1  「悪宇商会」 「銀子のパソコン」 「ダイアリー」

紅 OVA 1  「悪宇商会」 「銀子のパソコン」 「ダイアリー」

51QsmQQRML.jpg
紅 OVA 1 
監督・音響監督:松尾衡
キャラクター原案:山本ヤマト
キャラクターデザイン:石井久美
プロデューサー:大好誠、篠崎真哉
制作:ブレインズ・ベース、 集英社


★項目評価★
ストーリー
★★★★★★☆☆☆☆ 6点
 
キャラクター
★★★★★★★☆☆☆ 7点

総合
★★★★★★☆☆☆☆ 6.5点


★注目キャラクター★

「紫様の絵日記が男とばかりのページでは、
 変に誤解されるであろう!!!」


リン・チェンシン
 九鳳院近衛隊に所属する女性。近衛隊の幹部クラスの実力者で、
 隊での階級は第八位。
 二刀を巧みに操る凄腕の剣士。備前長船を所持している。地面に
 届きそうな程長い三つ編みをしている。人当たりはキツイが、落ち
 込んでいる真九郎を言葉は厳しいながらも気を遣って慰めたりと、
 思いやりのある面もある。


★レビュー★

「違う、自販機の”さわさわレモン”が飲みたいのだぁ」


2008年にTVアニメ化して大失敗した教訓(笑)を活かし、今回のOVAでは漫画版に近い設定で再製作されている。

小説版しか読んでない僕としては、OVA版のリン・チェンシンには少し衝撃を受けた。

小説版では1巻で華々しく登場したリンであったが、続く2巻で切彦に殺害された。

「黒髪ロングみつあみ」

「二刀流」

「クールビューティー」


という人気が出ないわけがない数々の属性を保有していたにもかかわらず、あっけなく退場したことに多くの読者が呆然としたことだろう。



その救済策がどうかはわからないが、後に発売された漫画版では切彦との戦いの後も存命し、紫の護衛という位置に収まった。

性格も設定が変えられており、真面目&おっちょこちょいな面を強調し、ギャクキャラ化されている。



このように独自の設定、特色を出していくことで小説版と漫画版は大きく分化していっているように思う。

”シリアス系”の小説版 ”日常系”の漫画版

もしかすると小説版と漫画版を分けることによって、ファンにどちらも買ってもらおうという集英社の戦略では!?

だ、だれが引っかかるものか!!!

立ち読みで我慢してやるわ!!!



よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓



スポンサーサイト
[ 2010/07/04 19:27 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
147位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
39位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード