記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀魂 紅桜篇 第58-61話(全4話)

o0240032010372140818.jpg

公式HP


★項目評価★
ストーリー
★★★★★★★☆☆☆ 7点
 
キャラクター
★★★★★★★☆☆☆ 7点

総合
★★★★★★★☆☆☆ 7点


★注目キャラクター★

「この世界は俺たちからあの人を奪った
 だったら、
 俺たちはこの世界に喧嘩を売るしかあるめぇ」


高杉晋助
 銀時・桂の2人とは幼馴染で、師であった吉田松陽の寺小屋で
 共に学問・剣術を学んだ仲であり、後にこの2人と坂本と共に攘
 夷戦争に参加した人物。
 幕府からは特に危険視されており、「攘夷浪士の中で最も過激
 で最も危険な男」と言われている。


★レビュー★

「宇宙一馬鹿な“サムライ”だ、この野郎。」


現在放映中の映画「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇」のテレビアニメ版エピソード。

桂小太郎の失踪から始まる事件は、攘夷志士・高杉晋助の暗躍の陰へとつながっていく・・・・。



銀魂では初のバトルシリアス長編(前に星海坊主篇もあるが)にして、作品中ではかなり人気のあるエピソードである。

劇場版では、銀時達の過去の部分がより詳細に描かれているらしいので、所々回想のみで登場していた銀時たちの師・吉田松陽もその全貌が観られるのではないかと期待している。


観にいく予定はまったくないが・・・・。



しかし、原作のエピソードをまた映画でやるってどうなんだろうか。

「ONE OPIECE」で味のしめた集英社のメディア戦略だろうか。

原作のエピソードなら新たに脚本をつくる必要もないし、人気エピソードならある程度の観客動員を期待できる。

打算的で多少汚い印象を受ける。

大人の都合丸出しというか。


”アニメ”って子供に夢を与えるものでしょうが!!


とか、ちょっとアツくなってみたりね。



よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター

買い物リスト


2018/4/28


2018/4/27


2018/9/26

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
サブカル
140位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
40位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。