とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  マンガ >  みんなミュージカル! 1

みんなミュージカル! 1

ISBN9785.jpg
みんなミュージカル! 1(アクションコミックス)
著者:アサイ
販売元:双葉社
発売日:2010-3-12
 

★項目評価★
ストーリー
★★★★★★★☆☆☆ 7点
 
キャラクター
★★★★★★★★☆☆ 8点

総合
★★★★★★★☆☆☆ 7.5点


★注目キャラクター★

「パイオツ カイデー!!」

高杉 真
 明堂高等学校に通う1年生女子。髪を金髪に染めている。
 ソバカス顔で眉毛だけ黒く、暴力的で口が悪いためヤンキー
 に間違われるが、入学早々の学力テストでパーフェクトの得
 点を取る才女。本作の主要生徒の中で頭ひとつ飛び抜けて優
 秀である。


★レビュー★

「一年二組 爆テロ先生!!」


本作品の最大の魅力は、多彩なキャラクターだと思う。

ヤンキー系才女、金髪名古屋弁女、眼鏡っ娘美少女、セクシー系美人教師、体育会系純情女教師・・・etc。

現代のサブカルチャーにとって、「キャラクター」というものが最も重要であり、核となっている部分である。

ある意味本作品は、現サブカルチャー界の王道中の王道を地でいっている作品だと言えるかもしれない。



そして、特定の主人公が存在しない「群像劇」だという点も本作品の大きな特徴である。

大抵の場合、物語では1人の主人公が存在し、その者の視点によってストーリーが進んでいく。

それに比べ群像劇では、複数の人物による多角的な視点によってストーリーを楽しむことができる。

これを実現するためには、各キャラクターの詳細で魅力的な設定や世界観の構築が不可欠である。

つまり、群像劇のほうが、普通よりもより書くことが難しいと考えられる。

どこの視点で書かれても読者を飽きさせない、重厚さが求められるのだ。

しかし、その壁を乗り越えることができれば、1つ物語の中に数多くの物語を内包するような、奥深い作品となりえるのではないのだろうか。



堅苦しいことを述べてきたが、それ以前に本作品は純粋なギャグマンガである。

終始ハイテンションなボケの連続。

それをただ楽しんで読むだけでも、十分であろう。

というか、そのほうがいいのだろう。


だって、それが”漫画”だから。




よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓


スポンサーサイト
[ 2010/03/19 23:00 ] マンガ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
136位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
30位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード