FC2ブログ

記事一覧

BEATLESS  ―――― 人間と人知を超えた存在との決別と共存の物語。

toppu.jpg

BEATLESS
原作 - 長谷敏司
原作イラスト - redjuice
監督 - 水島精二
シリーズ構成 - 髙橋龍也、雑破業
キャラクターデザイン - やぐちひろこ
メカニックデザイン - 寺岡賢司
美術監督 - 峯田佳実
色彩設計 - 林由稀
撮影監督 - 伊藤康行
CGディレクター - 宮原洋平
音響監督 - 菊田浩巳
音響制作 - 楽音舎
音楽 - Narasaki、kz
音楽制作 - インクストゥエンター
プロデューサー - 田村淳一郎、浅井大士、亀井博司、関川裕之(第1 - 13話、第21話)、田中聡、相島豪太
アニメーションプロデューサー - 天野翔太
アニメーション制作 - ディオメディア
製作 - BEATLESS製作委員会











【レビュー】







   「その笑顔を僕は信じる。

    君に魂がなかったとしても―――。」






Beatless.jpg














22世紀初頭、社会のほとんどをhIEと呼ばれる人型ロボットに任せた世界。21世紀中ごろに超高度AIと呼ばれる汎用人工知能が完成し、人類知能を凌駕、人類は自らより遥かに高度な知性を持つ道具とともに生きていた。100年あまりで急激に進行した少子高齢化により労働力は大幅に減少したが、その穴をhIEが埋めることで社会は高度に自動化され、生活は21世紀初頭よりも豊かになっていた。

そんな中、hIEの行動管理クラウドのプラットフォーム企業「ミームフレーム社」の研究所から5体のレイシア級hIEが逃亡する。「モノ」が「ヒト」を超える知性を得たとき、「ヒト」が「モノ」を使うのか、「モノ」が「ヒト」を使うのか。「ヒト」と「モノ」のボーイ・ミーツ・ガールが今始まる。
(作品紹介より)













■新しい”AIと人間の関係性”を示したSF作品





本作で描かれた主人公とヒロインAIとの関係性に衝撃を受けた。


これまで自分が見てきたSF作品にあった固定概念を根底から崩された。


【AIモノ】作品のテーマとしてよく挙げられるのが、『AIに魂はあるのか』という問題提起だ。


そして、日本のアニメ作品においては、『AIにも魂が宿る』という、ある種のハッピーエンドに落とし込む場合が多い。


例えば『攻殻機動隊S.A.C』で登場する思考戦車のタチコマは好奇心により”ゴースト(魂)”を獲得し、『イブの時間』のアンドロイド・サミィは、人間の心を関税に再現した究極のAI【CODE:EVE】により”心”を獲得した。どちらも、他の登場人物とのハートフルな交流が描かれ、視聴者はそれを見て感動したものだ。





本作では、そのような【AIモノ方程式】を取らず、常に『彼女達(AI)には魂がない』ということが強調されている。


ヒロインであるAIアンドロイドのレイシアが「私は道具です、魂はありません」と言う場面があるが、それに対し主人公のアラトは「それでも、僕の心は動いたんだ」と魂の有無は関係ないとはっきり言う。


捉え方によっては生身の人間よりも人間ではないものに惹かれてしまうことは社会問題になりかねない。


それでも、自分の心の動きは本物なんだというアラトの強さに未来社会への希望を見ることができた。










■燃える設定





本作品におけるAIアンドロイド【hIE】の設定がよくできている。



hIE

Humanoid Interface Elementsの略で、人間型のロボットのこと。

動作はすべてクラウド上のコンピュータにより制御されており、ロボット本体には頭脳部を持たない。

家事労働や店舗の売り子、事務、モデルなど社会の広い領域で利用されており、それらの動作はすべて超高度AI《ヒギンズ》が開発・更新するAASC(action adaptation standard class, 行動適応基準レベル)を用いることで実現している。





高度な頭脳部をボディに埋め込むことなく、”クラウド化”している点が現実のテクノロジーを彷彿とさせ、一気に近未来としての実感が湧いてくる。


また、逆に【超高度AI】という人類の頭脳を越えたAIたちを”オフライン”で管理し、外部社会にアクセスさせる危険を回避している点も人間の気持ちとしてのアナログさが描かれていて共感した。


他にも、AIが人間の行動を誘導する【アナログハック】という言葉もキャッチ―だ。


このような作品に出てくる様々なワードセンスも、作品世界をより魅力的に見せるためには不可欠な要素だと思う。















































よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター

買い物リスト


2020/3/12

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
サブカル
168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
43位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード